パリのスト事情

ノロノロとアップしてきた旅レポ、今回で最後です。

オルセー美術館、印象派絵画とアールヌーボーの家具をまた見たくて、いそいそと行ってきました。
アンリ・ルソーの特別展が開催中でした。
ルソーの絵は好き嫌いが分かれるらしいです。
私は好きですが、ダンナはあまり好きではない画風です。
常設展では、印象派絵画の展示が以前とは少し違っていたのは許しましょー。
許せないのは、

2016_6_17olsey

アールヌーボーのセクションが全面的に閉まってきたこと!(怒)
係員のストの為だそうです。
インフォメーションの係曰く、パリだから、しょうがないのよ~ウララぁ~。
チケットを売る前に、一言あってしかるべきでは?とチケット係に抗議すると、閉まってますという看板を出す係員もスト中なので~、ごめんね、でも入場料は返せないわー。
、、、パリに帰ってきたな~とここでシミジミ実感しました。

上の写真は綺麗になったカフェテリアから時計を写したもの。
ここのショコラ・ショーはきちんと本物のチョコレートを使っていて美味でした。

気を取り直して、別の日にルーブルへ。

2016_6_17louvre

パリに住んでいた4年間でルーブル美術館全制覇を目指したのですが、イスラム文化のセクションが改装中で、全制覇を阻んでいました。

やっとこれで全制覇達成です~♪

2016_6_18louvre

展示もなかなか見ごたえがありました。

2016_6_17louvre1

このタイルなんて、昔のものとは思えないです。

2016_6_17louvre3

実はここでも、ストの影響が。
改装中のセクションがあり、それにストが重なって、見たかったルーベンスやレンブラント、フェルメールの絵との再会がなりませんでした(涙)

移動はできるだけバスにしてたのですが、その時もストの影響で、2回ほど「ここでこのバスはストップだよぉ~」と降ろされました。2回目はどうやら警察官のストの影響だったようです。
5月のパリ、ストに要注意です。

ギャラリー・ラファイエットの天井。
ダンナは初めて見たそうです。
パリに住んでいた時は仕事に忙しくて、あまり遊ぶ暇がなかったのです。
代わりに私がう~んと遊んでいました(笑)

2016_6_17lafyette

地下鉄で見かけた味の素の冷凍食品の宣伝。
日本企業の活躍を喜ぶべきか、パリの住民も冷凍食品を食べてしまうのかと食文化の後退を嘆くべきか、、、複雑ですね。

2016_6_17ajinomoto

旅の終りに、近くのブランジェリーのケーキを。
最後の日に買ってみたのですが、もうこれが美味しいの何のって!!
毎日食べたかったと後悔しきりでした。
次回のパリはスイーツの旅にしたいな~♪

2016_6_17sweet

4 comments

  1. miiba-ba says:

    最後のケーキはクランベリーソースですか?
    その気で見ると甘酸っぱそうな匂いがしてくるのですが。
    味の素の商品はモデルの表情が怖すぎです。
    特に女の人。
    もっと気軽に楽しそうにしてくれたら食品の宣伝らしいのにね。

    パリのスト、大変でしたね。
    エレベーターのメンテナンスとか人の働き具合だとか、当時の何件かを思い出しました。
    イライラする私なんかいつも腹を立ててるでしょうね!

    • シオン says:

      最後のケーキはラズベリーソースです。中にもラズベリークリームがぎっしり。甘すぎず、とぉ~っても美味しかったです。
      味の素の宣伝、変わってますよねー。
      面白いので写真を撮りました♪

      パリ、5月は避けたほうが良いのかもしれません。
      警察官もストするなんて、日本では考えられませんよね。

  2. わこべえ says:

    パリ いいですよね。大好きです。
    行きたいなぁ。
    マイレージはあるんですけど、なかなか取れない。
    いつかきっと♪

    • シオン says:

      わこべえさん、色々な所に行っていらっしゃるではないですか~!
      パリなんて、気軽に行ける場所ですから、ぜひ気軽に行かれてください。
      と言いながら、また行きたくなってます♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.