ふたたびふなたび

次の目的地はバムフィールド(Bamfield)という町です。
車でも行けるのですが、道路が舗装されていず、ガタガタボコボコ道だそうなので、船を使うことにしました。ポートアルバニーから海の入り江を航行します。

Mosshavenさんとご主人にフェリーの船着き場まで送っていただきました。
しばしの別れを惜しんだ後、のんびりと船の旅を楽しみました。

この船、人だけではなく、荷物も配達するのです。
小舟で荷物を受け取りに来ました。

水に浮かぶ郵便局に郵便も届けます。

途中で下船する人々もあります。
この人達、一体どうやって岸までたどり着くのでしょう?丸木を渡るのは無理がありそうだし、と内心心配していたら、しばらくして小舟が迎えにきました。

途中で鯨も見れました。
Humpback Whale、日本ではザトウクジラと呼ばれている種類です。
体長が12-16メートルあるそうです。
遠くのほうで、何度か潮を吹いているのが見え、最後には尻尾を見せてくれました。
本物の鯨を見たのは初めてで、感激でした。

そうこうしているうちに、4時間半の船旅の目的地、バムフィールドが見えてきました。

2日間お世話になった友人夫妻のお宅は船着き場のすぐ近くで、家の窓から船着き場が見える至極便利な場所にありました。

バンクーバー島上陸!

バンクーバーの義姉宅で一泊させてもらった翌朝、フェリーでバンクーバー島に渡りました。
義姉の家はフェリーの乗り場に近いので、至極便利です。
ちょっとした船旅気分を味わっている間に、フェリーはナナイモに着きました。

ナナイモの町を少々散策。
可愛いお茶屋さん。
柴犬のティーカップを探したのですが、ありませんでした。
カナダで柴犬グッズを見つけようというのに、無理があるのかも?

こちらは七色の横断歩道。
人種や宗教の違いを越えて、すべての人が平和に暮らせるようにという願いが込められているとか。
あちらこちらの町にあるそうです。
知りませんでしたが、ここケローナにもあるのだそうです。

町の博物館にも行ってみました。
町の歴史や産業などの展示の中に、これを見つけてしまいました。
「”究極の”ナナイモバー」のレシピです。
(著作権とかありませんように。。。)
カナダでは知らない人はいないぐらい有名なデザートです。
もちろん、ナナイモが発祥の地です。
以前に1度作ったことがあるのですが、ものすごく甘くて、げんなりしてしまいました。
この究極レシピでもう1度作ってみようかな~。

ナナイモ散策後、途中でお昼を食べてから、今回のメインイベント(!!)のひとつ、ポートアルバニーに向かいました。
10年以上前からお互いのブログを行き来して、仲良くさせていただいているMosshavenさんのお宅です。
お付き合いは長いのですが、全く面識はないのにもかかわらず、泊らせていただいてしまうという厚かましさ。
日本だったら考えられないかもしれませんねぇ(って自分で言うなって?)。

Mosshavenさんとご主人、素敵なカップルでした。
やはりブログって人柄が現れますよねー。ブログが素敵な方はご自身も素敵!
そして、ブログを拝見していて、植木がお好きなのは知っていたのですが、想像以上でした。見事なお庭にうっとりでした。

あ、言い忘れましたがMosshavenさんは日本人女性で、ご主人はカナダ人です。

ご主人の運転で町を案内していただいて、地元のマーケットものぞいた後、夕食は地ビールを製造しているパブへ。サンプルビール4種類がどど~んと運ばれてきて、その後次々とお料理が。どれもこれも美味しくて、幸せ~♪

こうしてバンクーバーの第一夜、「Mosshavenさんにお会いする」イベントは楽しく過ぎて行ったのでした。

バンクーバー島へ

バンクーバー島に遊びに行っていました。
10年以上振りです。
バンクーバーからのフェリー、昔に比べて、ずいぶん綺麗になっていました。

素敵な方々にお会いして、
綺麗な海を堪能し。

太古の森でたくさん深呼吸してきました。

詳細は後ほど。
とりあえず、ただいま~まで。

相変わらずの煙空とペンキ塗り

7月から全く雨が降らず、カラカラに乾燥しているケローナです。
ここだけでなく、周辺地域も同じ天気なので、あちらこちらで山火事が勃発しています。
その為、母が到着した日も周囲が煙で霞んでいました。

ところが、次の日からはすっきりと晴れて、遠くの湖まできれいに見渡せる天気でした。

母が帰った途端に、また煙くなりました。
お天気女だとは知っていましたが、山火事の煙も避けてしまうとは。
ウチの母、天気の神様と友達なのではという疑惑が浮上しています。

2日連続で煙で霞む風景の中でハーフを回りました。
元々下手の横好きなのですが、2日目は煙のせいで(嘘です。笑)、ひどいスコアーでした。

外用の木の椅子にペンキを塗っているところです。
どうせならカラフルな色にしようと、私の椅子はショッキングピンク。
ピンクに合う色でと、ダンナは黄色を選びました。

完成間近。

外で過ごす時間がより楽しくなりそうです。

作業場のキャビネットも完成。
それを記念して(?)、普段は整理整頓が大の苦手なダンナが、一大発起して作業場を片付けました。
今度はいつきれいになるかわからないので、記念にアップです(笑)