ウィーンの食べ物

ウィーンでの食事は最初から失敗。。。
夜の到着だったので、泊っている場所の近くの「伝統的なオーストリア料理」のお店へ。この彩りの無さ、野菜の少なさは何でしょ?しかも塩辛い。

大人気で、行列ができるホットドッグスタンド、 Bitzingerで、ウィーンに住んだことのある知人のお勧めのチーズ入りソーセージ、ケーゼクライナーを食べてみたのですが、不味い!日本のガイドブックにも載っているので、日本人が食べても美味しいはずなのに、何故に。。。(涙)

この後、行ったレストランのお料理も塩辛いことが多かったのです。味覚が違う?もっとレストランも下調べをすれば良かったーと悔やみました。キッチンが付いているアパートに泊まったので、スーパーで材料を買って、料理できたのが救いでした。

唯一美味しかったのは、名物ウィーナーシュニッツェルでした。有名な Figlmuller へ行ったのですが、本店も支店も長蛇の列。お腹が空いていたので、本店の向かいの店へ。有名なお店でなくても美味しかったです~♪ 

デザート類は美味しかったです。ザッハトルテを賞味しに、元祖のホテル・ザッハーやデメル、カフェ・モーツアルトに行ってみたのですが、どこも長蛇の列でした。そこで、普通のカフェへ。これがまた美味でした。

ウィーンはコーヒーが最高~!コーヒーを注文すると必ず小さなグラスでお水が付いてきます。

食事は合わなかったけれど、コーヒーとペーストリーを堪能した滞在でした。

可愛いハロウィーンのケーキ。買って帰りたかった~♪

雪の日の予防注射

5cmほど雪が積もりました。大翔とシャムはご機嫌で庭を徘徊。

朝の散歩の後、大翔だけを連れて、予防注射と健康チェックをしてもらう為に病院に行きました。予防注射は狂犬病とジステンバー、アデノウィルス、パルボの混合を。ケンネルコフ予防は鼻からです。

体重は11.5kgでした。太っても痩せてもいず、丁度よい体形だそうです。
がっしりしているので、少し太っているように見えるのですが、触ると肋骨が分かります。大丈夫だとは思っていましたが、お医者さんのお墨付きをいただいて、ホッとしました。歯もきれいで、心臓も問題ないとのこと。
診察台に登らされて、ハーハーしていましたが、鼓動は普通でした。ナーバスになってドキドキと鼓動が早くなるわんこが多いそうなのです。
大翔くん、大物です♪

大輔と姫は毎年予防注射をしていましたが、大翔の今度の予防注射はケンケルコフ以外は3年後で良いそうです。日本ではまだ毎年の注射が義務づけられていますよね?必要ないならば、薬はなるべく使いたくない気がします。ましてや、日本は狂犬病フリーの国なのに。ちなみにカナダは狂犬病フリーではないです。それなのに3年毎で良いのです。日本の制度も見直されるべきではないでしょうか。

ウィーン その3

ウィーンは観光と音楽が目的だったので、美術館はアルベルティーナだけしか行く時間がありませんでした。デューラーの展示が圧巻でした。

デューラーの作品は昔から好きでした。こんな絵や版画を作る人って、ものすごく細かい性格をしていたのではないかと思います。

アルベルティーナ美術館、元々はハプスブルグ家の宮殿だったそうです。

部屋の隅には綺麗なストーブもありました。
ミューズの間。色々な女神の像が飾られています。

この日は、夕方から再びオクトーバーフェストへ。
民族衣装を着た人がたくさんいて、楽し~♪ 

オクトーバーフェストでフォークソングを楽しんだ後は、Musikverein(学友協会)でのハイドン・カルテットのコンサートへ行ってきました。

観客に観光客が多いのにびっくりでした。私達も観光客なのですが。。。
次回はウィーンフィルの演奏を聴きに行きたいです。チケットを取るのが大変らしいのですけれど。美術史美術館も見逃したので、フェルメールとクリムトの絵は次回までお預けです。