ご近所さんの遊歩道

我が家を含めて、ご近所さんの家の敷地は最低でも10エーカーあります。 
10エーカーって12,241坪だそうです。単位がエーカーでも坪でも大きさがよくわかりませんね。東京ドームの広さをエーカーで言うと、11.5エーカーだそうで、1エーカーはサッカーグラウンドひとつぶんだそうです。我が家の敷地は東京ドームからサッカーグラウンドひとつ半を引いた広さということになります。と言っても、ほとんどが雑木林の坂ですけれど。

それだけ敷地が広いので、ご近所さんで敷地内に遊歩道を作っているところが2軒あります。 雪も溶けたので、大翔と一緒にそのうちのひとつに行ってみました。

あちらこちらに、色々な装飾品が置いてあって楽しいのです。
あら~、木の妖精が私達の様子を見ていますね~。 

橋も架かっています。

春先なので、熊が出ないかヒヤヒヤしながらの散歩。熊除けに携帯で音楽を流しながら歩きました。音楽で気分が乗ったせいか、大翔もノリノリでした。

はじめまして

今日の話題の前にお知らせです。ブログのセキュリティーを高くしました。
お手数ですが、ブックマークしていただいている場合、下記に変更をお願いします。
https://daihime.com/
今までのアドレスと同じですが、httpの後にsがついています。

今日の散歩はいつもは行かないところまで足を延ばしました。
途中で何かを見つけた大翔くん、一体何でしょう?

怪獣でした。

...ではなくて、こちらでした。

見辛いですが、馬です。ポニーもいます。
ここの家、敷地が広くて、池もあり、怪獣だけでなく(!)、鶏やあひる、馬も飼われていました。馬がこちらを意識して、ブルブルブル~と音を立てました。
すると、

大翔が遊ぼうよボーズ。実はちょっとビクビクなのです。
馬は柵の中にいますから、道路へは出てこれません。
しばし、大翔と馬との初遭遇を楽しみました。

遊び友達

先週の土曜日、2カップルと1頭を夕食に招きました。
1頭は大翔の友達、ゼウスくんです。
最初に会った時は同じぐらいの大きさだったのが、今や大翔が2倍ぐらいの大きさになっていて、しかも荒っぽい遊びが好きなので、時々、止め~を入れながらも、楽しく遊んでくれました。

ゼウスくんはママの脚を盾にしていたので、大翔も失礼ながら、ゼウスくんママの脚の間から顔を出したり、周りをぐるぐる回ったりして遊んでいました。脚に被害がなくて良かったです。最後のほうにはゼウスくんも頑張って応戦していました。

そして、今日はアルフィーくんと飼い主さん夫婦をランチにご招待。

庭に入った途端にじゃれ合い始めるふたり

このふたりは遊びの波長が合うので、ほとんど放って置いて大丈夫です。
私達が外でランチを食べている間、走り回り、転げ回って遊んでいました。

遊びの合い間の仲良しショット。
可愛すぎる~♪

(追伸)
愛ちゃんママさんのリクエストにより、友人を招待した時の夕食メニューを追加します。

前菜・ シーフードサラダ
ドレッシングには出汁、醤油、お酢、砂糖をゼラチンで固めたものを使用。
ちょっと変わっているので喜んでもらえました。

メイン・豚肉のハーブロースト、カラフルなごはん、インゲンの胡麻和え
ハーブはクミン、シナモン、ショウガなど。ご飯には色々な色の野菜を混ぜました。

デザート・バターでソテーした洋ナシのポートキャラメルソース、スティルトンチーズクリーム添え

お笑い系?

散歩帰りの大翔くん、私道の途中で、こんなことしています。
一体何をしているのでしょう?

私道の一部に石の壁があります。
その壁を伝って上から落ちてくる雪解け水を飲んでいるのです。

家に帰ればちゃんとお水のボールがあるのに。なぜにこんなところで雪解け水を飲むのでしょう?
大輔は甘えん坊でしたが、頼れる俺様なイケメンでした。同じイケメンながら、大翔はどうやらお笑い系な気がします。

家で水を飲む時も、時々こんなことしています。

首を下げなくて済むようにと水のボールが台に置いてあるのに、これでは台の意味がないではないですか。大ちゃん、どうよ~。

散歩の後、外で干した小魚のおやつを賞味中。
暖かくなってきたので、日中はほとんど外で過ごしています。
雪が溶けて、土が顔を見せ、その上でごろごろしているので、全体的に薄汚れてきてしまっています。

昨日は8人のチェリストのグループ、”O-Celli”のコンサートに行ってきました。
チェロだけのコンサートってどんなのよ~と思っていましたが、楽しめました。
チェリストのひとりは西村志保さん、日本人女性でした。
下の写真は観客と写真を撮りたい~という演奏者達の要望で、照明さんが携帯で撮った写真です。 O-CelliのFBから拝借しました。

バンクーバーへ

バンクーバーに遊びに行ってきました。もちろん大翔も一緒です。
車にイマイチ慣れない大翔ですが、片道4-5時間のドライブを頑張ってくれました。

大翔専用箱の中に座り、ハアハアしながら周りをきょろきょろと見ています。
車に乗っている間ほとんどこの状態でした。

車の中であまりに落ち着かないので、わんこ用のカーシートを買おうかと思ったのですが、それが無駄になると嫌なので、お試しに手作りしました。
箱はシートベルトで固定されていて、中にはクッションが入っています。
大翔は車用のハーネスを付けていて、そのハーネスとシートベルトが繋がっています。
安全対策は万全です。

ほんの少しだけ寝てくれました。これが本当の箱入り息子!

途中で、大輔と姫も行ったことのあるホープと言う町で休憩しました。
公園を歩いて、ご機嫌の大翔です。

無事に義姉夫婦宅へ到着。
わんこも人も大好きな大翔は上機嫌で過ごしてくれました。

キッチンでおこぼれ狙い。

アメリカに住んでいた夫の母がカナダに帰ってきて、バンクーバーの高齢者ホームに落ち着いたので、訪ねて行きました。日本で言う1LDKで、居心地の良いお部屋です。朝昼晩の食事がついて、お買い物にはシャトルバスがでて、ゲームやフィットネスなどのアクティビティも盛りだくさん。費用は月30万円ちょっとぐらいらしいです。日本と比べてどうなのでしょう?

値段と言えば、バンクーバーの住宅の値段、ものすごく高いです。
原因のひとつが外国人が買い漁っていること。特に中国人。
上の写真の義姉夫婦宅の近くの売家にも、中国語での問い合わせ用の電話番号がついていました。

4日ぶりの家で寛ぐ大翔。
雪もほとんど溶けて、暖かい日差しが嬉しいです。

エリカラー大翔

せっかく暖かくなってきたというのに、旦那が風邪気味で咳が止まらず、うつるのではないかと戦々恐々です。
大翔は元通り、元気いっぱいです。
手術跡をほとんど気にせず、舐めもしないので、気を許し、2日前にカラーなしで外に出したら、どうやら糸を噛んでしまったようで、傷口が赤くなってしまっていました。もうかさぶたになっているのですが、それが自然に剥がれるまでカラー付延長です。
手術跡はとても綺麗です。毎日チェックしています。

大翔のエリカラー、病院でもらってきたものです。
黄色い枠の中に書いてある言葉が可愛いのです。
「甘やかせー」、「キスして」、「ぎゅっとハグして」、「やさしくしろー」、「良くなるよ」♪
それほど嫌がらずに付けてくれるので助かっています。

ちゃんと見守っていられるときだけ、カラーを外しています。
あと2日ぐらいの辛抱です。

セント・パトリックスデー

3月17日はセント・パトリックスデーです。
アイルランドにキリスト教を広めた聖人、聖パトリックの命日でアイルランドでは祝日だそうです。この日のテーマカラーは「緑」、シンボルはシャムロックで、これは三つ葉のクローバーのような植物の総称です。
この日がくると、ああ、春だな~と言う気がします。
記録破りの寒さだった今年の冬もやっと終わりのようで、今日は日中、10℃ぐらい、日の当たる場所では15℃もありました。

そんな春の日、すっかり元気になった大翔もテーマカラーとシンボルで決めてみました。

大翔の病院でもらってきたものです。シャムロックは本来は三つ葉が正解なのですが、北米では四つ葉もありで、いずれにしても幸運のシンボルとされています。
そのご利益があったのかはわかりませんが、大翔、元気すぎるぐらい元気になりました。あと3日ぐらいは安静にしていなければいけないのですが、ちょっと目を放すと走り回る、ベッドに飛び乗る、カラーを付けたままでもはしゃぎまわる。。。
元気がないよりはずっと良いのですけれど。

手術しました

大翔、11日に去勢手術しました。
生後7か月で、少々早すぎるかもしれないという不安もあったのですが、諸々の事情でそうなりました。大輔は未去勢でしたが、姫は生後5か月で手術して、その後何の支障もなく過ごしてくれたので、きっと大翔も大丈夫!っと決心しました。

これは少々小さ過ぎ、やはり普通のエリカラーが良いかも。

11日の朝8時前に病院に連れて行きました。
大翔の居ない家は、驚くほど閑散としていました。
うちの子になってから4か月ほどなのに、すっかりもう大切な家族になっていたのだなーとしみじみ。

午後1時頃に手術が無事に終わったという連絡がきました。
麻酔が切れるのを待って、午後4時頃に迎えに行きました。
少しよろめきながらも、ちゃんと歩いて待合室に出てきてくれた大翔を見てホッとしました。
晩御飯もしっかり食べてくれて、エリカラーもそれほど嫌がらず付けてくれて、これで後は回復を待つのみと、この時は思っていました。

やはり普通のエリカラーのほうが安心

翌日、朝ごはんと一緒に、病院で渡された小さな注射器入りの炎症止め兼痛み止め(metacam)を口にチューっと注ぎ込みました。これで痛みもなくなって、快適に過ごせるでしょー。

エリカラー付けてもご飯も食べられるし、お水も飲めます。

と思ったのが大きな間違いでした。
夕方から下痢状態になりました。
病院に連絡すると翌朝まで様子をみましょうとのこと。
ですが、夕食は全部吐き戻してしまい、夜もひどい下痢状態が続きました。
いつ外に用事に連れて行かないといけないかわからず、ほとんど徹夜で様子を見ました。結局全部で10回ほど、外へ連れ出すことに。翌朝の9時でまだ下痢状態でした。

翌日11時に大翔を連れて再び病院へ。
吐き気を抑える注射をしてもらい、抗生剤をもらって帰りました。
この後は、吐き気も下痢もおさまり、食欲もほんの少し出てきていました。

吐き気と下痢は麻酔のせいか、その後の薬のせいか、エリカラーなどのストレスの為か、原因ははっきりしないという医者の見解なのですが、私は薬がアヤシイのではと思っています。実は手術の前日に大翔のお腹がゴロゴロ鳴っていて、食欲もなかったので、念のために手術前の血液検査もしてもらっていたのです。異常なしとのことだったのですが、体調も万全ではなかったのかも。

新たにもらった抗生剤の副作用にも下痢や吐き気があったので、ドキドキしていましたが、今回は大丈夫でした。少しづつ、食欲も回復してきています。この後は、何事もなく過ごせますように。

肝心の手術ですが、縫合場所よりも、点滴の為に剃られた前足(上の矢印)が気になるようで、舐めてしまいます。目が届かない時はエリカラー着用です。 10日から14日間、走ったり、飛び跳ねたりは禁止、外に行く時は必ずリードをつけてとのお達しで、大翔も私達も大変です。元気になるまでの我慢、我慢!

わんこデイケアへ

初めて、大翔を近所のわんこの預かり所に半日だけ預けてみました。
今のところ人も犬も大好きな子なので、なるべく触れ合う機会を設けてあげたいと思っているのですが、近所にそれほど犬がいません。と言うよりも、近所にそれほど家がありません。隣でも車で行っても良いような距離です。
たまにはわんこがたくさん集まる所で遊ばせてあげねばー。

外から様子が見れないのが残念ですが、どうやら楽しんできたようです。
受け取りに行った時、なかなか出てこなかったのです。
帰るのが嫌で逃げ回っていた様子。
家に帰ってからは爆睡でした。

疲れたわんこは、良いわんこ♪

アヤシイもの

今回も動画です。
朝の散歩、車道に行く前に何かアヤシイ物を見つけた大翔、多少威嚇はしているけれど、怖いようです。なかなか先に行けません。

チラッと写っていましたが、大翔が見つけたのはATVです。日本語では何と呼ぶのでしょう?同じくATV? それとも四輪バギー?

私道が長いので、除雪をしたり、回収してもらう為にゴミを公道まで持っていくのに使います。昨日、ゴミ運搬の際にいきなり止まってしまったので、朝まで私道の途中に置き去りでした。

あまりに大翔が怪しがるので、抱っこして近寄り、大丈夫だと納得してもらいました。
帰りに傍を通った時には大丈夫でした。
ATVは明日修理に持って行きます(ダンナが)。