バース観光

叔父に別れを告げて、バースにやって来ました。
バス(bath)の語源となったこの町、紀元1世紀に作られたローマ時代の浴場跡で有名です。町全体が世界遺産です。

今は浴場としては使われていません。建物全体が博物館になっています。
イギリスの博物館、他のところでも感じたのですが、展示の仕方がとても丁重で、しかも楽しめるものになっていました。

実際にどうやって使われていたのかを画像で見せてくれます。

バースは中世には羊毛産業で栄え、18世紀ジョージ王朝時代には華やかなスパ施設がある街として人気だったそうです。

ロイヤル・クレセント、ジョージ王朝時代の建物です。

ロイヤル・クレセントの中のひとつが博物館になっていて、当時の様子を垣間見ることがでいます。

華やかな食卓

上は小さな犬に滑車を回させて、肉をローストする機械です。
今だったら動物虐待でつかまるぞー!

下のはバース・アビーです。史上初の統一イングランドの王となったエドガーが993年に戴冠式を行った教会。現在のは1499年に建てられました。

ファサードの天使が梯子をよじ登っている「天国への梯子」が有名です。

拡大図です。

町の観光も楽しかったのですが、もう一つ嬉しかったのがパイで有名なこのパブです。一見、小さなローカルパブなのですが、手作りのパイが絶品でした。

The Raven,  7 Queen St, Bath

メニューも載せちゃいます。エールを使ったパイ、鹿肉のパイ、ステーキとブルーチーズのパイ、子羊肉と赤ワインのパイなどなど。
メニューを見るとまた行きたくなってしまいました。ごっくん。

チェダーとウエルズ

叔父の家に泊まっている間、近所に遊びに行きました。
叔父の家のある地域の北側に広がる丘陵、メンディップヒルズ (Mendip Hills )から見た景色です。

小さな村が点在しています。
その中でも行きたかったのがチェダーでした。
私の大好きなチーズ、チェダーチーズの発祥地です。

が、特にチェダー関連の場所はなく、仕方がないので標識の写真を記念に撮りました。ナンテコト!チェダーチーズが生まれたのは、チェダー村にある洞窟がチーズの熟成に最適だったためだそうです。

次に、叔父と叔母からチェダーよりも観光向けよ~と教えてもらったウエルズへ。

教会の天井が可愛い~

ウエルズの大聖堂はギリスの初期ゴシック建築の代表例だそうです。
小さな町なのですが、この大聖堂はバースとウェルズの司教座なのだそうです。

ここの天井は豪華でした。

最初の訪問地は

第二次世界大戦中、英国に派遣されていた既婚のカナダ兵士とイギリス人未亡人との間に子供が出来ました。終戦後、カナダ兵士はカナダに帰国してしまい、子供は母親の再婚相手を本当の父親だと思ったまま成人しました。
ある時、政府の機関に就職の為の書類を提出すると、それに不備があると指摘されました。実際の出生証明に記載されている父親の名前が、書類に書かれた名前と違っていたからです。それは子供にとって晴天の霹靂でした。
それからしばらくして、カナダにいるはずの血縁をネットで探しあてました。

このまるで小説のような話の中の、いけない既婚のカナダ人がウチのダンナの祖父です。祖父母は既に他界していて、その子供たちはイギリスに弟がいることなど全く知らされていませんでした。連絡があった時には全員でビックリ仰天状態でした。

ですが、それから兄弟姉妹、叔父と姪や甥との交流がはじまって、カナダに遊びに来たり、イギリスに遊びに行ったりするようになりました。交流が始まったのは私達が韓国に住んでいた時で、会う機会がありませんでした。新しくできた叔父はとても心優しい素敵な男性との評判で、会ってみたいと思っていました。今回やっと実現。

ガトウィック空港で車を借りて、サマーセットという地域にある叔父の家までひた走りました。左側通行のMT車でも平気で運転できる、使えるダンナに感謝です。

叔父の家の裏庭。素敵なイングリッシュガーデンでした。

叔父は評判通りの人でした。祖父に対しても、無責任に子供を作って、そのまま帰国した兵士がたくさんいた中で、きちんと出生証明にサインをしてくれたことに感謝していると言ってくれました。

実はこの時、叔父は肺がん末期で、自宅のベッドから出られない状態でした。それでもユーモアあふれる会話を楽しみ、弱音など一言もありませんでした。そんな状態でも会いたいと言ってもらって感謝です。2泊させてもらいました。奥さんもとても優しい人でした。

私達の旅の最終日、永眠されたと連絡がありました。
会えてよかった。

ただいま~

9月17日から3週間、ロンドンとコッツウォルド地方、そしてウィーンに遊びに行っていました。すっかり時差ボケでボケボケしております。
本格的な旅レポは少々お待ちを。

大翔は泊りに来ているオタワのご近所さん夫婦にお世話になりました。

スリッパ盗むな~!

帰って来た時は庭中を走り回って、大歓迎してくれました。
ですが、誰でも歓迎する子なので、私達が特別扱いだったのかは少々疑問。

アルフィーくんと取っ組み合い

アルフィーくん、今日も遊びに来てくれました。私達が留守の時も何回か遊びに来ていたそうで、すっかり気心の知れた仲良しになっています。