厳寒を脱出!

やっと寒さが緩んできました。最高気温-18℃だったのが、2℃ぐらいになっています。温度差16℃というのは半端じゃないのですが、厳寒状態から普通の寒さになっただけで、寒いのには変わりがありません(笑)

雪大好きっ子の大翔も、厳寒の時はさすがに外に行っても直ぐ帰ってきましたが、寒さが緩んでからは外でのんびりしています。

雪のかたまりを投げてもらって、それを追いかけるのが大好き。そして、そのかたまりを死守しようとして、取り上げようとする私と揉めるのが、好きです。

散歩して、たくさん遊んだら休憩。
新しいベッドもようやく使ってくれるようになりました。

こちらは姫のをそのまま使っているベッド。お気に入りです。

冬ごもり中の為、それほど話題がありません。あしからず。。。
今日は室内楽のコンサートに行ってきます~♪

寒いです

最高気温がマイナス14℃って、どーいうことでしょー!
おまけに私道が凍り付いて滑るので、散歩は裏の山でスノーシューです。

大翔は厳寒の中でも元気、元気です。裏山の深い雪の中を駆け回り、鹿の足跡に興奮してます。 換毛期なのですが、温かさが保てるように、なるべく毛が抜けないようにと、浮いてきている毛を指でつまんで取るのも自粛しています。それなのに、本犬は 外のマットの上で寝そべって、まったりしていたりもします。止めれー!

寒いのでオーブンと仲良くしています。
フランスにいた時にもらったレシピを引っ張り出して、ガレット・デ・ロワを作りました。フェーブも入っています。お昼に呼ばれた友人宅への手土産です。

こちらは以前から頑張ってみたかったバゲット。
形は今一歩ですが、外がカリカリ、中はふわっとできて嬉しかったです。
オーブンに霧を吹くのではなくて、オーブンの底に置いた温めた天板にお湯を入れて、たくさん蒸気を出したのが良かったのかもしれません。

冬ごもり用?ここ3、4日は寒さが半端でないようで、大翔の散歩以外は家でヌクヌクしている予定です。

雪が降って

雨が降って、その後寒くなって、私道の坂道が凍っていました。
下の写真は凍った足場の悪い所を避けて、雪のある土手の部分で、道の割れた氷を賞味している頭の良い大翔です。
道が凍っていても、ところどころ溶けている部分もあるので、そこを選んで散歩していたので、問題ありませんでした。

ところが、昨晩から今朝にかけて雪が降りました。
雪が積もっていて、私道の坂道、どこが凍ってて、どこが滑らないのかわかりません。雨が降っても、槍がふっても、行かねばならぬのが散歩。。。
私道で5回、除雪車が来ていない公道の坂道で1回転びました(泣)

ウチの4輪(足!)駆動が羨ましい!
明日の朝まで雪が降り続くそうです。
明日は凍結している私道を避けて、雪深い部分の山道散歩になりそうです。

新年イベント

元旦恒例のチャリティーイベント、Polar Bear Dipに参加しました。
元旦の午後、オカナガン湖に飛び込むという行事です。
友人達も参加して、おまけにキャンピングカーを出してくれて、終わったらその中でシャンパンでお祝いするという計画。乗るしかないでしょー(笑) 3カップル、合計6人のはずですが、女性で参加したのは私だけ。後のふたりはカメラマンと荷物持ち役でした。

この日は晴れていて、気温2℃、水温が4℃。浜辺には雪もありません。
雪が積もっていて、マイナス気温の年もあるので、今年はラッキー。
合図と伴に湖に駆け込みました。私は膝上まで浸かっておしまい。
湖から上がってきた直後は脚が紫色になっていました。 男性陣は全身浸かったようです。 泳ぎ回っていた人々も数名。耐性があるのか、何なのか。。。
参加者は全部で350人ぐらいだったとか。みんなで飛び込めば怖くない!
楽しいイベントでした。
来年も暖かかったら参加したいかも~。

大翔は相変わらず雪大好きわんこです。下の写真は道路脇の小高い所に登っている所。私は登りたくないので、帰っておいで~と下から叫んでいます。

今年の書初めをしてみたら、

嫌ぁぁぁー。

換毛期のようです。去年も今頃でした。去年は子犬の毛から生え変わっているのかと思っていたのですが、どうやら今頃が大翔の抜け毛の季節らしいです。

最後になりましたが、皆様、本年も宜しくお願い致します。
皆様にとって2020年が素晴らしい年でありますように。

大晦日の大雪

大晦日の夜です
日本はもう新年ですね。毎年大晦日には取り残されたような気がしてしまいます。
昨晩から雪が降り続き、30㎝ぐらい積もりました。

朝の散歩は深い雪の道なき道を歩くことになりました。

大翔は全身を使わないと進めません。さすがの大翔も少し行っては一休みです。
ですが、エネルギーは有り余っているので、 途中で帰れるのではないかという飼い主の期待を全く裏切り、 元気いっぱい。

我が家の長い私道、ATVを使っての除雪でも4時間かかりました。途中でATVが雪に埋まるので、シャベルで掘り起こすこと6回、ガス欠になること1回。
ダンナ、お疲れ様!

裏庭の大翔のお気に入りスポットまで雪かきしました。

ありがと~って言ってくれているようです♪

今年もお世話になりました。
良い新年をお迎えください。
来年(日本ではすでに今年!)も宜しくお願い致します。

雪遊び

私達が住んでいる地方は寒いカナダでも比較的温暖な所です。
と言っても、雪は降ります。特に12月はいちばん積雪量が多いのだそうです。
道路はきちんと除雪されますが、その雪は道路脇に積まれることになります。
それが、大好きなのが、ウチの大翔!

雪の深い所を選んで歩きます。嬉しそうで何より(笑)
歩くだけではなく、雪に顔を突っ込んだり、

色々楽しんでいます。付き合っているとつい散歩が長くなってしまいます。

できればずっと遊んでいたいらしく、帰ろうとすると、歩く速度が遅くなります。
私、早く帰ってコーヒー飲みたいのですけれど~。

メリークリスマス!

今年のクリスマスツリー、例年通りに敷地内の木です。
数本の木がかたまって生えているのを間引いたので、きちんとした形をしていません。環境に優しいので、それで満足です~♪

大翔、プレゼントを開けています。上手に開けられました。

今回最大のプレゼントと言えば、これ。BMW、M235iです。
中古車です。2014年製、マニュアル車です。
スポーツタイプの車が欲しかったダンナの買い物。
古いBMW335xiを売って、今のSUVを買ったのですが、SUVだと運転が楽しくないのだそうです。何だかねー。

家から1時間半離れた所のディーラーに引き取りに行ってきました。家の私道が凍結気味で、ウチの4WDのSUVは難なく上がれましたが、スポーツタイプの後輪駆動車は無理でした。バケツで砂を一面に撒きながら、やっと到着。当分は乗れないかも。

いたずらっ子は健在です

大翔くん、1歳4か月です。相変わらず、いたずらっ子の子犬ちゃんです。
紙の箱の中に少しだけおやつを入れてあげます。

おやつを食べるのも楽しいけれど、箱を噛んで壊すのも楽しいのです。

噛んで壊すのは紙箱だけではありません。
最近の被害は私のシルクのジャケットのボタン2つ、散歩用手袋。。。
ちょっと油断したすきにやられてしまいます。
現行犯でないので、叱っても効果がありません。

いたずらが止む日は遠いようです(泣)
効果的な予防方法、ありましたらお教えください。

シャム後

シャムが帰ってしまった日は、少しぐったりした様子だった大翔です。マイペース男子とは言え、多少は気を使っていたのかも。

翌日には復活しました。でも、遊び相手がいなくなって、少々寂しそう。
3週間の最後のほうは、良い関係になってきていたのです。

大翔がやんちゃぶりを発揮しなければ、ここまで距離が縮まりました。

おとといどっさり雪が降って、大翔の監督地域(?)もすっかり銀世界です。

大翔、またひとりっ子になってしまったけど、私達がいるからねー。

ふたたびロンドン

だらだらと続けている旅レポです。
ウィーンに1週間滞在し、その後、再びロンドンへ。
早速パブへ直行し、そして、

ロンドンと言ったらインド料理ですよね。

美味しかったです。

ロンドンに滞在中には必ず行く、テート・ブリテン。
20歳そこそこの時に初めてロンドンに行き、テート美術館(その時はまだテート・モダンはありませんでした)でターナーの絵に感動してから、ここは私の聖地でした。ですが、前回はターナーの絵が多数貸し出されていて、イマイチ。そして、今回も、いまひとつ物足りない印象でした。

20歳の頃に比べると、たくさんの美術館でたくさんの芸術に触れて、感性が磨かれたのか、それとも、摩滅したのか。。。うぅぅ。。
特別展は工具などの様々な機械等。これも芸術?
現代アートって何だかわからないことが多いです。

次に行ったのはデザイン・ミュージアム。
かの有名なテレンス・コンラン氏が創設者です。

帰りの便がガトウィック空港からだったので、便利の良いビクトリア駅から直通の通路のあるホテルに泊まりました。ネットで見つけて格安だったので、予約しました。チェックインして部屋に行ってみると、ロビーからのエレベーターは6階までで、それから別のエレベーターに乗り換えて7階へ。部屋は屋根裏部屋のような狭さ。道理で格安なはずです。
フロントに行って、部屋を代えてもらいました。追加料金は取られましたが、普通の部屋で、ひと安心でした。
しかも、このホテル、翌朝に火災警報が鳴って、泊り客が全員雨の中を外に出る騒ぎになりました。私達は着替えてから外に出ましたが、中にはバスローブのままの人達も。私達はそのまま朝食を食べに出掛けたのでそれほど迷惑はかからなかったのですけれど。ちなみにどうして警報機が鳴ったのかわからないままでした。

安いものには落とし穴があるという教訓!?

これにて、旅レポはおしまいです。長々おつきあい、ありがとうございました。