観光しなかった日

ドウロ渓谷を後にして、南へ。

途中で羊と羊飼いに道を阻まれたりしながら、たどり着いたのは、ヴィゼウという町です。
ここはダオンと呼ばれるワインの産地の中心です。
泊まったのはポサーダ・ヴィゼウ。19世紀に建てられた病院を改装したホテルです。

ちょうどロビーでお菓子祭りが開かれていました。
オビドスに続いて、お祭りづいています。

チェックイン時にハプニングが。予約が見当たらず、係の人がパソや書類を見直している間に、自分の持っている書類を見ると。。。チェックインの日にちが昨日の日付!
何年も旅行の予約は自分でしているのですが、こんな失敗は初めてです。
間違いを申告すると、同じグレードの部屋はいっぱいだけど、グレードを下げるか、上げるかすれば大丈夫。
予約したのよりも良い部屋はすぐにチェックインできますよ〜とのこと。
ポルトガルの人達って優しいのです。国民性?
それほど値段も違わないので、良い部屋にしてもらって、すっかりくつろぎの体制。
実はこのホテル、スパがあって、トルコ風呂、サウナ、ジャクジーが利用できます。
お菓子祭りで、買い込んだお菓子を賞味後、スパでくつろぎ、夜はホテルのレストランで。
ポルトガルのレストランでは必ず食事の前にオリーブとオリーブオイルとパンが出てきます。
それがどれも美味しいので、食事の前から既に食べ過ぎの予感。

夫の前菜。これ、多過ぎでしょー。

夫は食事後、シガーラウンジに移動して、葉巻とブランデーを楽しんだのでした。
私は部屋でのんびり。
結局、ヴィゼウの観光は全くせず、ホテルから一歩も出ずに、この日は終わったのでした。

6 comments

  1. says:

    予約が無く焦ったのでは?
    前菜も多いですが、食事も多いのでは?
    美味しそうですものね。
    太って帰ってきたのでは?
    素敵な旅でしたね。

    • シオン says:

      一生懸命にフロントの係の可愛い女の子が予約を探してくれました。
      親切な対応で助かりました。
      ポルトガルのレストラン、どこも量が多いので、それに慣れると大変!
      食事の前に出てくるパンとオリーブオイルでランチは十分な感じでした。

  2. 愛ちゃんママ says:

    ポルトガルのお料理って多いですよね!
    日本人にはいつも2人分だと思いました。
    それでもポルトガルの人がそんなに太っているとは
    思わないのにです。
    私の5月の外出は1回は母の命日のお墓参りに。
    2回目は銀座の「柳画廊」の女性副社長の企画の
    「ランチ付き銀座の画廊巡り」に参加します。
    この女性副社長は慶応大卒でIBMのSEをしていた人なのです。
    O型でとてもよくしゃべる人です。
    しゃべりたいために画廊巡りを企画しているのかと
    思うような自己発散型の人です(笑)

    • シオン says:

      ポルトガルの人達、そう言えば、あまり太った人を見かけませんでした。
      どういうことなのでしょう?不思議です。

      ランチ付きの画廊巡り、楽しそうですねー。
      しゃべりたいための企画!
      あまり説明が長いのも、煩わしい気がしますけれど。
      旅行でも現地のガイドさんが物凄く熱心に解説してくれる時がありますよね。
      いいような、悪いような、、、

  3. 小米花 says:

    ホテルのロビーだけでこんなに楽しめてしまうのですね。
    充分観光してますよ~。

    ホテル受付の対応が優しいですね。
    シオンさんご夫婦だから難なく通ることが出来たのでしょう。
    旅の食事は楽しみの一つですが、このボリュームはスゴイ~~。

    • シオン says:

      ポルトガルの人々、優しくて、のんびりしています。
      ホテルのチェックインで列ができていても、それほど急がず、雑談などしてくれます。
      その時に聞いたのですが、レストランで食事の量が多くても、一皿を二人で分けるというようなことは一般的でないそうです。
      私達は旅行者なので、気にせず、分けていましたけれど。
      ポルトガルのポサーダはそれ自体が観光目的のようなものなので、楽しかったです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.