いちばん楽しかったのは

荷馬車に乗って昔に帰ってきました。

スティール砦という場所です。昔の建物を保存、公開していて、その時代の服装をした人々もあちらこちらで見かけます。

その人達に話しかけると、その時代の人になりきって会話をしてくれます。劇中の人になったような感覚で楽しめました。

砂金を探しているところ
女性にも選挙権を!の活動中

わんこも、もちろん一緒に歩き回れます。大翔も上機嫌で歩いてくれました。他の観光客が連れてきたわんこと遊べたのがいちばん楽しかったかも。

サスカチュワン州のムースジョー(Moose Jaw、ヘラジカのあご)の次に泊まったのは、アルバータ州にあるメディスンハット(Medicine Hat、薬の帽子)という町でした。どちらも面白い名前ですよね?先住民の使っていた地名が由来となっているのではと思います。その次はBC州のファーニーという町に泊まりました。そして最後の宿泊地はBC州のネルソンでした。大翔はたぶんここがいちばん気に入ったと思います。

目の前にビーチと湖が広がる素敵な場所で、

ブランコに乗ったり、

ビーチでくつろいだり、
中でもいちばん楽しかったのが、

宿泊先のホテルのオーナーさんの愛犬、オースティンくんと遊ぶこと。
優しいゴールデンで、4歳だそうです。普段はちょっと臆病で、他のわんことも距離を置くようなところがあるそうなのですが、天真爛漫な大翔は気に入ってくれたらしく、ふたりで追いかけっこしたり、落ちている木の棒を取り合いっこしたり、ことあるごとに一緒に遊んでいました。

最後にこの旅でいちばん美味しかったデザートを。スティッキー・トフィー・ブディングです。キャラメル状のトフィーがからまった暖かいねっとりしたケーキが瓶の中に入っていて、上にバニラアイスクリーム♪ 美味でした~♪

旅の途中

旅の途中で、そっちには行きたくないんだよぉ~の大翔です。
1才を過ぎて、段々と柴気質が出てきたようです。

ダンナの従兄の牧場に遊びに行った時、子供たちがうっかりしてリードなしで大翔を外に出してしまいました。幸いにもグラウンドホッグの掘った穴があちこちにあって、大翔はそれを嗅ぎまわるのに忙しく、遠くに行かずにすみました。最後はダンナがダイブして捕獲。ホッ!!!これが大輔だったら捕まえるのがどんなに大変だったか。。。

親戚宅を後にして、サスカチュワン州の州都、レジャイナに立ち寄りました。

州議事堂の花壇が綺麗~♪
おいおい、そこでシーをしているのは誰ですか!

この日の泊りはムースジョー、「ヘラジカのあご」という妙な名前の町です。
アメリカの禁酒時代に密輸で儲けた場所だったそうで、その時代になぞらえて作られた地下の密輸通路を巡るツアーがあります。参加者は皆、新米の密輸業者の設定です。良く作られていて、楽しかったです♪

撮影禁止だったので、画像はツアーのサイトから借用しました

大翔はこの日の泊りの静かなコテージでお留守番でした。
(注)写真は外で撮ってますが、お留守番はもちろん、コテージの中でした。

親戚宅で

カナダの広大な大草原、周りは360度の大地と360度の空が広がっています。
黄色はカノーラの花です。

サスカトゥーンからほぼまっすぐな道をひた走り、ダンナの叔母さん宅へ。
翌日はブランチをご馳走になりに、従兄の趣味の農場へお邪魔しました。
大翔はポニーとこんにちは~しました。

一緒に遊びたくて、大接近しています。

車の下にもぐっているのは、何故?

ドラムヘラーでも登場したグラウンドホッグがここにもたくさんいました。
地面に巣穴を掘ります。そのひとつがたまたま車の下にあったのでした。

午後からは湖畔の別荘に移動。
5歳と8歳の子供2人を含む、13人の人間に囲まれての午後でした。
子供達は大翔を気に入って、何かにつけて構っていました。
よく耐えていたのですが、最後の最後で、しつこくされてワフッ!
そりゃ~、子供のほうが悪いので、大翔にお咎めはなしです。

たいちゃん、お疲れ。偉かったよー。

お誕生日に

8月2日は大翔の誕生日でした。1才になりました。
我が家のプリンスの誕生日にふさわしいのはこのホテルでしょ~♪
サスカチュワン州、サスカトゥーンのランドマークとも言えるホテルです。ここで2泊しました。

最初は少々びっくりしたエレベータも、2回目からはこの通り平気になりました。

ホテルのすぐ裏に川があって、川沿いが遊歩道になっていました。
雁を追いかけてみたり、

水遊びをしてみたり。誕生日を楽しんでくれたようです。

後から気が付きましたが、実は、隅にペット禁止の看板がありました。
ここに行ったのは、散歩の途中で会ったわんこ連れのグループが、いつもわんこを連れて行くって教えてくれたからなのです。いいのかー。

夜になって、大翔が爆睡している間にシェークスピアの劇、 “As you like it (お気に召すまま)” を見に行ってきました。

シェークスピアの時代の舞台と同じように、舞台を囲んでぐるりと観客席がありました。演じる人々との距離が近いのです。
普通のお芝居を観るのとはちょっと違った感じで、楽しめました。
“All the world’s a stage, And all the men and women merely players(全世界は舞台で、男も女もすべてただの役者にすぎない)”というのはこの劇の中の有名なセリフです。

(ちょっと覚書)
桃の季節です。3.5kg、14個ぐらいの桃が1200円ぐらいでした。
母がこちらの果物が安い~と驚いていたので、桃の値段も載せてみました。

ドラムヘラー

7月29日にケローナを出発し、途中でレベルストークという所で1泊し、それからアルバータ州にあるドラムヘラーという町を目指しました。ロッキー山脈の山々が見えてきて、もうすぐ目的地です。

「ようこそ、ドラムヘラーへ」という看板が見えてきました。
その横に恐竜があるのは何故でしょ~?

実はこの町には恐竜がいるのです。それもたくさん。
こんな巨大なのや、

可愛らしいのや、

あっちにも、こっちにも。

この辺りは 先史時代の氷河の浸食で形成された渓谷で、大昔は恐竜が闊歩する地でした。今では化石がたくさん見つかるので有名です。

こんな不思議な風景にも出会えます。

不思議な形をした岩場をどんどん上に登っていって、ご機嫌な大翔です。
この辺で止めておきましょうよ~。

こちらはHorsethief Canyon(馬泥棒渓谷)という名前の渓谷です。その昔、馬泥棒がここを通って逃げて行ったのでしょうかねぇ。
大翔は景色を楽しんでいるように見えますが、実際は、

あっちこっちに出没するこの子達を見つけて、追いかけたくて、熱心に臭いを嗅いでいるのです。グラウンドホッグと呼ばれる動物で、我が家の周りにたくさんいるマーモットの仲間です。

たくさん歩いて疲れた大翔をホテルに置いて、博物館に出掛けました。

ロイヤル・ティレル博物館、恐竜の博物館です。
かなり学術的な博物館で、大人向けです。恐竜ファンには必見!

実際の化石と復元した部分が合成されています。
恐竜がどんな姿をしていたのかが、実感できます。かなりの迫力です。

最後にT Rex(ティラノザウルス レックス)を。地上に存在した最大級の肉食獣だそうで、体重は5.4トンから8トンもあったそうです。恐竜時代の最末期に君臨したそうですが、絶滅していてよかったー。

シェークスピアの夜

気に入っているスピアヘッドというワイナリーで恒例のシェークスピア劇がありました。去年は「真夏の世の夢」でした。今年は「十二夜」です。
時代がかった英語は難しいので、ところどころわからない部分もありましたが、楽しめました。

夜の7時の開演時にはまだ日差しがじりじりするほどでしたが、終わる頃には上着が欲しいほどの気温になりました。

愛ちゃんママさんに青年になったと言っていただいた大翔ですが、実は相変わらずいたずらっ子のおこちゃまです。

ですが、我が家の秘蔵っ子はこんなこともできちゃいます。

大輔も姫もこんなことはしなかったので、びっくりです。

ホテルでお泊り その2

鮭が帰ってくる川、アダムス・リバーにも一緒に行きました。
大翔はどうやら水はそれほど嫌いではないようです。
脚が浸かっても平気でした。

鮭の像をチェック中。

水も平気でしたが、こんなふうに網目になっている場所も平気でした。
大輔は絶対にこんなところは歩かなかったし、水も大っ嫌いでした。
姫は両方とも大丈夫でした。同じ柴でも色々ですねー。

こちはホテルがある湖です。大翔が足を浸けると波紋が広がって、きれいでした。

ホテルのロビーにあった毛皮をチェック中。狐でしょうか?
大輔がフランスで泊まったホテルにあった狐のはく製をチェックしている写真があります。同じようなことをしているのが、何だか嬉しかったりします。

今回のホテル泊まり、もっと長い旅行の予行練習でした。
次回の旅行も楽しんでくれますように。

ホテルでお泊り その1

以前、川に戻ってくる鮭を見に行ったアダムス・リバーの近くのホテルに大翔と一緒に2泊してきました。大翔のホテル初体験です。

いつも静かな場所で暮らしているので、ホテルでは廊下や外で音がすると落ち着かない様子でした。部屋の中をうろうろして、食欲もイマイチ。

ホテルは湖のほとりにありました。湖畔にはプライベートビーチがあり、そこに続く広々とした芝生の庭がありました。

外ではご機嫌でした。あちらこちらを走り回り、湖に浮かぶ鴨を珍し気に眺めたり、ビーチで穴掘りをしてみたり。

ホテルに隣接するゴルフコースでプレーするつもりでした。でも、大翔がいるので9ホールのみかな~。9ホールして、大翔の様子を見に行って、大丈夫そうだったら後半もできるかも?などと思っていました。
ところが、わんこも一緒に回って良いですよーとのこと。
なんておおらかで良いゴルフ場なのでしょう!

カートに乗せられたり、降ろされたり、ちょっと歩かされたりと色々されながら18ホールをつき合わされた大翔くん、楽しかったかな? 何するんだよって思っていたかもしれません(笑)
かなり疲れたようで、この後は爆睡でした。

東京観光

再び更新の間があいてしまいましたー。
コンサート(和太鼓とオーケストラのコラボ)に行ったり、ゴルフに行ったり、友人宅にディナーに呼ばれたり、義姉夫婦が遊びに来たり(今も滞在中)と忙しくしていました。

やっと日本滞在レポの最終回です。群馬から東京に戻ってきて、観光客しました。日の出桟橋から浅草まで、水上バスを利用。

水の上から眺める東京も乙な物です~♪

翌日は夜景の綺麗な汐留シティーセンタ-41階のイタリア料理、Ar’sへ。

少々靄っていたのが残念でしたが、懐かしの東京の夜景が楽しめました。
お料理もなかなか。まずは綺麗な前菜。

タコのパスタ。ソースはゴルゴンゾーラ入りのジェノベーゼだったかも。すっかり記憶が薄れています。

メインはすっかり何だったか忘れました。

デザートはたぶんチーズケーキ。

うろ覚えですみません。日本ってやっぱり良いですねー。ここと日本とで6か月づつ住めると良いのに。

温泉、もう一カ所

静かな温泉宿を求めて行ったのは、老神温泉でした。
お部屋でお食事、終わったらお布団を敷きに来てくれます。
こういうのがしたかったのです(特に夫が)。

実は夜中にカラオケが鳴り響いていたのですが、疲れと時差ボケありのふたりは全く気にせず熟睡。翌日お詫びの品持参の女将さんからの平謝りに、かえって恐縮したのでした。

宿からすぐ近くの吹割の滝もきれいでした。

話は変わって、2日前の出来事です。
友人とその愛犬のオパールちゃんが遊びに来てくれました。
オパールちゃんは小柄なラブなので、遊び相手に丁度良い感じです。

駆けっこに、プロレスにと、思いっきり遊んでいました。
テーブルの下での取っ組み合いはどうかと思いますけれど。。。

それぞれ木の枝を齧って休憩タイム。

大翔が嬉しいと、私達も嬉しいのです。
皆がハッピーな午後でした。