怖いもの

珍しく尻尾が下がってしまっています。
大翔くん、どうしたのでしょう?

我が家は掃除機ではなくて、セントラルバキュームです。
壁に吸引口があって、それに長いホースを差し込んで使います。
音は普通の掃除機と同じくらいだと思うのですが、大翔はそれが怖いのです。

ダイニングのカウンターの下に避難。
こういうのにも慣れて下さいな。

柴の集まり

大変お疲れーの大翔くんです。
どうしたのでしょう?

朝の9時にパピークラスの2回目。
今回は主に、人に会った時に嬉しくて飛びつかないようにすることと、リードを引っ張らないように歩く練習でした。

大翔は周りの色々な事に気を取られていて、練習としてはまあまあ。
犬のトレーニングと言うよりも、飼い主が学習することが大切で、大翔は付き添いのようなものです。
上の写真はクラスの最後のほうで、わんこ達は少々お疲れです。

家に戻って、お昼を食べて、そして会いに行ったのが、

地元の柴達~!

近所のドッグランで、全部で7頭ぐらいに会えました。
みんな良い子達で、パピーに対しても優しくしてくれました。
フリーにするのはまだ心配なので、大翔はリード付きです。

大翔的には、同じようなサイズのこの子がいちばん気に入ったようでしたけれど。

パピーではなくて1才なのだそうですが、たくさん一緒に走ってくれました。
次回の集まりには大人の柴わんこに混じって遊べるかな?

坂道で

我が家は丘の中腹にあるので、周りは坂です。
姫との散歩はおばさん同士でゆるゆるとだったのですが、子犬のエネルギーは底なしです。
上り坂も駆け上がります。

しかも足場の悪いところが特に好き。
かなりの急斜面もへっちゃら。
まだ生まれて4か月も経っていないというのに。
このバランス感覚の良さとスタミナ。

人間の赤ちゃんじゃぁ立つのだって無理ですよね。
わんこってすごい!
これからもっと運動神経が発達していくのでしょうか?
ついて行くのが大変だわ。

隠れます

追いかけられて庭中を駆け回るのが大好きです。
でも、最近は隠れることも学びました。

ベンチの陰に隠れて、下からこっそり見ています。
ちょっとわくわく、ドキドキの顔が可愛い~♪

藪は葉が落ちてしまったので、スケスケで丸見えですが、本犬的には隠れているつもりです。

子犬なので、せっかくの隠れ家を破壊してしまうのはご愛敬。

今日は曇りで5℃。これぐらいの気温は、柴犬にとっては寒くも何ともありません。
来週は最高気温が氷点下になりそうです。
まだお腹に毛が生えてきていないので、氷点下はきついのではと心配しています。

課題がふたつ

クレートトレーニング中です。
鮭の皮でできた、とっても臭くて美味しそうで、長持ちしそうな噛むおやつをクレートの中へ。
何とかしておやつだけ取り出せないかと、頭を突っ込んでいます。

残念ながらそれは無理で、おやつ共々閉じ込められました。

この状態で2回ほど放って置いたら、ギャンギャンとすごい勢いで30分泣き続けだったので、前回から私達が周りに居ることにしました。
そうするとクンクンは言うものの、かなりマシになり、2回目の今日はおやつを噛む余裕も出てきました。
実は3日後に用事があって、5時間ほどひとりにしないといけません。
頑張って耐えて欲しいものです。

大輔はストレスを感じると寝てしまう子だったので、クレートトレーニングがものすごく楽でした。
入れると、そのまま寝てしまいましたから。
姫は大翔タイプだったのですが、大輔が周りにいたので、ひとりでクレートに入れられても泣くこともありませんでした。
楽させてもらっていたんだな~と、改めて大輔に感謝です。

もう一つの課題が車に慣れること。
車では私の膝にいるのですが、ずっとブルブルと震えています。
昨日はわんこOKのお店へ買い物に。

来ていた犬好きの客にナデナデしてもらって、尻尾をぶんぶんで大喜び。

お店の看板犬にしたいぐらい可愛いでしょ?
ところが、それから車に戻った途端に、またどんよりでした。
ここでは車に乗らないとどこへも行けないので、慣れてもらうしかないのです。頑張ろ~!

*今日、はじめて大翔がワンと啼くのを聞きました。
今までクンクンとかギャンギャンとかはあったのですが、ダンナがネットで何かを見ていて怪しい音がしたので、「ワン!」。
立派な番犬に慣れる日も近い?

枝の剪定中?

最近、日中の気温が3、4℃です。
元気な大翔は外が大好き。
お付き合いして、外に居る人間のことも考えていただきたいもの。

木の枝、剪定中。

落ちていた木の枝も見逃しません。

こちらは木の皮です。薪にするために切った木から剥がれたもの。

朝晩に霜柱が出来たのが、日中には溶けて、地面がどろどろになります。
そんなところを気にせず歩き、水たまりの泥水を飲んでしまいます。
やめて~と言うと、止めてくれるのですが、すぐにまたやります。(;_:)

泥の上にも平気で座ります。
またお風呂場行、決定です。

パピークラス

とってもお疲れの大翔くんです。

初めてのパピークラスでした。
1回目だったので、インストラクターの人のお話が主で、他のわんこと遊ぶ機会はありませんでした。
けれど、とても良い子にしてくれました。

上は「こっち見て~」の練習中。
おやつをたくさんもらえるので、幸せな大翔。

これで終わりかと思ったら、ダディーのバイクショップにもつき合わされました。

店員さんから可愛いねーと言われて、親ばか飼い主は大満足。

それから別のお店を2軒も回って、帰りました。
1軒目ではサンタと一緒の写真を撮ってもらいました。
1週間で出来上がるそうです。お楽しみに。
2軒目は私達のクリスマスプレゼントを買いに。
わんこOKのお店なのですが、人が多すぎたので、ずっと私が抱っこでした。

まだ車での移動に慣れません。
車の中では私に抱っこされながらぶるぶる震えています。
少しづつ色々な事に慣れていってくれますように。

隠れている。。。つもり

最近の大翔のお気に入りの場所。
花壇の一部、まだ花が少しだけ咲いているところがあります。
そこに潜り込んで、たまには枯れている茎を齧ってみたりして。

誰かが探しに来てくれるのを待っています。
見つかると飛び出して、庭中を走り回るのが楽しんだな~♪

ワシントンDC

大翔を受け取りに日本に里帰りする前に、ワシントンDCとトロントに行きました。
そして、トロントから直接日本へ。通算すると1か月ぐらい家を空けていたことになります。
忘れないうちにワシントンレポを。

友人宅に泊まらせてもらいました。
友人は自分のアパートを私達に明け渡し、彼女宅で居候。すみませんね~。
お陰で快適に過ごせました。

ワシントンに赴任している友人家族にも会えました。
ワシントンならたくさん友達が遊びに来ることと思ったのですが、友人曰く、今のホワイトハウスの主が不評な為、誰も遊びに来ないのだとか。

私達も実は、どうしようか迷いました。今のアメリカにはあんまり魅力を感じないな~と。
ですが、行ってみたワシントンDCの印象はとても良いものでした。
北部と南部の境目にあるせいか、南部的なもてなしの精神があって、道行く人やお店の人がとても親切でした。

主にスミソニアン美術館、博物館を堪能。入場料は全館無料です!
ジェームズ・スミソンってイギリス人の科学者でした。
1回もアメリカに行ったことがなかったこの人が1848年に寄贈した遺産を基に協会が作られました。
今では各種博物館や研究センターなど、色々な運営をしています。

美術館にはフェルメールの絵が2点。

今回の里帰りの間に日本でもフェルメール展がありました。
でも、大翔に夢中で、行きそびれました。うう、残念。

モダンアートのセクションに突然パイ屋が?

ではなくて、これアートです。
モダンアートは、今ひとつ理解できないのが多いです。

下のはハーシュホーン美術館のもの。

えーっと、お掃除中ですか?
などと、写真を撮らせてしまうぐらいなのですから、やっぱりアートなのでしょうねぇ。

もう一つ、スミソニアン系のレンウィックギャラリーでバーニングマン(Burning Man)の特別展が開催されていました。
バーニングマンとは毎年ネバダの砂漠で開かれるアート系のイベントです。

大きなキノコが開いたり閉じたりしたり、

こんな幻想的な展示も。
ネバダの砂漠に行ってみたくなりました。

アートではないのですが、モダンアートのセクションでパーティの準備が進んでいました。
それぞれのテーブルにテーブルクロスと同じ色の生花が飾られていました。
素敵な演出ですね~♪

もうひとつ、ダンナがどうしても行きたかった航空宇宙博物館です。


面白かったですが、私はもう少し未来への夢がある展示を期待していたので、ちょっとがっかり。
過去の飛行機やロケットの展示が主でした。

大翔が出てこなくてがっかりした方々の為に、今朝起きたばかりで、私の指を齧る大翔を。

作業中

大翔くん、我が家の王子様ですが、仕事も持っています。

土木工事、穴掘り係です。
日本の裏側はブラジルらしいですが、カナダの裏側は何処の国なのでしょう?
順調に掘り進めています。カナダの裏側が分かる日も近いかも?

動画でも作業の様子をご覧ください。

作業の後は、

お風呂場で足を洗わねば(><)