自動車レース

先週末は新移住者の会の自動車レースの日でした。
レースと言っても、速さを競うのではありません。
レースコースの指示に従って、質問に答えながら、町を走ります。
例えば、「ハービーアベニューをまっすぐ走り、最初の信号で右に曲がる。アールデコ風の家が見える。その家の番地を答えよ。。。」と言ったような感じです。

正解の多いチームがレースの勝者。同点の場合は走行距離が短いチームが勝ちです。

面白そうでしょう?

ところが、私達、去年の勝者だったので、今年は企画チームを引き受ける羽目になってしまいました。コースの設定やら、参加者への連絡やら、ゴールの設定やら、2ヶ月ぐらい前から忙しかったのでした。

やっと当日を迎えました。
スタート地点で、レースコースと質問票を手渡します。
13台の車が参加。5分刻みで出発です。

car rally start

全部の車が出発してからゴール地点へと急ぎました。
ゴールはウチの近所のワイナリー。快く引き受けてくれました。
ピクニックをする場所があるので、助かります。お昼はそれぞれ持参です。

お天気も良く、絶好のレース日和でした。
スムーズにいってホッとしました。

car rally finish

私達は押し付けられた形になってしまったので、今年の勝者は来年の企画をするか、それとも、番号を引いて、企画するチームを決めるかどちらか選べる方式にしました。
でも、勝ったチームが快く企画を引き受けてくれることに。
私達、来年は参加しますとも!

洪水で

旅レポの途中ですが、洪水情報を。
去年に引き続きの異常気象で、雨が続いていると思っていたら、小川が氾濫して、避難警告まで出る始末です。
下の写真は地元のCastanetというネットニュースから借用しました。

普段は水がちょろちょろ流れているだけの近所の小川もこんなです。

ここだけではなく、バンクーバーやオタワ、モントリオールなど、カナダのあちこちで洪水の被害が出ています。洪水のせいで水道の水も質が低下しているとか。

こんな時には丘の上に住んでいて、井戸水を使っていて良かったーと思いますが、被害に遭った方々はさぞかし大変なことと思います。早く水が引いてくれますように。

町の催し

やっと大寒波を抜け出した今日この頃。
日本ではもう春の花が咲きだしているところもあるようですね。なんとうらやましい。

寒さに負けるな~と色々な催しに参加しています。
先週は地元のテレビ局を訪れました。
ニュースキャスターがニュースを伝えている時、その背景ってグリーンスクリーンになっているのです。ご存知でした? このスクリーンに色々な映像を投影するのですね。
お天気予報のキャスターが都市を指さして予報を伝える時に、場所が見つけやすいように、あちらこちらに緑色のテープが貼ってありました。もちろんモニターはありますが、バンクーバー周辺のお天気は晴れで、トロントでは雨ですって言っている時、実際は緑のスクリーンを指さしているだけなのです。
そして、カメラもカメラマンが撮影しているのではなく、全自動なのだそうです。
技術の進歩を実感してしまいました。

global news

“dine around”と言う催しにも参加しました。
町の色々なレストランがこの期間だけ特別メニューを提供してくれます。
フルコースで25、35、45ドル(内容によって値段が変わります)はお得~!
友人カップルと4人でその中のひとつのレストランに行ってみました。
下の写真は私のメイン、鴨のコンフィ、リゾット添え。鴨の皮がパリパリで美味しかったです。

dine around

姫が参加する地元の催しは、家の周りを歩き回ることだけ。

nap time

ですが、地元の寒さのおかげで、足の裏の毛がこんなにフサフサになっています。
冷たい雪の上を歩かないといけませんから。

hair

姫の足の裏、頑張ってくれています。
早く春になるといいね~。

ポークリブ祭り

ダウンタウンの湖のほとりの公園でのポークリブ祭りに行ってみました。

BBQ rib signs

派手~な看板を見よ~。

BBQ rib signs

これだけ派手だと、BBQリブ、食べなきゃっていう気持ちになるではないですか!

BBQ rib signs

どの看板のを食べようか迷ったのですが、ここのお店は前にずらっと薪が飾ってあったので、「おお、本格的に薪でBBQなのね~!」と、ここにしました。本当は飾ってあっただけかもしれません。リブに気を取られていたので、真偽は不明です(笑)

bbq

カナダの公園では普通はアルコールは禁止です。ですが、特別に囲いがしてある場所がありました。
19才以上ならば入場可能で、アルコールが買えました。
ポークリブにはやっぱりビールでしょう~♪

rib

BBQリブにチキン、コールスローにベイクドビーンズで、楽しい昼のひと時になったのでした。

先客万来の日々

ダンナの従姉夫婦がケローナに引っ越してきました。
旦那同士が親しい友達で、家を建てる前から一緒に土地観測をしてくれたり、敷地のどこに建てるのがいちばん良いのかを考えてくれたり、建築中にもいろいろと相談に乗ってくれていました。我が家の土地を購入したのが、かれこれ12年ぐらい前なのですが、その間に土地を見に来てくれたりしているうちに、すっかりケローナが気に入ってしまったのです。
気に入った家を購入するまで、一か月ぐらいの間、我が家に泊まっていました。

7月1日に従姉夫婦が新居に引っ越した後、すぐにダンナの姉夫婦が遊びに来ました。
そのふたりが帰った翌日に、今度は日本からのお客様でした。
来客が多いのは嬉しいことですが、さすがに疲れてしまいました。

下の写真は家の周りの庭づくりの参考にと、きれいな住宅街を見て回った時のもの。
1軒のお宅の玄関先がラベンダーに埋もれていました。

lavender entrance

お花もきれいですが、匂いも良くて、幸せ~な気持ちになりました。

lavenders

我が家の庭にも植えてみたのですが、ここまでになるにはどれぐらいかかるのでしょうね~。

ガーデンセンター

ガーデンセンターの見学に行ってきました。

garden center

ケローナには「新移住者の会」があって、ケローナに新しく引っ越してきた人なら誰でも入会できます。
入会してから3年間に限って在籍できます。
新しい家に引っ越すまでは暇がなかったので、最近ようやく入会しました。
ゴルフにグルメにアートなどなど、色々なグループがあって、好きなグループに参加します。
この間の製材工場もそうだったのですが、今回もその中のツアーのグループの企画です。

ガーデンセンターは誰でも見に行けますが、今回は普通では見れない卸売り部門を中心に見学させてもらいました。
ハンギングバスケットがずら~っと。全部で何と4万5千鉢あるのだそうです。

hanging baskets

こちらは冷蔵貯蔵場所。
木はこうして長い間保存しておけるのだそうです。

cold storage

今が忙しさの真っ盛りで、5月末までがピーク。
1年間の売り上げのほとんどがこの時期に集中するのだそうです。
暖かくなると、お花が欲しくなるのは洋の東西を問いませんねー。

lilies

ユリの鉢はもうすでに小売りの場所の名前と値段までつけられていました。
こうしてすぐ売れるようにして出荷されます。

小売部門にあった、エンペラー・ワンと言う名前の紅葉。
庭に小さな日本庭園を作って、日本の紅葉を植えたいのです。
ここにあったのはすべて売却済みでした。
人気があるのですねー。

japanese maple

マーケット

毎週土曜日と水曜日にはファーマーズマーケットが開かれます。

market

フランスのマルシェを思い出してしまいます。
ケローナのマーケットには魚はありませんが、豚肉とラムと牛肉のお店はあります。
そして、新鮮な野菜や果物がどっさり!

この果物屋さんの箱には「白馬」の文字が。
ググってみると、信州白馬村は果物の産地のようです。
何か関係があるのかもしれません。

2015_8_15fmarket

いちばん近くの果樹園農家で2日前にもフルーツを買いました。
箱にどっさり入ったネクタリン、プラムにプルーン♪
丁度、義姉夫婦が遊びに来ているので、たくさん消費できて助かります。
ダンナとふたりだけだったら、こんなに食べきれません。

2015_8_15fruits

ケローナがフルーツの産地だとは知っていましたが、想像以上に果物が豊富で、びっくりです。

ブロックパーティ

ダウンタウンでブロックパーティがありました。
メインストリートのひとつが歩行者天国になり、たくさんの出店が出ていました。

block party

そして、湖の近くの公園では、

agility

アジリティーが開催されていました。
通りでもわんこ連れが多かったのはこのせいだったのかも。
色々な種類のわんこが出場していました。

姫はアジリティーが好きでしたが、他のわんこを襲うので失格。
大輔は最初からあまりやる気がなく、2回以上同じことを繰り返すと嫌気がさしてしまったのでダメでした。
わんこと一緒にアジリティー、、、楽しそうでした。

臭い話

ここ1週間ほど妙に家の中がドブ臭くて仕方がありませんでした。
家の地下はまだ全くと言っていいほど手を付けていません。
ただ、配管はしてもらってあるので、使っていないシャワーの排水パイプのU字型の部分の水がなくなって、臭気が上がってきているのが原因かも?と水を大量に流してみました。

。。。まだ臭います。

建設中にワイン室にネズミが出没し、ネズミ取りを仕掛けないといけなかったことがありました。
作業をしている人々がワイン室のドアと玄関のドアを開けっぱなしにしていたせいです。
引っ越してきてからは出ていないのですが、ひょっとして、作業中に壁の中や床下、もしくは荷物の中に入り込んでしまって、出られなくなって、その死体が臭っているのかも!?
ググってみると、ネズミの死体が臭わなくなるまでに3週間はかかるとか。ぞぞぞ~っ。

それとも、配水管に不備があって、汚水が漏れている!?

ドブの臭気の中、憂鬱になりながら、鼻をひくひくさせて臭いの元を探して家中を歩き回りました。
やっぱり地下がいちばん臭います。
まだ開けていない引っ越し荷物の箱がたくさん積んである場所が特に臭い!
ダンナと一緒に、一つ一つ箱を開け、中の臭いをクンクン。
正確にいえば、箱を開けるのがダンナで、クンクンしたのは私です。
ダンナは私ほど匂いに敏感ではありません。これって性差によるものなのでしょうかねぇ?
ともあれ、10個以上の箱をクンクンしたのですが、全部合格でした。
で、今度は反対側の箱~と数個の箱をずらすと、、、

臭うものがあったのです。
これです。

smell!

ゆくゆくは地下にも小さなキッチンを付けたいと、シンクの配管もしてもらってあります。
その配管に蓋がしてなかったのでした。
そこから下水の臭気が上がってきて、臭い、臭い、臭い!!
サランラップと建築用のテープで塞ぎました。

やっとこれで、心安らかに生活できます(感涙)

もうひとつ災難の話です。
例年以上に晴れの日が続き、乾燥しているので、BC州のあっちこっちで山火事が起きてます。
これは対岸の火事。
すでに鎮火しましたが、一時は付近の住民に避難命令が出たりして、大変でした。
我が家もいざという時の為に大事なものはひとまとめにしてあります。

fire

良くない話が続いたので、最後に可愛い大姫の写真を。
大輔が1歳と7ヶ月、姫が6か月です。
この時に帰れたらな~と切に思います。
愛しの大輔が逝ってしまってから、ちょうど11か月です。

dai and hime

Hopeにて

クリスマスはバンクーバーのダンナのお姉さん一家のところで過ごしました。
途中雪になるのを予想して、ウチの車ではなくて、レンタカーしました。
滑るのを防ぐために道路に塩と砂利を撒くので、車にはとてもよくない環境なのです。

on the way to Vancouver
案の定、雪が降って、道路はジャリジャリ。
ですが、バンクーバーの行き帰りには必ず立ち寄るHopeという町の近くになると、晴れてきました。
しかも、虹まで出てました!

Hope
今年は大輔が亡くなって、とても悲しい年でした。
そんな私達に、Hope(希望)という町で、クリスマスイブに虹を見せてくれるなんて。
お天気の神様の思いやりでしょうか。

この町に必ず立ち寄るのは、ここにBlue Moose coffee houseというとても美味しいコーヒーを飲ませてくれるお店があるからです。日替わりのスープとスコーンのセットもおすすめです。
ここで、心もお腹も暖かくなって、お天気に恵まれながらバンクーバーへと向かいました。

今年も残り少なくなりました。
皆様、新年の準備にお忙しいことと思います。
大掃除の合い間に、クリックお願いします!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村