母が来てくれました

母が遊びに来てくれていたので、しばらくネットから離れていました。
一緒に近所の果樹園でさくらんぼを摘んだり、

毎週土曜日の午前中に開かれるファーマーズ・マーケットに行ったり、

巣箱ですが、実用ではなく、庭の飾り用です

古い建物が保存してあるオキーフ牧場に行ったり、

投げ縄を試してみました。難しー。

大翔の散歩にも、付き合ってもらいました。

家では、花の世話や、野菜の世話をしてもらったり。

母:このキュウリは、地面に這うのか、蔓で上に伸びるのか、どっちかしらねー。
私:わからないけど、レタスに押されて、這わす場所がないので、蔓ということに。。。

収穫したチェリーでパイを作ってもらったり、

遊んでもらったり、

甘えさせてもらったり。

楽しい2週間でした。
本当はもっと長く滞在して欲しいのですが、母曰く、これぐらいが丁度よいのだそうです。ここは車を運転しないとどこへも行けないのと、日本語が通じないのがネックです。
これに懲りずに、来年も来てくださいね。
お待ちしてます~♪

庭の様子

ラベンダーのつぼみがかなり膨らんできました。植えてから3年目です。気候が合っているので、手を掛けなくても成長してくれます。

こぼれ種からそこら中にポピーが。ポピーとヤロウ、デージー、アイリス、ロシアンセージなどなどがひしめき合っている庭の一部分は良く言えば「イングリッシュガーデン」、実際は「ジャングル」です(笑)

ダンナがプランターを3つ作ってくれました。腰を曲げずに世話ができる高さです。近所の農家、荻さんで苗を買って、作り方も教えていただいています。
植えたのは、トマト、レタス、ケール、緑と赤ピーマン、しし唐、ナス、玉ねぎなど。
ふたり用なので、本数は少なめに、種類は多めにしました。

花壇を作って、ライラック、芍薬、スパイリアなども植えました。
手前の緑はズッキーニです。ズッキーニはプランターに植えずに、庭の余った場所に植えたほうが良いとのことで、ここに。
左側の枯れたようなのは、ご近所さんから頂いたラズベリー。枯れているように見えますが、来年にはちゃんと生えてくるのだそうです。美味しい実がたくさんなるのを期待しています。

ゴルフでお留守番

去年車を買い替えたのですが、その車のディーラーからの招待で、ゴルフのコンペに行ってきました。といっても、スクランブルと呼ばれる形式で、グループ4人のなかでいちばん良いドライバーショットを選んで、2打目は全員がそこから打ち、またその中でいちばん良いショットの位置から打つというのを繰り返す形式で、下手の横好きでも参加できるコンペでした。

クラブハウスでお昼を食べて、それからプレーして、夕食までついていました。
至れり尽くせりのゴルフにご機嫌でした。
唯一の気がかりは、この子。お昼から夜の9時ごろまでひとりでお留守番でした。

おりこうにしていてくれました。
私の散歩靴の中敷きをきれいに剥がし、その下のクッションをバラバラに食いちぎってくれたのはご愛敬。被害がそれだけでめでたし、めでたしでした。

アイリスの庭

庭のアイリスが満開です。

気候に合っているのか、どんどん増えるし、鹿にも食べられません。
家の周囲は鹿よけの柵で囲んだので、花が終わったら、柵の外に一部を移植しようかと思っています。

マーガレットも鹿に食べられません。こちらもどんどん増えます。

色々な花の種がミックスされているのを去年撒いてしまいました。そのこぼれ種から芽が生えて、庭の一部がジャングル状態です。

左側は自生していたヤロウが優勢ですが、埋もれるようにニンニクなんぞも植えてあります。左側はポピーが優勢。

外が大好きな大翔は日向ぼっこ中です。
大人になりかけの時期なので、少々不細工。

早く、綺麗な大人柴になって欲しいような、このまま子供でいて欲しいような。。。

日本滞在レポ、再び

頓挫してしまった日本滞在レポの続きです。
銀座の「くどう」に行った日以前に、旦那と谷中に行ったのでした。
話が前後してしまいました。
日暮里駅で降りて、谷中銀座へ。途中で昔ながらのお煎餅屋さんを発見。

何種類か買ってみました。美味しかったです。
次回行くことがあったら、もっと買わねば。
素敵なお茶碗やお茶などを買いながら、谷中銀座ぶらを楽しんだ後は昔ながらの趣のお寿司屋さんでお昼。

このお寿司屋さん、焼き穴子が人気のようでしたが、私達は普通のお寿司をいただきました。美味しかったです。
根津神社にお参りして帰りました。

「くどう」に行った日の午前中には新宿御苑にも行ったのでした。
新宿御苑には色々な種類の桜があるので、長く楽しめるのです。
私達が行った時(4月中旬)でも、ちゃんと桜が楽しめました。

こちらケローナでは今、リンゴの花が満開です。

大翔くんもお花見?

白い花が咲いているのはサスカトゥーンという名前の低木です。食べられる実がなりますが、小さな種があるので、食べにくいです。
冬平均気温-40℃にも耐えられる幹をもつ最極北の果物 なのだそうです。

子供の日に

奥様は日本人で旦那様はカナダ人 のカップルをランチに招待しました。
丁度子供の日だったので、少し遊んでみました。
兜の形の春巻き。中身は普通の春巻きで、揚げるのが苦手なので、オリーブオイルを少々振りかけて、オーブンで焼きました。まずまずの出来。

鯉のぼりのチーズケーキ。レシピはネットで検索。豆腐1丁とクリームチーズをゼラチンで固めたもの。

メインは五目ちらしだったのですが、写真を撮るのを忘れました。
美味しいものと言えば、febさんの山菜料理づくし~の話題で思い出したのですが、10日ぐらい前に大翔の散歩中に土筆がたくさん生えているのをみつけました。採ろうかと思ったのですが、ウチのダンナは食べないしーと諦めました。

大翔の登場がなかったので、写真だけ。

今日のお客様達に大喜びで、ダメーと言われているにもかかわらず、何回も飛びついて歓迎していました。犬好きのお客様で良かったー。

動物と仲良しに?

今回から日本滞在レポをと思ったのですが、大翔の行動が可愛かったので、今回も大翔ネタです。
大翔が最近気に入っている散歩場所が、ご近所さんのお庭です。
広い敷地で色々な動物を飼っています。趣味の牧場といった感じです。

ちゃんと写っていませんが、向こうに居るのはヤギです。何頭もいます。
金網にかじりつく大翔を無視して、全員草を食べるのに夢中です。
でも、他の子が近くに寄ってきてくれました。

もこもこの羊~♪ 大翔に興味津々です。
そして、この子達も寄ってきてくれました。

ポニーが2頭。

大翔はポニーや羊が遠くに離れている時はワンキャン言っていたのに、近くに来ると飛びのいて、少し離れたところで遊ぼうよポーズしています。近くまで来れないってわかっていてやっている?

大きな馬達もいます。素敵~♪

道路に落ちていたボールもゲットして、ご機嫌な大翔でした。

ご近所さんの遊歩道

我が家を含めて、ご近所さんの家の敷地は最低でも10エーカーあります。 
10エーカーって12,241坪だそうです。単位がエーカーでも坪でも大きさがよくわかりませんね。東京ドームの広さをエーカーで言うと、11.5エーカーだそうで、1エーカーはサッカーグラウンドひとつぶんだそうです。我が家の敷地は東京ドームからサッカーグラウンドひとつ半を引いた広さということになります。と言っても、ほとんどが雑木林の坂ですけれど。

それだけ敷地が広いので、ご近所さんで敷地内に遊歩道を作っているところが2軒あります。 雪も溶けたので、大翔と一緒にそのうちのひとつに行ってみました。

あちらこちらに、色々な装飾品が置いてあって楽しいのです。
あら~、木の妖精が私達の様子を見ていますね~。 

橋も架かっています。

春先なので、熊が出ないかヒヤヒヤしながらの散歩。熊除けに携帯で音楽を流しながら歩きました。音楽で気分が乗ったせいか、大翔もノリノリでした。

お笑い系?

散歩帰りの大翔くん、私道の途中で、こんなことしています。
一体何をしているのでしょう?

私道の一部に石の壁があります。
その壁を伝って上から落ちてくる雪解け水を飲んでいるのです。

家に帰ればちゃんとお水のボールがあるのに。なぜにこんなところで雪解け水を飲むのでしょう?
大輔は甘えん坊でしたが、頼れる俺様なイケメンでした。同じイケメンながら、大翔はどうやらお笑い系な気がします。

家で水を飲む時も、時々こんなことしています。

首を下げなくて済むようにと水のボールが台に置いてあるのに、これでは台の意味がないではないですか。大ちゃん、どうよ~。

散歩の後、外で干した小魚のおやつを賞味中。
暖かくなってきたので、日中はほとんど外で過ごしています。
雪が溶けて、土が顔を見せ、その上でごろごろしているので、全体的に薄汚れてきてしまっています。

昨日は8人のチェリストのグループ、”O-Celli”のコンサートに行ってきました。
チェロだけのコンサートってどんなのよ~と思っていましたが、楽しめました。
チェリストのひとりは西村志保さん、日本人女性でした。
下の写真は観客と写真を撮りたい~という演奏者達の要望で、照明さんが携帯で撮った写真です。 O-CelliのFBから拝借しました。

明けましておめでとうございます

新年も3日になってしまいました。
日本はすでに三が日を過ぎていますね。
遅まきながら、明けましておめでとうございます。

再び親ばか満載のブログですが、遊びに来ていただき、ありがとうございます。
今年も宜しくお願い致します。

皆様の新年が楽しいことで満載の年になりますように。

書初めメーカーで大翔のを作ったらこんなのでした。

あまりにも当てはまっているので笑ってしまいました。
初対面の人に会ってもこんな感じです。
柴犬って家族にしか懐かないんじゃなかったのでしょうか?

追記
上のは2018年のでした。間違えました、すみません。
今年のでやり直すと、これでした。

大翔によい事がたくさんあるってことですよね?