庭のトマトは特別!

今年はなかなか気温が上がらなかったので、庭の野菜の生育が心配でした。
ところが、7月半ばぐらいから急に暑くなり、野菜達も急成長。
プランターのトマトはジャングル状態です。

このトマト、種から育てました。その種がやってきたのはここ。

ロワール地方のお城ホテル、Chateau de la Bourdaisiereです。
2009年5月に滞在しました。
ここは700種類ものトマトのコレクションでも有名です。
パリの住まいはアパートで、庭がないにもかかわらず、せっかくなので、記念に種を買いました。2010年にオタワに帰る予定だったので、庭に植えようと思っていたのです。

この旅行では大輔と姫も一緒でした。

レオナルド・ダビンチも訪れたという広い庭を一緒に散策中。

10年以上も前の種、たぶん芽はでないだろうと諦め半分で蒔いてみたところ、驚くことに、立派に成長してくれました。
ただ、生育が遅かったので、ほとんどのトマトが未だに緑色なのが残念!

やっと赤くなったのを収穫しました。
大翔の頭と比べて下さい。ものすごく大きいでしょ?
実がしっかりとしていて、美味しいです。
大輔&姫と行った先で手に入れた種で、大翔の居る庭で出来たトマト、ものすごく貴重品なのです!

道路工事しました

舗装道路を拡張したり、修復したり、変更したりする時に不要なアスファルトがでます。それを砕いたものは道路の舗装に再利用されます。今回はそれを手に入れて、私道に敷き詰め、濡らした上からローラー車で圧縮。

私道の約半分で1日がかりの作業でした。
私はアスファルトにホースで水をかけて濡らす係だったのですが、途中で近所の人が助っ人に来てくれたので、しばらく休憩できました。
この作業をするには暑い日が最適とかで、40℃近くの気温の中での作業でした。
舗装しているのではないので、完璧に平らにはなっていないのですが、前よりずっとスムーズになりました。

下のは別の暑い日、近くの自然公園で涼みながらの散歩。

大翔は足までなら水に浸かっても平気です。気持ちよさそ~♪

今回のベーキングはベーグルと苺のパイ。
ベーグルはオタワで大好きだったベーグルショップのモントリオールベーグルを、目指しました。美味しかったのですが、もう少しもちもち感があるともっと良かったかも。
何故か苺の路地物まだ売っていたので、パイをつくってみました。
アーモンドクリームの上にカスタードクリームを重ねてあります。

姉さん座りの大翔。
この座り方、リラックスしていたり、単なる座り癖の場合と、足腰に異常がある場合とあるようです。大翔の場合はリラックスしているだけです。

暑い日には

猛暑がぶり返し、今日の日向の気温は38℃まで上がりました。
外用テーブルとソファーに囲まれたここ、暑い日の大翔の外での定位置です。
日陰で涼しく、少し風も通り、しかも落ち着く隅っこ!

それでも暑すぎる日は、ちゃんと家の中に入ってきます。
お外好きでも、温度の限度があるようです。

日本も相当暑いようですね。
皆様、熱中症にはくれぐれもお気を付けください。

収穫してます

にんにくを収穫し、編んで吊るしてみました。
茎が固くて苦戦しましたが、何とか形になったかなー。
このままどれぐらい保存できるのかが問題。

ラベンダーもどっさり採れてます。まだまだあります。
一体これをどうしたら良いのか。。。
道路脇に撒いて、芽が出てきたらラッキーということにしようかと思っています。サッシェ等にして使う分はもっと早くに収穫して、家の中に吊るしてあります。その分だけでも結構な量があります。

バラも順調に咲いてくれています~♪

骨を賞味中の大翔。収穫には何の関係もありません(笑)
ガジガジ齧って、端から少しづつ骨を食べています。
生骨なので問題ないとは思うのですが、少し齧ったところで、また今度にして貰っています。たくさん食べても大丈夫なのでしょうか。。。?

2歳になりました

大翔、8月2日に2歳になりました!
性格が良くって、良くって、もうどうしましょ~と言うぐらい良い子です。
2歳になっても元気なお子ちゃまで、全人類と全犬類を愛していて、柴なので独立していますが、甘やかされているので、甘えっ子でもあります。

ヨーグルトケーキ(デコレーションがイマイチなのは見逃しましょうー)に花火が出るロウソク。
大輔は花火には無反応で、姫は花火が出ていてもケーキにぐいぐい接近していました。
大翔は少々怖いようです。

不評によりチェンジ。

ケーキはお気に召していただけたようです。

お誕生日ディナーはフードにステーキに人参、ズッキーニ、ビーツの野菜3種。
野菜は残すかな?と思っていましたが、完食してくれました。

友達のオパールちゃんもお祝いに駆けつけてくれました。
相変わらず仲良しです。

2歳になっても変わらずにいてくれますように。

舗装しました

土と砂利と砂地だった車庫の前を舗装しました。
これは舗装の下準備の為に地面を平らにしているところです。

トラック、ボブキャット2台、ローラー車、舗装車などなどが出動。端の部分は手作業で、7人の人が朝7時から午後3時頃まで作業して完成させてくれました。デコボコがなくて歩きやすくなりました。

大翔は大きな音が苦手なので、色々な車がガーガーと音を立てての作業中は落ち着かず、家の内外をソワソワと動き回っていました。

ほっぺに黒い筋がついてます。どこで何をしてたのやら。

話は変わって、こちら、最近の「グレーテルのかまど」のレシピを使ったお菓子、「ミッフィーのバタークッキー」です。絞り出しが硬くて、まっすぐになっていないのが多いのはお見逃しを。味は一緒ですって(笑)

このお菓子、手作りバターを使っています。クッキーよりもバターを手作りしてみたかったのです。

生クリームをひたすらホイップして、分離した水分を絞ると出来上がり~。
至極簡単なのでびっくりしました。バターがなくて、生クリームしかない時(そんなときがあるのかは疑問ですが。。。)にはこれでバターが作れます。
ゲランドのお塩なんぞを加えてしまえば、大変美味しいバターになりそうです。クッキーに使わずに、バゲットにでも付けて、モリモリ食べてしまいそう。

シャンプーしました

シャンプーしました。前回のシャンプーはなんと1年2ヶ月前!
外が大好きなので、どうせシャンプーしてもすぐ汚れてしまうだろうと放置していたのですが、さすがに限界でした。

前回と同様尻尾も下げないし、泣き声もあげません。
大輔はシャンプー後は家中を走り回るタイプだったのですが、大翔は姫と同じで、一生懸命に身体を舐めて、乾かそうとするタイプです。

シャンプー後の大翔、サラサラの手触り。
ハンサムくんがよりハンサムになりました~♪

雨が多かったせいか、日ごろの丹精のせいか、4年前に植えたピンクのバラが大量の花を咲かせてくれました。花が重すぎて支えられず、茎が寝てしまうので、せっせと切り花にしました。家中にピンクのバラが溢れて幸せ~♪

ラベンダーも花盛りで、収穫に忙しいです。
こちらも大量過ぎて、どうしてよいのか悩んでいます。
来年はご近所で養蜂をしている人がいるので、蜂の巣を我が家の敷地に設置して、ラベンダーの蜂蜜を作ってもらえたらと思っています。
楽しみです。

我が家の猟犬!

家の周りにフェンスを張り巡らせて、やっと鹿の被害がなくなったと思ったら、今度はマーモットにやられました。
赤くなるのを待っていたミニトマト、食べきれないぐらい茂っていたレタス、アプリコットと柚子の新芽、大切なバラの葉っぱまで!

マーモットがまさか柵の間から庭に入って来るなんて、、、(涙)
罠を仕掛けましたが、入っている気配はありません。

そんな時に活躍してくれたのが、この子!

庭でちょろちょろしていたマーモットを追い詰め、ワンワンと吠えて知らせてくれました。そこをダンナが仕留めて、南無ー。
庭に入ってきたのが1匹だけなのかわかりませんが、今のところ、被害は広がっていません。
大翔くん、さすが柴、頼りになる猟犬です!

6月のイベント

今年の初めに1ヶ月に1回は特別なことをしようと計画していました。
1月は元旦に湖に飛び込む行事と5コースのトリュフ尽くしのディナーに参加し、
2月は圧雪車にのって山の上のレストランにディナーに出掛け、
3月は大翔と一緒にホテルバンクーバーに宿泊しました。
そこで、コロナの蔓延により、計画が涙の中断。
予定していたポルトガルとパリへの旅行もキャンセルする羽目になりました。

公式発表によれば、私達が住むBC州はそれほど発病件数が多くありません。
件数は検査した人数によって違ってくるのかもしれないので、鵜呑みには出来ませんが、それでも、同じ州内で動くのならば比較的安全のようです。
やっと最近レストランも営業を開始したので、6月のイベントとして、車で1時間半ほど南にあるワイナリー巡りをすることにしました。

へスタークリークというワイナリーのレストランから見た風景です。
バラとラベンダーが咲き乱れ、遠くにブドウ畑が広がっています。
レストランでの食事は3ヶ月ぶりでした。
この他に2軒のワイナリーで試飲し、チーズ屋も兼ねているもう1軒でチーズを2種類買ってきました。

大翔はこの時は良い子でお留守番していてくれました。
これはその翌日のこと。

何故吠えているのかと言うと、

この小さいのは、たぶんガータースネーク。
毒はないのですが、大翔が噛まれたら大変なので、引き離しました。

散歩とその前後

庭のデイジー畑にポピーが乱入中。

散歩前の大翔です。

ハーネスを付けようとする私と逃げる大翔で、部屋の中をぐるぐる追いかけっこするのが散歩前の行事です。逃げる心の準備をしている大翔、ちょい悪の顔をしています。

散歩中です。

道路脇にタンポポの綿毛が積もっていました。

散歩の後にお気に入りの場所で休憩。大翔の隣にあるのはワインを定期購入しているワイナリーで購入したワイン樽です。上に置いてあるガラスは別に注文しました。

ダンナは長年ワインのコルクを集めていて、そんなものをどうするのーと私に文句を言われていたのですが、やっと使い道が見つかったようです。

当然ながら、これが持っているコルク全部ではなく、まだまだたくさんあるのですけれど。