城とマナーハウス

この日は雨模様。それならばお城見学でもと、やってきたのが、スードリー城です。悪名高きヘンリー8世、その6番目で最後の妃のキャサリンは、36歳で亡くなる前の1年間、ここで暮らしました。9日間だけ王位について、その後処刑されてしまったジェーン・グレイもここで過ごしたことがあるそうです。

今ある建物は15世紀のチューダー様式のもので、12世紀にあった城跡に建てられたのではないかと言われています。 よく手入れされた庭が有名です。雨だったのが残念!
17世紀半ばから19世紀半ばまで放置されていた城を、裕福な皮商人が買い取り、修復を開始、それ以降、子孫に代々受け継がれてきました。1972年に当主が亡くなり、その後、アメリカ人の未亡人はアシュコーム男爵と再婚しますが、引き続き城の経営に当たり、現在は前夫との子供達も経営にかかわっているとか。
シェークスピア劇とTVシリーズのダウントン・アビーの世界を一緒くたにしたような、長い歴史が刻まれたお城なのでした。

お昼は相変わらずパブでしょ~。ビールも欠かせません(笑)

典型的な日曜日のランチです。ローストビーフにヨークシャプディング、ポテトに茹でた野菜。不味くはないのですが、特に美味しかったかと聞かれると、ちょっと返答に困るような。。。

お腹がいっぱいになった後は、ブロードウェイというきれいな村へ。今日の泊りはこの近くです。

ダンブルトン・ホール、昔の領主の館を改装したホテルです。1690年に建てられ、その後荒廃し、1832年に改築されました。1960年以降は郵便局職員の保養所になり、1996年に一般の人が使えるホテルになったそうです。

ここ、ネットで特別価格を見つけてしまい、即予約でした。
朝食と3コースの夕食付で、おまけに熊のぬいぐるみまでついてきて、ふたりで1泊が2万円弱でした。お買い得でしょ~!

夕食のメイン、私のはレバーで、ダンナのはチキン(たぶん)

近所の村からは離れていて、部屋や設備は古びていますが、1泊だけなら充分でした。19エーカーある庭で、散策を楽しみました。

4 comments

  1. 愛ちゃんママ says:

    カナダはやはり寒いですね!
    大翔君は7度の庭で爆睡なんて!
    やっぱり柴犬ですね!
    愛ちゃんも雪がふると大喜びで走り回ったり
    寝そべったりしていましたから!
    イギリスの郊外のお城は見た目は地味ですが
    内部はどうなのでしょう?
    19エーカーの庭とは広いですね!
    広すぎてイマージが湧きません。
    最後の黒い鳥は黒白鳥でしょうか?
    くちばしの赤いのがお洒落です。
    イギリスのビールは冷やしてなかったような
    気がするのですが、そうでしたか?

    • シオン says:

      今日は少し暖かめで14℃ぐらいでした。
      大翔はもちろん日中は外で過ごしていました。
      柴犬は少し寒いぐらいが丁度よいのですよね。

      スードリー城は地味な感じでした。
      イギリスでももっと派手なお城もあるではないかと思います。
      イギリスのビールは室温が基本です。
      たまに冷えているビールがでてくると、おっ!と嬉しくなりました(笑)

  2. says:

    古いお城は手入れも大変で、維持費も掛かるでしょうね。
    でも受け継いで保存していく人がいてくれて安心ですね。
    良いホテルが取れて良かったですね。

    • シオン says:

      維持費は掛かるでしょうねー。
      そのせいか、どこも入場料が高めでした。
      維持できれば良いですが、できずに廃墟になっているところも多いのではと思います。
      一般の町でも、外観を変えられなかったり、新しい家も、古い街並みに合わせた外観にしてあるところもあったりしました。
      色々な建物が統一なく共存している東京も、違った意味で面白いと思うのですが、どちらがよいのでしょうねー。

Leave a Reply

Your email address will not be published.