博物館と動物園

ウィニペグ滞在4日目にはHuman Right Museum (人権博物館)に行きました。

重い問題に果敢に挑戦している博物館で、展示は見応えがありました。
建物自体のデザインもユニークです。下のは各階を結ぶスロープ。階段はありません。

その後、車をレンタルして、夫が以前住んでいた場所を巡りました。
5軒のうち4軒の家が現存していました。

こんな所にも行きました。

日本製品がずらり〜♪ 「OOMOMO」という妙な名前のお店です。
ダイソーの姉妹店なのでしょうか?結構な大型店舗です。
そして、なぜこれがウィニペグにあるのかも疑問。
最近、飛行機の遅延や欠航が相次いでいるので、今回の旅行は手荷物のみでした。
実際に、行きも帰りも遅延して、行きの乗り継ぎ便は後2分遅かったら、乗り遅れる所でした。
帰り便は事前に遅れることがわかっていたのですが、到着が遅くなるので、経由地を変えてもらうために電話したところ、保留も含めて3時間かかりました。
という訳で、手荷物だけにしたのは大正解だったのですが、このお店で大量買いができなかったことが心残りでした。

翌日はまず動物園へ。
日本では「クマのプーさん」で知られているクマさん、本名はWinne the Pooh (ウィニー・ザ・プー)といいます。このプーさんと一緒にいる男の子はクリストファー・ロビン。この男の子の名前は作者の息子の名前で、ウィニーというのは息子が持っていた熊のぬいぐるみの名前。それはその当時ロンドン動物園で人気を集めていたウィニペグから来た雌の黒熊の名前にちなんだものだったそうです。
で、この動物園にも何かプーさんにちなんだお土産品なんぞがあるかもーと期待していたのですが、全くそんな気配もありませんでした(笑)

ともあれ、この動物園の見どころのひとつは

白熊が泳いでいるところが見えるところ。
基本的に動物を捕らえて閉じ込めている動物園は好きではないのですが、ここの動物園は白熊の保護に力を入れています。親にはぐれた子熊を保護し、自然に帰れるようになるまで育てています。そういう点は評価できると思いました。

蝶園ではひらひらと舞う色とりどりの蝶にうっとりでした。
夫の帽子の飾りになっている蝶。
出入りの際には蝶が外に出ないように、気をつけなければいけません。

そして楽しかったのが、ここ。

恐竜園です。
生きた子達を捕まえてこないで、展示動物は全部こういうのにしたらいいのにねー。

6 comments

  1. says:

    楽しい旅でしたね。飛行機の時間の問題が無ければ
    買い物も沢山出来たでしょうね。
    恐竜の動く動物園て珍しく楽しそう。

    • シオン says:

      バンクーバーにも同じ店があるらしいので、次回にはそこで買い込んできたいと思っています。
      ウィニペグの動物園は思っていたよりも楽しめました。
      旅のおまけがコロナだったのだけが、残念ですー(涙)

  2. 小米花 says:

    ウィニペグの旅レポ見せて頂きました。
    素敵な所なのですね~。

    ウィニペグ??聞いたことがある街なんですよ。
    凜のパパに聞きました。
    やっぱり、2011年にカナダ横断鉄道カナディアン号に乗ったとき、寄った街でした。
    4時間の停車時間があったようで、街を見て歩いていたんですね~。
    その時のブログ記事のURLを貼っておきますので、良かったらみてくださいませ。
    古い建物が残る地区などがあり、北のシカゴと呼ばれている魅力的な街なのですね。

    http://rinnopapa60.livedoor.blog/archives/696455.html

    日本から出て旅をする日が来るのか、、、少し不安ですが望みは捨てきれてないのですけどね・・・。

    • シオン says:

      凛パパさんのブログ、見せていただきました!
      4時間の停車時間に精力的にみて回られましたね。
      古い建物がある地区、エクスチェンジ・ディストリクトと呼ばれています。
      私達も散策しましたが、凛パパさんの写真の方が素敵〜!
      堪能させていただきました。
      カナダ鉄道、定時に運行しないことで有名らしいです。
      遅れることを想定していないといけないとか。
      日本の電車に慣れていると、イライラしそうですね。

      • 小米花 says:

        早速ブログを見て下さってありがとうございます!
        確かにカナダの鉄道はのんびりとしているとか・・・。
        凜パパは鉄道に乗りに行ったので、その遅れも楽しんでいたようです。
        とにかく鉄道に乗っていたり、傍にいたりすることが楽しかったみたいですヨ・・・。

        • シオン says:

          凛パパさんが鉄道好きでよかったです。
          一般のカナダ人の間では、「必ず遅れてくる電車」として、悪評高いようです。
          今回、ウィニペグに電車で行こうかという案もあったのですが、バンクーバーまで行って乗らないといけないし、時間がかかるので却下になりました。
          でも、遅延覚悟で、一度は乗ってみたいです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.