ワシントンDC

大翔を受け取りに日本に里帰りする前に、ワシントンDCとトロントに行きました。
そして、トロントから直接日本へ。通算すると1か月ぐらい家を空けていたことになります。
忘れないうちにワシントンレポを。

友人宅に泊まらせてもらいました。
友人は自分のアパートを私達に明け渡し、彼女宅で居候。すみませんね~。
お陰で快適に過ごせました。

ワシントンに赴任している友人家族にも会えました。
ワシントンならたくさん友達が遊びに来ることと思ったのですが、友人曰く、今のホワイトハウスの主が不評な為、誰も遊びに来ないのだとか。

私達も実は、どうしようか迷いました。今のアメリカにはあんまり魅力を感じないな~と。
ですが、行ってみたワシントンDCの印象はとても良いものでした。
北部と南部の境目にあるせいか、南部的なもてなしの精神があって、道行く人やお店の人がとても親切でした。

主にスミソニアン美術館、博物館を堪能。入場料は全館無料です!
ジェームズ・スミソンってイギリス人の科学者でした。
1回もアメリカに行ったことがなかったこの人が1848年に寄贈した遺産を基に協会が作られました。
今では各種博物館や研究センターなど、色々な運営をしています。

美術館にはフェルメールの絵が2点。

今回の里帰りの間に日本でもフェルメール展がありました。
でも、大翔に夢中で、行きそびれました。うう、残念。

モダンアートのセクションに突然パイ屋が?

ではなくて、これアートです。
モダンアートは、今ひとつ理解できないのが多いです。

下のはハーシュホーン美術館のもの。

えーっと、お掃除中ですか?
などと、写真を撮らせてしまうぐらいなのですから、やっぱりアートなのでしょうねぇ。

もう一つ、スミソニアン系のレンウィックギャラリーでバーニングマン(Burning Man)の特別展が開催されていました。
バーニングマンとは毎年ネバダの砂漠で開かれるアート系のイベントです。

大きなキノコが開いたり閉じたりしたり、

こんな幻想的な展示も。
ネバダの砂漠に行ってみたくなりました。

アートではないのですが、モダンアートのセクションでパーティの準備が進んでいました。
それぞれのテーブルにテーブルクロスと同じ色の生花が飾られていました。
素敵な演出ですね~♪

もうひとつ、ダンナがどうしても行きたかった航空宇宙博物館です。


面白かったですが、私はもう少し未来への夢がある展示を期待していたので、ちょっとがっかり。
過去の飛行機やロケットの展示が主でした。

大翔が出てこなくてがっかりした方々の為に、今朝起きたばかりで、私の指を齧る大翔を。

4 comments

  1. 愛ちゃんママ says:

    ワシントンDCは私たちもアメリカに1年間住んでいた時に
    行っておけばよかったと思う場所です。
    でも20代の若い時でしたのでいつでもいけると思って
    行かなかったのですがチャンスってそんなにはないのですよね!
    やっぱり思った時に行くべきですね!

    大翔君のアングルすごいですね!
    がっつり噛んでいる大ちゃんもすごいですが
    噛ませているシオンさんもすごいです!

    • シオン says:

      私的にもDCに行くよりもヨーロッパに行きたい気がします。
      友達が何人かいるのと、トロントに用事があったので行きました。
      トロントからだと飛行機で一時間ちょっとで行けます。

      私の手と指には噛み痕で赤い点々が散らばってます。
      段々慣れてきてしまいましたー。

  2. feb says:

    女子会無事終わりました。
    愛ちゃんママさんはお口が良く動く。
    でも・・・お皿の上の料理はなくならないの。
    不思議でしょう。
    私のお皿の上の料理はすぐなくなるよ。
    すごく楽しかったです。

    クリスマスの時期のDCに行きたいな。
    私の好きな小説で
    「大統領のクリスマスツリー」の舞台はDC
    大統領クリスマスツリーをいつか見に行きたい!

    • シオン says:

      女子会、参加したかったですー。
      美味しい食事と、おしゃべり、健康の秘訣ですね♪
      クリスマス時期のDC、う~ん、良さそう。
      クリスマス時期のNYは何回か行ったことがあります。
      寒いけど、色々なお店の飾りつけが素敵でした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.