ワシントン州からオレゴン州へ

2日目です。
この日にまず目指したのが、アラスカ州シシリーです。

え?

ワシントン州からどうやってアラスカまで行くのかって?

アラスカ州シシリー、実は、架空の町です。
1990年から5年間続いたテレビシリーズ、”ノーザンエクスポージャー(Northern Exposure)”の舞台となった町で、実際の撮影はワシントン州のロズリンという町で行われました。


この番組のファンでした。寄って行かねば~。
わくわくしながら、この小さな町中へ車を走らせました。
ところが、撮影現場でしたとか、何とか看板でもあるかと思ったのですが、全く何もなかったのでした。
20年以上前の番組じゃぁ、古すぎたのでしょうか。(´・ω・`)

かろうじて、番組の中に出てきたロズリンカフェだけはありました。
番組を見ていた時は、ロズリンカフェという名前は、ただ単にこのコーヒーショップの名前なだけだと思っていたのですが、町の名前だったのです。

20年前もさびれ方は同じでした。

さびれついでに、もう1カ所寄り道です。
こちらは本物の「ほぼ」ゴーストタウン、オレゴン州シャニコです。
「ほぼ」というのは、人口が20-25人だからで、冬の間はもっと南の暖かい地方に住んでいて、夏の間だけ帰ってくる人達も含めての数です。
オレゴン一のゴーストタウンとして有名なのだそうです(笑)
唯一営業していた小さなお店の従業員の人によれば、夏のフェスティバルには信じられないぐらいの数の観光客で溢れかえるのだそうです。
ちょっと想像できませんねー。

この日の目的地はオレゴン州ベンドでした。
こじんまりとしたきれいな町です。

この町、ただ綺麗なだけではありません。レストランはたくさんあるし、地ビールの醸造所もたくさん。
昔は「アメリカのビール=不味い!」だったのですが、近年は地ビールの台頭で美味しいビールが飲めるようになってきました。

ここでの宿泊先はマックメナミンズ・オールド・セント・フランシス(長いぞ~)。
古い学校を改造したホテルで、ビールの醸造所も持ってます。
ホテルにはパブが4カ所、トルコ風呂に映画館まであって、楽しい夜は保証付き。

レブンワースからベンドまで7時間以上のドライブ。
ドライバーはダンナですが、アシスタントも疲れるのですー。ホントですって。
ホテルの離れの3階の隠れ家のようなパブで飲んで、次の日のドライブに向けて英気を養ったのでした。

4 comments

  1. says:

    錆びれた田舎町(村)の様ですね、20年前の映画の中の看板が何より有ったのに驚きです。
    泊まる所が有って、良かったですね。次回楽しみにしています。

    • シオン says:

      泊ったところは比較的大きな町でした。
      おしゃれなレストランも多く、景色も良く、楽しめました。
      この次に泊まったところは特に特徴がなくて、残念だったので、少々割愛気味の記事になりそうです。

  2. ともぞ~ says:

    きれいな町ですね。ほんと~景色もとっても綺麗です。
    テレビ番組で見ていた場所に実際に行けると、なんだかワクワクしちゃいますね。
    寒い冬がようやく終わって、お出かけも旅行も気持ちの良い季節ですねっ

    それから、シオンさん!コメントしようと思いながら今になってしまったのだけど・・・
    ブログずっと続けて下さいね。
    大ちゃん姫ちゃんの思い出も沢山詰まってるし、シオンさんと繋がっていられるところと思っています。
    なので、これからも・・・ね*^^*

    • シオン says:

      ともぞ~さん、ありがとうございます!
      ブログ、細々と続けて行きたいと思っています。
      ともぞ~さんとはFBでも繋がってますからー。
      読み逃げで申し訳ないですが、風楽ちゃん、ともぞ~さんとお姉さん、陰ながら力いっぱい応援してます!
      これからも宜しくお願い致します!

Leave a Reply

Your email address will not be published.