キャンベルリバーその2

キャンベルリバーは鮭釣りのメッカとして知られています。
Tyee Clubという有名な会があって、30ポンド(約13.6kg)以上の鮭を吊り上げないと会員になれない決まりになっています。Tyeeというのは先住民の言葉で「チーフ」を意味するのだとか。

あちらこちらで釣りをしている人々をみかけました。

ですが、魚を釣り上げているところはただの1回も見ませんでした。
何故でしょ~。

魚を釣る人々を横目で見ながら、私達は州立公園でハイキング。
まずは、近くのエルクフォール公園へ。
こんな長~い吊り橋が迎えてくれました。

吊り橋からエルク滝がよく見えました。

長いハイキングコースもあるのですが、軟弱カップルは1時間ぐらいの短い距離で十分楽しみました。

翌日はStrathcona州立公園へ。
ここはBC州でいちばん古く、バンクーバー島でいちばん大きな(‎2,458.07 kmp>2)公園だそうです。

森林浴の発想って日本発祥ですが、最近はこちらでも取り上げられるようになっています。科学的にも効果が実証されているそうですね。

日本は涼しくなってきているのでしょうか?
こちらは相変わらず30℃以上、お天気ぃぃぃ~!の日が続いています。雨らしい雨は2ヶ月以上も降っていません。清涼の意味も込めて、滝の動画を。

森の清涼な空気でしばしリラックスしました。

綺麗な海と優しい森、バンクーバー島の旅は癒しの旅でした。

また来年も行きたいな~と思っています。

2 comments

  1. says:

    癒される風景ですね、鮭を吊り上げる処を見たかったですね。
    綺麗な清流、長いつり橋、トーテンポール、羨ましい景色です。

    • シオン says:

      釣り人達、全然誰も何も釣っていませんでした。
      ちっとも釣れないと楽しくない気がするのですけれど。
      綺麗な場所があちらこちらにあるので、物騒な世の中、当分の間国内旅行で楽しむのがいちばんかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.