ウィーン その2

シェーンブルン宮殿、王宮、家具博物館の3つがセットになったシシー・チケットを購入しました。シシーとは エリザベート皇妃 の愛称です。 オーストリア・ハンガリー皇帝、フランツ・ヨーセフ1世のお妃 でした。

バイエルン公爵の娘だったこの人、皇帝に見初められて16歳で結婚しましたが、姑のゾフィー大公妃が仕切る堅苦しい宮廷生活に慣れず、頻繁に旅行に出かけ、宮廷を避けたそうです。 美貌で、身長が72㎝、体重が43-47kg、ウェストが51㎝という体型を維持するために、運動と過激なダイエットをしていたとか。1898年、旅行中にイタリア人の無政府主義者に暗殺されました。
映画化されて、美化された人物ですが、ただの自己中のワガママ貴族だったとも言えるかもです。

ともあれ、セットになっていたので、家具博物館にも行ってきました。

おびただしい数の家具がありました。

特に椅子は、これからは椅子の展示は見なくて良いです、と言うぐらいの数。

展示ですが、座っても良い椅子の数々。

次の日は、フンデルトヴァッサーハウスへ。ウィーン生まれの芸術家、フンデルトヴァッサーがデザインした公共住宅です。

自然と建物の融合を目指しているのだとか。

ユニークでカラフルな建物は、不思議に周りと調和していました。

日本に住んでいたこともあるそうで、大阪舞洲のごみ処理工場などはこの人のデザインだそうです。 検索してみて下さい。

夜にはモーツアルトハウスへ。ピアノの伴奏でチェロのリサイタルでした。

チェロ奏者は20年に渡たってウィーンフィルのプリンシパルチェリストである、Tamás Vargaさん。モーツアルトが住んだことのある建物の地下で、観光客向けではない大満足の演奏でした。

4 comments

  1. says:

    ウイーンは行きましたが観光ツアーなので詳しく見て回らなかったので
    シエーンブル宮殿も外側だけの様でした?家具が素晴らしいですね
    街並みも素敵です。
    ゆっくり見れて良かったですね

    • シオン says:

      ウィーンは期待通りの綺麗な町でした。
      そのせいか、予想以上に観光客が多くてびっくりでした。
      シェーンブルン宮殿は観光の目玉のひとつなので、きっと姫さんも内部も見たと思います。内部は写真撮影禁止です。

  2. 愛ちゃんママ says:

    私もウィーンには2009年に行ったと思いますが
    ウィーンの美術館でクリムトの大きな「接吻」の
    絵とカフェ・デメールでランチして
    ウインナコーヒーとザッハトルテを頂いたのが
    とても楽しかったのを思い出しました!
    シオンさんもカフェ・デメールに行きましたか?

    • シオン says:

      カフェ・デメールもカフェ・モーツアルトも長蛇の列で、入るのを諦めました。
      ウィーン、思ったよりもずっと観光客の数が多くて、びっくりでした。
      観光客の行かない、普通のカフェでザッハトルテは食べました~♪
      美味しかったです。さすが名物ですね!

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *