もっとレストラン

レストランの話が続きます。
今回のパリ滞在は、美味しいものを食べることと友人家族に会うのが主な目的でした。

以前住んでいた時に、大好きだったChez L’Ami Jeanへ行ってみました。
このレストランの目標は、お客のお腹を信じられないぐらい一杯にすることらしいです。
コレ前菜です。美味しいけど大きすぎ。

L'ami Jean

メインの鴨。美味しいんですけど、色彩とか関係ないのね。
付け合わせは添え物で、肉食べろよぉぉ~って感じのお皿です。
シェフはキッチンから怒鳴っているし、騒がしいし。
昔もこんなだったのかな~。私達の趣味が変わっちゃったのかな~。
もっと、あ、こんなの楽しいっていうお料理が出てきていたと思うのですが、、、

L'ami Jean

デザートもあまり食べたいようなものがありませんでした。
昔からある大量リオレは観光名物のようになってしまってて、明らかに観光客な人々が、キャーキャー言いながら食べてました。
食べずに退散しちゃいました。
以前はお得なセットメニューが夕食時にもあったのですが、それもなくなってしまってました。
昔好きだったレストランには行くなという教訓だったのかも。ため息。

翌日、やはりバスク料理のレストランへ。
友人夫婦のお勧めで、4人で行きました。

私の前菜。一体何だったのか、すっかり忘れてます。
彩りがきれい~♪

pottoka

メインは、豚の背肉、ブロッコリーとバナナのムース、生のアスパラガス、チョコレートとチポトレソース。

チョコレート・チポトレソースは味が濃すぎでしたが、バナナとブロッコリーのムースは楽しい味でした。お肉は柔らかくて◎

pottoka

サクサクのチョコレートソースにピーナッツのアイスクリーム。
pottoka

パリのレストラン事情で前と違うなーと思ったこと、
食事の際のパンはたいていバゲットだったと思うのですが、今回はどこのレストランでも、田舎風パンというのでしょうか、色々な種類の粉を使ったパンが出てきました。

そして、以前は新しくお料理が出てくる度に、新しくナイフとフォークが出てきました。それが今回はマドリッドの1軒とパリの2軒にはテーブルにナイフ置きが置いてあって、ナイフはずっと使い続けることになってました。洗う手間を省こうという趣旨でしょうか。

節約と言えば、パン屋で売っているバゲットの大きさも以前よりかなり小さくなっていました。値段は上げられないので、サイズを小さくしているのかも?

街並みはちっとも変っていませんが、パリと言えども、時代とともに、色々な変化があるようです。

Chez L’Ami Jean
27 Rue Malar, 75007

Pottoka
4 Rue de l’Exposition, 75007

4 comments

  1. says:

    時間と共に色々変化していきますね。以前の事を思って行くとガッカリしてしまうことも有るので余り期待しない方が良いですね。
    美味しい物を沢山食べて太ったのでは?

    • シオン says:

      以前に好きだったレストランが数軒あるのですが、懲りてしまって、行きませんでした。
      パリではかなりたくさん歩いていたので、太りませんでした~♪
      かえってこちらの生活のほうが太りやすいです(汗)

  2. 小米花 says:

    豪華なお食事に、思わずゴクリと・・・。
    我が家の旅行とはメニューが違うぅぅ~ぅぅ。

    ↓の写真、パリのアパートは私がお邪魔させて頂いたお住まいですね。
    大ちゃん、姫ちゃんが乗ってたエレベーターをブログで見てたので、
    あの小さな箱に乗った時は、これだっ!って変に感激?しましたよ(笑)。

    町並みはおそらく何十年も変わらないと思うのですが、
    生活にともなう変化は感じられたのですね。
    やっぱり街は生き物ですね。

    • シオン says:

      美味しいものを食べることが目的の旅でしたから~(笑)
      あんまり観光に力が入っていないのです(汗)
      パリのアパート、小さいエレベーターに感激されていたとは、、、
      階段の途中にある、恐るべしエレベーターでした。
      小米花さんとご一緒したオルセー美術館にも行きました~。
      その記事は次回に。
      パリはやっぱり楽しい町なのでした。

Leave a Reply

Your email address will not be published.