お告げを受けに?

メテオラに2泊した後、少し南に下り、着いたのがここ「世界の中心」です。

ゼウスが水平線の両端から2羽の鷲を放ち、それが出会ったのが「世界の中心」デルフィだったという言い伝えがあるそうです。アポロ神殿に使える巫女ピューティアがトランス状態になって告げる神託によって、国の重要事項を決めていたと言います。紀元前8世紀には神託の権威が確立していて、紀元4世紀まで続いたのだそうです。

遺跡には必ず博物館が併設されています。
デルフィに着いた日が珍しく雨だったので、博物館に先にいきました。そして翌日に遺跡の見学。
この順番のほうが遺跡の由来などが分かって良かったのですが、他の遺跡見学の時は暑すぎて、博物館を先にするすると、遺跡を見る時には太陽がカンカン状態になるので、博物館を後にせざるを得ませんでした。

前置きがながくなりましたが、デルフィ遺跡です。
歩く順番とは違うのですが、何はともあれアポロ神殿。

こんな建物だったそうです。中央にアポロの像があって、神託が行われたのは地下だったとか。

神殿には各地から多くの貢物が贈られました。それを収納しておく宝庫の跡がいくつか残っています。いちばん保存状態がよいのが、アテネの宝庫です。

こんな感じの建物だったそうです。

ローマ時代のアゴラは入り口付近にありました。

デルフィの聖域のあちらこちらに高い像が飾られていたようです。

見たかったですね~、昔のデルフィ。

どんなお告げがいただけたことか。実際の予言はかなり抽象的で、解釈によってどうにでも取れるようなものだったそうですけれども。

劇場もありました。

競技場も。

ここではオリンピックのように4年に1回、競技大会が行われていたそうです。
現在でもオリンピックの他に、色々なスポーツの世界大会がありますから、今も昔もそういうのが好きな人間の性格って変わらないようですね。

2 comments

  1. says:

    アポロ神殿も山の上の方に有るのですね、下の町が見下ろせて、、
    如何して下に無いのかしら?敵に責められるからかしら・、
    建築が大変でしょうに、暑い中見学も大変でしたね。

    • シオン says:

      ここ、海の近くにあるのですが、デルフィの遺跡からは海は見えません。
      海が見える平地に作ればよかったのにねーと思っていたのですが、平地は風がなくて暑いのに気が付きました。遺跡のあたりは心地よい風が吹くのです。
      防衛の意味もあったのかもしれませんね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.