ありがとうございました

たくさんのメールやコメントをありがとうございます。
おひとり、おひとりにお返事が出来ずにすみません。
書こうと思うと、すぐに画面が涙で滲んでしまいます。

大輔も姫も、多くの方々に見守っていただいていたのだと、改めて気が付きました。
心より、お礼を申し上げます。
そして、これからも、大輔と姫というわんこがいたことを、
心の片隅にでも留めて置いていただければ嬉しいです。

ななこさんに姫のお風呂記事が好きだと言っていただいたので、いちばん最近のシャンプー写真を。
ガラスドアの向こうで、悲壮感が漂っていますが、シャンプーできるってことは元気だったということです。

shampoo

もう1回こんな顔の姫に会いたかった、と、ここでまた涙が、、、

姫の遺骨はまだ葬儀屋さんのところから戻ってきません。
遺骨を拾うってことは、こちらでは人間でもあり得ません。
ダンナ曰く、「日本では遺骨を拾うんだよね。そんなのボクは絶対できないよ。」
だそうで、私がダンナよりも先に逝っても遺骨は拾ってもらえないようです。
「私は拾ってあげるわよ~」と言っているのですが、拒否されています。
それなので、わんこも同様、葬儀屋さんが全部取り仕切り、小さな骨壺に入って帰ってきます。

大輔の時と違って、姫には大輔が付いていてくれると思っているので、
多少は気持ちが楽です。
今頃は、ふたりで走り回っていることでしょう。

8 comments

  1. シオンさん、おはようございます!
    これからもブログは続けてくださいね!
    そして大ちゃんと姫ちゃんの写真もたくさん見せてくださいね!
    カナダ~パリ~サウジアラビア~韓国~カナダ!
    と大ちゃんと姫ちゃんは普通のワンコが経験できないような
    いろんな国に行きましたね!
    2人の成長の過程をもう一度みたいです!
    大ちゃん、姫ちゃんのことは決して忘れません!

    • シオン says:

      ありがとうございます。
      しばらくブログから遠ざかるかもしれません。
      少し気持ちが落ち着いたら再開したいと思います。

  2. ご無沙汰してしまって。。。
    舞ちゃんのママさんのところを覗いて
    ビックリして 飛んできました。
    ごめんなさい

    姫ちゃん あまりに早いです。
    シオンさん 
    かける言葉がありません。
    写真でしか 会えなかったけど
    大ちゃん 姫ちゃん
    日本が誇る 立派な立派な柴犬を
    色々な国に広めてくれた
    素敵な柴犬だと思います。

    今は大好きなお兄ちゃんに甘えているかな

    シオンさん ゆっくり休んでくださいね。

    そちらも少し暖かくなってきましたか?

    • シオン says:

      ありがとうございます。
      色々な国に住んで、姫は幸せだったのか、、、
      迷惑していたのかもなんて考えてしまいます。
      私はたくさん幸せをもらったので、姫も幸せだったと思いたいです。
      大和くん、応援しています。
      姫の分も元気で、長生きしてくれますように。

  3. わこべえ says:

    最近ブログを開く時間がなくて、今知りました。
    シオンさんと同じくさみしくなりました。
    胸がいたみます。
    これ以上書けません。
    再開を待ってます。

    • シオン says:

      姫のこと思っていただいて、嬉しいです。
      少しお休みします。
      帰ってきたら、またよろしくお願いいたします。

  4. ななこ says:

    お写真ありがとうございました。
    パリ、リヤド、ソウル、ケローナ。
    ブログに綴られたそれぞれの思い出をかみしめています。
    お洒落な街でのお散歩、素敵な邸宅でのパーティー、
    大ちゃんや姫ちゃんが大事にされて楽しそうにしていたこと。
    リヤドで珍しがられていたこと、芝生のお庭で遊んでいたこと、
    ソウルで雑誌に載ったとき、胸を反らして誇らしげに愛らしく
    ご夫妻に寄り添っていたこと。
    ケローナでの本格的なDIY、豊かな自然の中で姫ちゃんがのびのび過ごしていたこと。
    沢山ありすぎて挙げきれませんが、全部大切な思い出です。
    シオンさんが家政を切り盛りし、国際舞台で公私に渡り華やにご活躍する様子も、楽しみでした。
    遠い遠い親戚くらいな気分で、ご家族のお幸せをいつも祈念していました。
    長々書いてすみません。これからも応援しています。

    • シオン says:

      ずっと私達のことを見てきていただいて、感謝、感謝です。
      今はまだめそめそしていますが、
      気持ちの上で姫の喪が明けたら、
      また柴犬と一緒に暮らせたらと思っています。
      遠い親戚のななこさん、その時はまたよろしくお願いいたします!

Leave a Reply

Your email address will not be published.