スコットランドに行っている間に

スコットランドに行っていた間の大翔くん、”TrustedHouseSitters”というサイトで出会った女性にお世話になりました。このサイト、世界規模で留守の間にペットと家の世話をしてほしい人達と、気に入った家とペットの世話をしたい人を繋ぐためにあります。入会金は払いますが、家とペットの世話代は無料です。自宅に無料で泊まる代わりに、家とペットの世話をしてもらうというシステムです。

まず家とペットの紹介と希望の日にちをネットに載せます。それを見た人達が応募してきてくれます。
我が家と大翔くんは好評で、あっという間に応募が集まりました。早いもの順で5人集まったら、そこで一旦募集が打ち切りになります。全く知らない人に自宅を明け渡し、大切な大翔も預けるのですから、不安もありました。応募してくれた人たちの過去の評判などを参考にして、ひとりの女性、Sさんにお願いすることに。

私達が留守の間、なんと、ハプニング続きだったのです。
まず、旅行に行く前日にどこかでトラックが電柱に激突した為に停電になりました。その停電のせいで、私たちが旅立った後に我が家のフリーザーのアラームが鳴り出してしまいました。Sさんから「アラームが鳴ったけど、ネットで検索して、止め方がわかったから大丈夫よ」とのメールが来ました。

それから、庭の自動水遣りシステムの一部が故障、これも直してくれました。

さらに、ジャガイモ畑で害虫が大量発生。実は行く前にも多少発生していたのです。収まっていたので大丈夫かと思っていましたが、甘かった(><)のでした。メールで知らせてきてくれたので、食器洗い洗剤を水で薄めて対処したことを知らせると、その通りにして撃退してくれました。

そして、災難はこれで終わりかと思っていたら、なんのその。
スカンクが庭に入り込んできて、大翔がおならを引っ掛けられてしまいました。
お留守番さんが見つけた時には引っ掛けられた後で、大翔はそれでも怯まず、スカンクと睨み合っていた所だったそうです。スカンクのおなら、ものすごい悪臭なのです。
Sさん、大慌てで、獣医さんに電話すると、連れてきた方が良いけど、うちは今日は休診だーと言われ、別の獣医さんに電話すると、連れてこなくて大丈夫ー。トマトジュースで洗えば良いわよーと言われたとか。「どうしましょう?」とメールが来たので、以前夫が被害にあった時の対処法を教えました。「過酸化水素水を水で薄めて、重曹と食器洗い洗剤を少し入れたもので洗う」というのが一番効果的なのです。メールに返事をした時点で大翔はトマトジュースですでに洗われていたのですが、やや臭いが残っていたそうで、過酸化水素水薄め液でまたもや洗っていただいたそうです。トマトジュースと過酸化水素水、常備しておいてよかったー。

ハプニング続きのお留守番でしたが、帰ってきた日には空港まで迎えにきてくれて、夕食まで作ってくれました。感謝、感謝です。次もぜひお願いしたいっ!

無事です、と、グラスゴー

湖の対岸の山火事がこちら側にも広がってきてしまっています。
下の写真は友人が撮影した対岸の火事です。
湖を越えては来ないだろうと思っていたのですが、この日は風が強く、あっという間にこちら側にも燃え移ってしまいました。

この友人宅は湖のすぐ近くにあるので、現在は避難命令が出ていて、別の場所に避難しています。
我が家がある地域は幸いにもまだ避難地区には入っていません。
一応避難の準備はしてあるのですが、今日は風もおさまって、火事の拡大は防げているようです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

さて、スコットランドレポの続きです。
エディンバラから電車で40分、グラスゴーに着きました。
駅構内。左下の建物はシャンペンバーです。オシャレ〜。

ここでの泊まりもやはりアパート風ホテルです。右の白い建物がそれ。

グラスゴーは18世紀ごろから商業で栄え、今でもスコットランドの経済の中心地です。
裕福な商人達が芸術を保護した為か、美術館や博物館が多いのです。

下の写真は左から現代美術館、ケルビングローブ美術館、交通博物館です。

現代美術館の建物の前の騎馬の銅像の上に、工事中の時に使う三角コーンが載っています。なぜに?
初めは誰かがイタズラで乗せて、当局の人が降ろして、ということを繰り返していたそうですが、今では名物にもなってしまっているそうです。美術館の売店でも三角コーンのぬいぐるみが売られていました。

ケルビングローブ美術館ではダリの「十字架の聖ヨハネのキリスト」が展示されていました。
来年まで故郷のスペインに貸し出される為、この日が最後の展示日でした。ラッキー!

この美術館に行った後に遅いランチを食べたのですが、その時のウェイターさんから教えてもらったスコッチウィスキーの飲み比べができるPot Stillというパブに行ってみました。

何種類ものウィスキーのボトルが圧巻。
夫は元から好きなのですが、私もシングルモルトウィスキー通になれそうな予感(笑)

お祝いに?

前々回のゴルフで初めてバーディを出して、上機嫌の今日この頃です(笑)
それを祝ってではないのですが、普段は作らない手の込んだデザートを作りました。

ジェノワーズを焼いて、クリームムスリーヌを作って、一番上はイタリアンメレンゲです。
庭で採れたラズベリーを間に挟みました。メレンゲにバーナーで焦げ目を入れるとさらに本格的になるのですが、他のものも焦がしてしまいそうで、やめておきました。
クリームムスリーヌはバターを大量に入れたカスタードクリームなので、健康に悪そうなことこの上ないのです。でも、上機嫌なので良いのです。うふふ。

庭の野菜も順調に育っています。
何せ、暑いのです。昨日の午後5時ごろからのゴルフの時は34℃もありました。
ゼーゼー言いながらハーフだけ回った後のビールが美味しかったこと!

義姉夫婦が遊びに来ていて、一緒に新しくできた空港博物館に行ってきました。
飛行機の整備やパイロットの訓練をしている会社が作ったもので、オーナーの趣味満載で、楽しめました。

フライトシュミレーター、作動はしていませんが、操縦席に座ってスイッチを動かせます。
展示されている飛行機もなかなかのもの。
建物は飛行機を模した形になっていて、中にはこんな素敵な螺旋階段もありました。
ケローナの新名所になりそうです。

暑いのが嫌いな大翔、日中は家の中にいます。
姫から引き継いで使っていたクッションの中身がボロボロになったので廃棄処分。
使ってくれていなかった2番目のクッションを問題なく使ってくれています。
今まで拒否されていたのは、何だったのでしょう?

ゴルフ旅

去年の9月にゴルフ旅に一緒に行った友人夫妻と再びゴルフの旅に出ていました。
ブログに書いておかないと、どこへ行ったのかすっかり忘れてしまうので、メモです。
1日目の宿泊はロスランドという町の近くのJosieというホテルでした。
ここには2021年の9月に大翔と一緒に行ったことがあります。
今回は大翔はいつものドックシッターさん宅でお留守番です。
朝8時頃、家を出て、12時頃に途中のクリスティーナ・レイクというゴルフ場でハーフを回りました。
翌日、行ったのはレッドストーンというゴルフ場でティータイムは8時半。
朝早くからのプレーは大正解で、午後には気温は30℃ぐらいまで上がりました。

途中、熊の親子が現れて、何回かプレーを中断せざるを得ませんでした。
子供連れの熊は要注意です。
バンカーの中で戯れあって遊んでいる子熊達は可愛かったのですけれど。
遠くから撮影した写真を伸ばしているので、画像が変ですが、ご容赦を。

2日目のゴルフ場はセントユージーンというところ。
昔、先住民の子供達を集めて教育をしていた学校をホテルに改築し、ゴルフ場を併設しました。
先住民の経営だけあって、所々にティピーと呼ばれるテントが建てられていたりして、楽しめました。
やはりティーオフは8時半でした。

3日の泊まりはネルソンという所。ここにはおしゃれなレストランがたくさんあります。
ゴルフ疲れ(?)を癒すべく、ワインの飲み比べなんぞもしてみました(笑)
翌日の朝もグラネットポイントというホテルから車で6分のゴルフ場でハーフを回ってから家路に着きました。

ゴルフ三昧の旅の後は、庭仕事が待ち受けていました。
ラベンダーが花盛りです。
ミツバチと競いながら少しだけ収穫。


ラズベリーもどんどん赤くなってきてくれています。

日本レポー金沢

東京で少し休養をとった後、再び新幹線に乗りました。
今回の目的地はここ、金沢です。
加賀百万石の城下町。江戸時代には幕府に次いで二位の石高だったとか。
伝統のあるお料理や工芸品に町並み、見どころ満載の地。
ずいぶん昔に来たことがあるのですが、ほとんど記憶にない状態です。
ほぼ、金沢初心者なので、まずはお決まりの兼六園へ。


何組かのカップルがカメラマンと係の人と共に結婚式の写真を撮りに来ていました。結婚式に写真を撮るサービスもついているのでしょうか?素敵な庭園で記念写真なんて、素敵ー。

下のは1861年に作られた噴水です。
夫が「最近のものだろー」と言うのでググってみると、なんと藩政末期に作られたものだとか。
噴水よりも高い位置にある池を水源としていて、高低差によっておこる水圧で吹き上がるのだそうです。

金沢城跡、お城があると思っていたのですが、天守は存在せず、櫓や石垣、長屋などが現存しています。
どうやら天守は江戸時代以前に火災にあい、再建されなかったようです。
天守がなくとも、その当時はさぞかし壮麗なお城だったことでしょうね。

お城の近くの尾山神社の庭に蓮の葉の置物があって、そこに金の蛙が乗っていました。
可愛かったのでパチリ。

長町武家屋敷跡界隈、伝統環境保存地区です。散策中に見かけた松、塀の瓦を突き抜けています。

泊まったのは御宿野乃という、ドーミーイン系列の和風テイストなホテルです。
普通のドーミーインも、温泉がついていて、手軽な値段なので好きなのですが、ここは居心地が良くて、かなり気に入りました。朝食も盛りだくさん。朝から海鮮丼と天ぷら。いろいろなお惣菜が選べるのも、日本料理に飢えていた身にはとても嬉しかったのでした。

しかも立地が近江市場のすぐ近く。
活気のある市場も堪能しました。

さて、我が家ですが、冷蔵庫に霜がベッタリとつくようになってしまい、修理に来てもらいました。
部品を取り寄せている間に2日間冷蔵庫の電源を切り、開けっぱなしにしておくようにとの指示。
中の食品は友人から借りたキャンプ用のクーラーボックス2台と我が家の1台とに分けて収納。
なんとか2日間を凌ぎました。


大翔に空き箱におやつを入れたものをたまーにあげます。
箱を齧ったり、転がしたりして、中のおやつを取り出そうとしているところです。

その姿が可愛くて、ニマニマしながら見守っています。

日本レポー東京あれこれ

京都から東京に帰ってきて、ちょっと一休みです。
谷中の陶器屋さんに行ったついでに、お寺めぐりも。
谷中ってとてもお寺が多いのを実感。


下のはミッドタウンのフラワーアレンジメント。
日本の生花文化って本当に素敵。惚れ惚れ〜!


庭園美術館では旧朝香宮邸を公開していました。
当主がアールデコが大好きだったそうで、家中アールデコでした。
アールデコがそれほど好きでないので、全部見終わった時にはちょっと食傷気味になってしまいました。
好きな人には垂涎ものなのでしょうねー。


明治以降に慶事の引き出物として使われたボンボニエール。手に乗るぐらいの小ささなのですが、精巧な作りで、いろいろな種類があって、見ているだけで楽しいです。300点以上が出展されていたそうです。
昔の宮家ってお金持ちだったのですね。今でもなのかな?


赤坂サカスでハリーポッターのお芝居が上演されていました。
階段には登場人物の肖像画がズラーっと飾られていて、お芝居の前からハリーポッター気分。
日本語のお芝居なので、夫と一緒に楽しめないためパスでした。でもハリーポッターカフェには行きたかったのですが、予約でいっぱいでした。残念!


夜にはブルー・ノートへ。ピアノにチェロにお琴のジャズ。
こんな取り合わせ、日本でしかないでしょう?
楽しめました。


我が家の庭、先週はアイリスが満開でした。今はちょっともう枯れて来ています。


お散歩待ちの大翔。
もう少し待っててねー。

日本レポー京都2

京都のホテルは河原町五条にありました。
賑やかな通りに近く、交通の便も至極良かったのですが、何せ観光客の数が多い!
有名な先斗町なんて、ただでさえ道幅が狭いのに、外国人観光客で鮨詰め状態でした。
こちらは錦市場。

ここもやはりかなりの混雑でした。
やっと日本への旅行が解禁になり、しかも桜シーズン。来るなという方がいけないのでしょうねぇ。
観光客がそれほど行かないところー。

と、やって来たのが石清水八幡宮です。


平安時代から続く由緒あるお寺です。平安京の裏鬼門を守るとされていたそうです。
ここへは徒歩でも登れますが、ケーブルカーもあります。

勿論こちらを利用。ご利益が少なくなりそうですねぇ。

ここ3日間、ゴルフ三昧でした。
月曜日は女性だけのグループで、家の近くのSunset Rancというゴルフコースで夕方から9ホールを回り、その後夕食。
火曜日は恒例の自動車会社のご招待で、ランチと夕食がついていて、コースを回っている時の飲み物も無料という至れり尽くせりのゴルフ(Harvest Golf Course)。
水曜日は毎週行っている9ホールの早朝ゴルフ+朝食(Kelowna Springs)、でした。

相変わらず下手の横好きですが、楽しんでいます。

日本、旅レポ2

今回の旅の目的地のひとつ、前々から行きたかったのがこちらです。

出雲は東京から行くには飛行機でないと、かなり時間がかかります。よって、倉敷で1泊したのでした。
古式ゆかしいこの神社、祀られているのは誰もが知る、大国主命です。
この命が作った国を高天原系の神々が受け継ぐという国譲り神話は、大国主命の治める地を征服した側の作り出した神話であることは明白だと思うのです。支配の正当性を示すためですね。
大国主という名前は、治める地が広大だった為か、それとも、征服者たちが自分たちの業績を大きく見せたかったということか? その後で、大国主命の為に広大な社を建築したのは、鎮魂のためか、それとも征服者側の威光を示すためか?
古代の謎を考えるのって、浪漫です〜。

お社は思ったよりも素朴な感じでした。古代の社ですから、当然と言えば、当然なのかも。
当時の大社殿は今の2倍の高さの16丈(48m)あったという言い伝えがあり、その建築が可能だということの立証に大林組のプロジェクトチームが取り組みました(下の画像のサイト、https://www.obayashi.co.jp/kikan_obayashi/detail/kikan_27_idea.html

うわぁ〜、すごい!
出雲大社は今ではなぜか縁結びの神様として有名ですが、私にとっては古代浪漫の地なのでした。

大国主命といえば、因幡の白兎。可愛い兎の像を境内のあちらこちらで見かけました。
この兎の話も、兄弟を差し置いて大国主命が支配者になったことの正当性を示すために作られたもののようです。 いつの世も、勝ったものがのちに語られる歴史の中で正義となるのは同じですね。

稲佐の浜、国譲りの交渉の場となったと言われています。

こちらは平均気温よりも10℃から15℃も高い気温の日が続き、おまけに北の方の山火事のせいで、煙が広がってきています。「健康に非常に悪い」という警報が出ています。大翔の小さな肺に影響が出ないが心配しながら短い散歩に行っています。

ただいま〜

1ヶ月ほど日本に帰国していました。
今回は夫と一緒で、あちらこちらに旅行し、日本の良さを満喫しました。
大翔は、夫の従姉妹の夫の妹夫婦(ややこしい?)が我が家に滞在して面倒を見てくれました。
とても良くしてもらっていたようで、私達が忘れられていたらどうしようーと心配したほどでした。

幸いにも(!)忘れられていなかったようで、尻尾ぶんぶんで歓迎してくれました。
私達がいない間は肌寒い日が続いていたそうなのですが、帰ってきた途端に夏日のような天気になり、庭仕事がめちゃめちゃ忙しくなっています。
そして、大翔は、

再び、抜け毛の季節です。
一回のブラッシングでこんなに抜けます。抜け毛に耳をつけてみました(笑)
嫌がらずに、ずーっとブラシをかけさせてくれるので助かります。

一昨日行ったペットフードのお店でもらったステッカー。
Spring is in the airのはずが、、、
抜け毛の季節なのは大翔だけではないようです。

やっと春

3月12日から夏時間になりました。時計の針を1時間早めます。
その前の日の朝8時が7時になりました。
その後、数日間、寝起きが悪かったのが大翔です。
大翔の体内時計は冬時間のままだものねー。
寝ているところを無理矢理起こして、散歩にゴー!
連続写真でご覧下さい(笑)

天気の神様も夏時間につられたのか(?)、ぐんと暖かくなり、春です。
蕗の薹が顔を出し始めています。どれぐらいの大きさで収穫すべきなのでしょうねぇ。