パティオ完成!

パティオの拡張、完成です。大翔も気に入ってくれたようです。
元のパティオと砂利石の小道で繋ぎました。ゆくゆくは、砂利の両側にアーチを作って、蔓バラか葡萄を植えたいと思っています。

記念に大翔の足形をつけました。
パティオの表面は模様を付けてあるので、足形が分かり辛いですが、あるというだけでかなり満足です♪

セメントの残りで、ガーデニング小屋兼バイク置き場の庭とは反対側に、バイク用の乗り入れ斜面を作ってもらいました。

こちらのほうは強化剤を上に塗っていないので、大翔の足形がくっきりです。

この日の午後はオパールちゃんが遊びに来てくれました。

上の次の日(昨日)は、またもや朝から雨でした。
新調したレインコートとレインブーツが重宝するのは良いのですが、やはり雨の日は少々憂鬱になります。

ハーネスを付けているのに、ベッドから動きたくない大翔、何とこの日は素早く用事を済ませてくれて、いつもよりは短い散歩になりました。大輔のように雨の日はうんと短い散歩で良くなる日も遠からず?かも?

パティオ作業中です

パティオにコンクリートを流し中です。
左側の土の部分がバラの花壇予定地です。
綺麗に咲いたバラの横でお茶したりできたら、嬉しいな~♪

大翔は大きなトラック類が嫌いなので、家の中に避難中です。

避難するだけでは足りなくて、下の階に逃げ込んでいました。

ひとりで下の階にじっとしていればよいのに、キュンキュン言いながら、うろうろと動き回って落ち着きません。

コンクリートの表面に塗った強化剤が乾くまで外に行けません。大翔、ご飯もいらない~っと拗ね拗ね中。あともう少しで乾くから、待っててね。

整地のお手伝い?

近所の牧草地で牛の放牧がはじまりました。
どんな田舎に住んでいるのでしょうねー。
久しぶりの牛の姿に、大翔は興味津々です。

カウボーイが馬に乗って牛を誘導しています。
かなりズームしているので画像がぶれています。ご容赦を。

ダンナとその友達1名が、我が家の庭のパティオを拡張する為、整地作業中です。
砂利を敷き詰め、平らに均して、コンパクターという機械で押し固めます。
その上に鉄筋を並べます。
その上に大翔が寝そべります。。。って、おいおい!

寛いでます。鉄の棒は気にならないようです。

来週の火曜日にはこの上にコンクリートを流し込んでもらう予定です。
パティオの横には念願のバラの花壇も作る予定です。
素敵な場所になりますように。

ダンナの誕生日、コロナ騒ぎが無かったら、リスボンの海の見えるホテルで祝う予定でした。
代わりに、家でお祝い。2005年物の先物買いをしたボルドーの、最後の1本を開けました。誕生日ケーキの希望はチョコレートケーキ。

デコレーションはイマイチですが、味は我ながら合格でした~♪

私道に門ができました

公道に下りきる前、私道の途中に門をつけました。
左の柱の横は人が通れるぐらい空いています。
こんなところに徒歩で泥棒に入りに来る人もいないだろうということで、車の侵入防止用です。
朝の散歩の時に門を開けて、夕方の散歩の時に閉めることになっています。

私が門を開けている間、大翔は初めの3日は左の柱の横の空いている所へ回ろうとしましたが、4日目からはちゃんと待っていてくれるようになりました。
賢いでしょ~!

柱の上に乗っているのは、義姉夫婦作の鳥の巣箱です。
実際に鳥が入るようには出来ていず、飾り用です。
本当は柴の像が欲しいのですが、、、狛犬ならぬ、狛柴、、、って、神社じゃないのですけれど(汗)

木工作品

久しぶりに家の話題です。
我が家を作り始めてから5年以上、未だに建築中です。
最近の完成品。玄関のベンチです。脚部分は鉄製で、市販品です。

そして、これが最新作。玄関を入ってすぐ目の前のランドリールームのドアです。
この扉、元はMECという大きなスポーツ用品店のドアでした。
その店に行く度に夫が、綺麗なドアだ~と感動していました。
ところが、今年の初めに行った時に、そのドアがガラス製のドアに替えられていました。がっかりした夫が元のドアはどうしたのかと聞いたところ、まだ倉庫にあって、お店としては売っても良いと思っていたことが判明。ドアは4枚あって、1枚が500ドルと言われたのですが、4枚全部買うから~と値切り、全部で800ドルで購入しました。1枚1枚がとても重くて、とても頑丈です。

中古品なので傷があったりするのですが、それがまた話のタネになる予定。

完成に近づきつつあるキッチン

キッチンの上の棚の扉が付きました~。
家を建てはじめてから、4年の月日が流れ、やっとキッチンがキッチンらしくなってきました。感涙です。まだ下の棚の扉と上の棚のその上の仕上げが残っていますが、少し完成に近づいてきました。

2日前から雪で、今朝は20㎝ぐらい積もっていました。
雪の上で再びアルフィーくんとレスリングしました。

人の脚を使って隠れながら攻撃する大翔

少し走り回りましたが、もっぱらレスリング。

ふたりとも目が真剣!

それが楽しいのなら良いのですけれど、敷地が広いのですから、走れよー、と心の中で思いながら見守るのでした。

ガーデニング用の物置

久しぶりに家の話題です。
ペンキ塗りをしています。

これが使われるのはここ。

ガーデニング用の物置、兼、冬の間のバイクの収納庫です。
家の中もまだ完成とは言えないのですが、夏の間は外で出来る仕事で忙しいのです。
ドアにもペンキを塗る予定なのですが、屋根の色に合わせた赤にするか、枠に合わせた濃いグレーにするかで意見が分かれています。

こちらは反対側から見た物置。バイクがスッと入れられるようにドアが大きくなっています。

内部に収納棚も付けなければいけません。冬が来るまでには完成して欲しいものです。

ダンナは最近こんなものも手に入れてしまいました。

電子ドラムセットです。
これでいよいよ家の中の完成が遠のいた気がします、ヤレヤレ。

そろそろ桃の季節も終わり、ナシが出回るようになりました。

庭便り

庭のクリーピングタイムが花盛りです。
白い花を咲かせるのもあるのですが、やはりピンク系のほうが豪華です。

ご近所さんから株分けしてもらったマーガレットも花盛り。

白のアイリスも咲いています。

大きな鉢にトマトも植えました、鹿よけの囲いも万全です。
いつも春は食べるものが豊富らしく、ウチの庭には寄ってきませんが、もっと暑くなるとウチの植物達の安全が危ぶまれてきます。

先日のエスカベーターの活躍で車庫の前が広くなりました。

これから全体を平らにして、ゆくゆくは舗装したいのですが、いつのことになるやらです。

ゴジラではなくて

窓の外にゴジラがぁ~。

ではなくて、エクスカベーターでした。

エクスカベーターは日本ではパワーシャベルと呼ばれるのでしょうか?
ウィキペディアによると、「長いアーム先端に回転式の巨大なホイールがついており、ホイールの外側に複数の掘削バケットがついている。採掘したい場所にこのホイールを押しあてて回転させ、表土の鉱物を大量に削り取る。」ものだそうです。

アームの先端にバケット状のものがついているのが普通なのですが、それを掘削機に取り替えて、家の周りのフェンス用の杭を地面に打ち込んでくれています。
まずガンガンと掘削機で地面に穴をあけ(基本的に岩が多いので、機械でないと大変な作業になります。)、その穴に杭を入れ、エスカベーターでさらに上から押して固定させます。

エクスカベーターを操作してくれているのは、その持ち主で、ワイナリーを建設中のご近所さんです。
アシスタント(ウチのダンナとも言う)と一緒に作業中。

アームにバケットを付けて崖を崩して、、ガレージの前も広げてもらいました。

ご近所さん、ありがとう!
今日も朝から作業中です。
この後、フェンスの一部として、ガーデニング用兼モーターバイクの冬用車庫を作るつもりなので、フェンスが完成するのはまだまだ先のことになりそうです。来年の春には鹿を気にせずに、野菜畑もできるかなーと楽しみです。

遅い春です

年に何回かワインのテイスティングをする会に入っています。
ワイナリーに行ったり、外国産のワインを持ち寄ったりします。
前回は2月で、indigenousという先住民の部族のチーフ経営のワイナリーでした。
今回はTantalusワイナリー。
自家栽培の農薬を使わずに育てたブドウだけを使っています。
どのワインもすっきりとした飲み口で、好みの味でした。お値段が少々高めなのが玉に瑕。。。

セラーも見せてもらいました。

そこで、ボトル詰めする前の2016年物のピノ・ノワールを試飲させてもらいました。

まだ若くてコクはないですが、それでもしっかりとした味で、将来が楽しみ~なワインでした。

さて、お題の春の話ですが、今年は春の訪れが本当にノロノロとしていて、一体どこで道草を食っているのかと、憤慨するほどなのです。
まだ水仙も咲いていません。周囲の山の頂上には雪が残り、風も冷たいのです。
春の初めを告げる花、バターカップのみ咲いてくれています。

ですが、暖かくなると外に出たいダンナによって、外の作業は着々と進んでいます。

これはガーデニング用の納屋の建設予定地。
冬はバイクを入れて置く場所にしようという目論見で、設計に力が入っているようです。

遠くのほうに小さな旗が立っているのは、柵の建設位置の目印です。
家の周りをぐるっと囲む予定です。
柵は鹿よけと、今年迎える予定のわんこの逃亡防止用です。
準備万端で可愛い子犬を迎えられればーと思っています♪
良い出会いがありますように。