春の風景

朝の散歩時はまだ気温が一桁なのですが、春です。


においすみれは早春に花をつけ、しかも匂いが良いのです。嬉しいのですが、あちこちに種を飛ばし、地下茎も伸ばします。繁殖力が半端じゃないです。バラの根元とか、咲いて欲しくないところに咲くのはやめて欲しいです。

繁殖力といえば、雑草がどんどん生えてきています。取っても取っても取りきれず、終わりなき戦いです。
春って忙しー!

大翔、岩の間に逃げ込んだシマリスを探しています。可愛いからそっとしておいてあげてー。
雪が溶けてしまったので、大翔が土やら、木屑やら、葉っぱやら、色々なものを体にくっつけて家の中に運んできます。昨日、大翔の背中をナデナデした後、ふっと手を見ると指が黒い!どうやら土の上に寝転んでいたようです。慌てて、全身を拭きました。土なら拭けば落ちるので良いのですが、困るのが松脂をつけてくること。ネバネバが毛について取れません。どうしたら良いのでしょう?

バンクーバー小旅行

大翔を連れて、バンクーバーに遊びに行ってきました。
泊まったのはシルビアというホテル。ここは古くからあるホテルで、スタンレーパークと海の近くにあり、ペットの宿泊料は無料という、わんこ連れに優しいお宿です。
なぜかアップグレードしてもらい、広くてキッチン付きの部屋に泊めてもらいました。


ソファーでくつろぐ。。。ではなくて、ちょっと緊張気味の大翔です。

1日目はあいにくの雨でしたが、桜を見ながらの散歩でした。
あちらこちらに色々な種類の桜が植えられているので、日本のように満開の桜並木を楽しむというのではありません。ですが、桜を見れただけでも満足せねば、です。
全く桜に関心のない大翔は、知らない場所で、しかも雨の中の長い散歩が嫌になったらしく、最後の方は通り過ぎるビルの玄関を見る度にいちいち入ろうとして、早く帰ろーをアピールしていました。

スタンレーパーク内で青鷺の巣の集団を見かけました。
2022年には90の巣があったそうで、今年もそれぐらいはあるのではないかと思います。

こちらは海を眺める大翔。砂浜はわんこ立ち入り禁止なのですが、綺麗な遊歩道が続いていて、人も犬も楽しめる場所になっています。


バンクーバーでの楽しみの一つ、美味しい日本料理を食べること。
ランチが美味しかったのでした。

Eat Bar & Patio Haraheri

最近の大翔

珍しく自分のベッドに入っている大翔くんです。
普段は私達のベッドか、客室のベッドに寝ています。

鳥避けの為か最近あちらこちらで空砲がなっていて、大翔はその音が嫌で、先週は2日ほど家に籠っていました。今週になってからは慣れたのか、それとも音が少なくなったのか、で、外で春の日差しを楽しんでいます。

上の写真は引っ張りっこしながら撮ったのでブレています。
ピンクのおもちゃは大輔と姫の為に母が編んでくれたもので、噛むとピーピーと鳴るものが入っています。大輔と姫はそれほど激しく遊ばなかったのですが、大翔は一瞬で壊しそうなので、引っ張りっこ後は没収となりました。

食卓の脇でお座りをして、おこぼれを狙っています。
あげてはいけないと思いつつ、あげてしまうのは私です。。。反省。。。

春です

カナダ人は春分の日が春の始まりだと思っているらしいのですが、日本人的には立春の頃が春の始まりなのではと思ったりしています。ともあれ、こちらも徐々に春めいてきました。
庭に生えていた蕗の薹、それほどたくさん生えてこないので、この時期1回限りの貴重な春の味覚です。
天ぷらにして美味しくいただきました。


本格的なバゲットを作るというのが今年の目標でしたが、どうやら早々に達成できたようです。
バゲット型とナイフも手に入れて、入れ込んだ甲斐があって、クープも綺麗に開きました。
ここまでの試行錯誤も楽しかったのでした。
最近パンを食べすぎているような気がするという夫からの文句は聞かなかったことにしましょう。
焼きたては最高に美味しいので、ついついたくさん食べてしまいます。

暖かくなってきたので、大翔も外で過ごす時間が長くなっています。

冬の間はほとんど毛が抜けず、外からの汚れも家の中に持ち込みませんでした。
春の訪れと共に、換毛期が始まり、おまけに、大翔と共に葉っぱや埃やらが家の中に入ってくるようになりました。

可愛いから、なんでも許してしまうのですけれど。

ベーコンとスキー!

例年通り、3軒の男性陣が集まってソーセージ作りしました。
ソーセージの写真は撮り忘れたので、余ったお肉で作ったベーコンをお披露目。
バックベーコンと呼ばれるもので、脂身の少ないロース肉を使ったものです。
カナダやイギリスでは一般的だそうですが、他の国ではどうなのでしょう?

塩気が強いので、あげられません。でも、その場にいるだけで嬉しそうな大翔。
ソーセージ作りの主力であるこの家のご主人はオーストリア出身で、もとは肉屋さん、それから有名シェフになった人です。猫を3匹飼っていて、大翔の望みはこの家の猫と遊ぶことなのですが、引っ掻かれたりしたら大変なので無理です。

新しいスキー板を買いました。今まで使っていたのは、20年ぐらい前に買ったもの。
今のスキーより幅が狭めでした。新しいスキーはターンがしやすくて、ご機嫌です。

もう若くないし、新しいスキーを買っても、後どれぐらいの年数滑れるかわからないし、と迷っていたのですが、思い切って買ってみて正解でした。

舐め犬?

大翔くん、5歳6ヶ月で、もう歴とした大人なので、おもちゃでなかなか遊んでくれません。
無視されたらどうしよーと恐る恐る買ってみたワインボトルのおもちゃ、お気に召したようです。
咥えて家中を走り回ってくれました。よかったー!

もうひとつ大翔の話題です。
なめ猫が流行っていたのは1980年台だったそうですが、大翔って舐め猫ならぬ舐め犬なのです。
庭のホットタブに入っていると、タブから出ている濡れた手を舐めに来ます。
水の消毒の為のカルキが入っているので、あまり舐めて欲しくないのですが、手を出していないと、期待を込めた目つきで、そばでお座りして待ってくれてしまうのです。お断りできないのです。
まあ、都会の水道水もカルキ入りなので、大丈夫かなーとは思っているのですけれど。

家の中でも時々舐めてくれます。
愛情表現なのでしょうか??

雪の日の散歩

スキー場にある友人の別荘に2泊させていただいて、3日間スキー三昧でした。
4日目には身体中が筋肉痛。。。
出かける時にはかなり積もっていた雪は留守の間にほとんど溶けていました。

春の予感?などと早まって浮かれていたのですが、とんでもない。
次の日は朝から1日中雪でした。
翌日の朝、私道の坂を楽しみながら上る大翔の動画を撮ってみました。
雪に鼻を突っ込む姿が可愛いのです。

雪の日でも大翔との散歩なら頑張ってしまえます。

明けましておめでとうござます

新年ですねー。すでに4日ですが。こちらは2日から全く通常通りです。
大晦日は引っ越したばかりの友人の新居で地元時間ではなく、ニューヨーク時間で新年を祝おうという趣旨のパーティでした。ニューヨーク時間だと夜の9時なので、ちょうど良い時間です。
ハッピーニューイヤーのメガネをかけた参加者の一部で記念撮影。

大晦日のうちに帰宅しましたが、私達のいない間に可哀想なことになっていたのがこの子です。

新年と共にではなくて、近所で9時頃に花火が上がっていたようで、私達が帰宅した時には普段は寄りつかない地下に避難中でした。その後も挙動不審で、翌日になっても食欲が戻らず、夜の9時頃に再びそわそわし始めました。やっと3日後に普通に戻りました。

元旦は大輔の家族記念日で、今年は辰年、大輔の干支です。生きていれば24歳。
亡くなってからもう10年近く経ちますが、恋しい気持ちは変わりません。
しみじみと大輔のことを思い出しながらお正月を過ごしました。
そうそう、今年の目標ですが、

お店にも負けないバゲットを作ること。
その為にモルトパウダーも買ってみました。
味は良いのですが、クープがちゃんと開きません。バゲットのクープ用のナイフも買うべき?
コツをご存知の方がいらっしゃいましたらご一報下さい。

大翔の肖像

最近の携帯って色々な写真機能がついているのですねー。
ポートレートモードで大翔の写真を撮ってみました。
スポットライトが当たっています。可愛い〜♪

こちらも、ポートレートモードですが、自然光のもの。

モデルが良いと、何枚も写真を撮りたくなります。うふふ。
うちのお茶目なモデル、散歩の途中に遊びモードになる時があります。

手袋が人質(手袋質?)になっています。
取り返そうとすると、ヴーッと唸ります。
側で聞いているとかなり真剣に唸っているようですが、遊んでわざと怖そうに唸っているだけです。
取り返すと、飛びついて取ろうとしたり、引っ張ったり。
手袋さんは良い迷惑です(笑)

そうそう、蕎麦ボーロを作りました。
春に持って帰ってきて冷凍してある蕎麦粉を思い出したため。
蕎麦粉のガレットも2回ぐらい作ったのですが、いまいち好きではなく、蕎麦打ちは無理だし。。。
ということで、蕎麦ボーロです。
日本でだと簡単に手に入るお菓子が、こちらでは手作りです。
絞り出しが難しかったので、形がボロボロです(汗)

予防接種の次はお客様

4日前の水曜日に6回目のコロナの予防接種をして、翌日にいつも通りに発熱しました。
朝に熱が38℃近くまで上がり、午後には37℃近くまで下がりましたが、平熱が36℃弱なので、ダルダルしていました。ですが、その翌日になると、いつも通りにすっかり熱が下がりました。
いい加減に慣れても良いのではないかと思うのですが、きっちりと発熱するのに我ながら感心(?)してしまいます。

平熱に戻った日に夕食に友人を招待していました。
そのうちのひとりは可愛い子連れ。
大翔とは以前会ったことがあります。コトン・ド・テュレアールのズースくんです。
ふたりとも友好的なのですが、大翔はそれとなくズースくんの行動を監視していたようで、夜も更けてくると疲れたのか、お気に入りのソファーで寝ながらの監視となっていました。

日本で母と食べたモンブランが美味しかったので、作ってみよーと頑張ったのがこちら。
小さいのを何個か作るよりも大きいのをひとつの方が手間がかからないだろうと、モンブラン風のタルトです。
中身はアーモンドクリームに生クリームなので、結構ボリュームがありました。

小さいものはメレンゲと生クリームの中身が一般的のようで、次回作るならばそれにしてみようと思います。
その次の日も連続して夕食に別の友達を招きました。メイン以外は同じようなメニューにしたので、楽でした。
二晩連続でお客様接待に活躍した大翔くん、かなりお疲れの模様。