道程

あたちの前に足跡はない

No path lies before me

あたちの後ろに足跡は出来る

As I press on, behind me a path appears

ああ、自然よ

あたちを一人立ちにさせた自然よ

Nature, fill me always with your strength

あたちから目を離さないで守ることをせよ

常に自然の氣魄をあたちに充たせよ

for the long journey ahead

この遠い道程のため

姫、改め、高村姫子

。。。姫と散歩しながら、ふたりで詩人になってみました。

6 comments

  1. says:

    足跡のない道を歩くのは快適ですね、姫ちゃん独り占め良いですね。
    夏の暑いのは苦手でしょうが、毛皮を着てるのでちょうど良い温度になるのでは?
    此方は毎日暖かいです。自転車で走ると汗ばみます

    • シオン says:

      そちらは本当に暖かいですね。
      うらやましい~!
      こちら、今日は0℃になりました。
      雪が溶けるか溶けないかぐらい。
      それで困るのは溶けた雪が凍って滑りやすくなるのです。
      坂道がツルツルだったので姫には短い散歩で勘弁してもらいました。
      明日はもっと暖かくなって、雪が溶けてますように。

  2. わこべえ says:

    お上手♪
    でも肉球は冷たくないのかしら。
    わこべえのワンちゃんも雪が好きで毛に雪玉をいっぱいつけて遊んでました。
    今は昔の話です。

    • シオン says:

      零下10℃までぐらいだったら、肉球は大丈夫のようです。
      もっと寒くなると、歩いている時に冷たい~って足を上げます。
      わんこはホントに雪が好きですよね~。
      姫のマイブームは雪を食べることです。
      シャリシャリって言い音させて食べてます。
      この辺は空気が良いので、雪もきれいかな~と好きにさせてます。

  3. 小米花 says:

    高村姫子ちゃま、素敵~~!!

    • シオン says:

      ありがとごちゃいます~。
      もっとたくさん詩を作れるように、
      たくさんおやつ食べて元気をつけますー。
      姫子

Leave a Reply

Your email address will not be published.