美術館とオペラ

大英博物館以外に行ったのは、ビクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)とテート・モダンでした。
V&Aはデザインを重視した博物館で、夫のお気に入りです。
お越しの際は、豪華なカフェテリアもお見逃しなく!

テート・モダンは発電所だった建物を改築したもので、近現代美術館です。
セント・ポール大聖堂を背にしながら橋を渡ったところにあります。

個人的にモダンアートはあまり趣味ではないのですが、こちらも夫の趣味に付き合いました。
草間彌生さんのミラールームの特別展が開催されていましたが、チケットが売り切れでした。残念!

ロンドンでいちばん楽しみにしていたのが、ロイヤル・オペラハウスでオペラを見ることでした。

2019年に行った時に素敵なレストランを見つけて、次回はきっとそこで食事をしよう!と思っていました。
レストランは何箇所かあるのですが、下の素敵なバーカウンターがある部分に座ってみたかったのです。

ここは軽食のみだったのですが、気にしないのです。しっかりと事前に予約して、オペラの前に食事を済ませたのですが、ここで、なんと、レストランの仕組みがわかっていなかったことが判明。
オペラハウス内のレストランのテーブルは、オペラが始まる前から終わりまで、ずーっと予約した人のものなのです。

なので、素早く食事を終える必要がなく、ワインやシャンパンも事前に頼んだものをキープしておいてもらえます。そして、幕間に戻ってきて、優雅に食後のデザートやら、ワインやらを楽しめるのです。
知らなかった。。。
ともあれ、オペラは、「ラ・トラビアータ(椿姫)」でした。楽しめました!!

今回の席は舞台の横、オーケストラも見える席です。
少々舞台が見づらい場面があったりするので、お値段が安めなのです。
以前ロンドンに住んでいた友人のおすすめの席でした。

6 comments

  1. says:

    思い道理に進まず残念でしたね。
    でも椿姫のオペラが見れて良かったですね。
    優雅な時間でしたね。

    • シオン says:

      とりあえずオペラが楽しめて、満足でした。
      次回はレストランも楽しむぞーと思っていますが、ロンドンよりも東京に行きたいです。
      ポルトガルではみんな律儀にマスクをしていたのに、ロンドンでは混雑している所でも、ほとんど誰もしていませんでした。
      ポルトガルでも私達が帰って来た数日後に、マスクはしなくても良くなったそうです。
      日本はどうなのでしょう?

  2. 愛ちゃんママ says:

    確かにこの美術館のレストランは素敵ですね!
    外国の美術館のレストランはどこもゴージャスですね!
    以前、ベルギーに行った時にいった美術館のレストランは
    良すぎて、お寿司やケーキやサンドイッチに目が釘付けになり
    私は美術館の作品よりのレストランに入り浸っていたかったのですが
    それはかなわずに惜しいことをしました。
    でも写真はしっかりとっておきました。

    東京の2階建てのバスは今はコロナの関係でお休みですが、9月17日から
    再開予定だそうです。
    3コースあって、一日券が2800円。
    2日間有効コースが4000円です。
    詳しくはこちらから。
    期間中は乗り降り自由にできるので便利だと思います、

    https://skyhopbus.com/ja

    • シオン says:

      東京の美術館ってレストランがありましたっけ?
      長い間ご無沙汰しているので、東京事情に疎くなっています(涙)
      テート・モダンにもレストランがあって、おすすめだとロンドン在住の知り合いが言っていましたが、いつもタイミングが悪くて、行ったことがありません。

      東京ではバスもコロナで運休なのですね。
      東京以外に行くバスツアーも出ていないのでしょうか?
      観光業界は大変ですねぇ。
      秋になったら、なったで、観光客が押し寄せて来るかもしれませんね。
      いつ日本に帰れるのか。。。

  3. 小米花 says:

    オペラ鑑賞、優雅ですね~~。
    私はオペラを見たのは新国立劇場で見た「蝶々夫人」のみです。
    私の母が意外にも好きで、予約したチケットの日に都合が悪くなってしまい代わりに行きました。
    興味のない世界で渋々だったのですが、思ってたのとは違ってとても楽しめたことを思い出します。
    昔の事ですが・・・。

    シオンさんはパリでもバレーを鑑賞されたりと趣味が私とは違うなぁぁ、、、と思っています。

    しかし、オペラ座のレストランってオペラ座に居ることを楽しむことが出来るようになっているのですね~。
    そんな情報はシオンさんのブログでしか知り得ないことです~。

    • シオン says:

      バレエやオペラが好きな理由は、人間の体やオペラが究極まで高められ、芸術になるのを鑑賞できるからです。毎回、感動してしまいます。
      ケローナにも地元の小さなバレエ団やオペラがありますが、やはり規模が違います。
      バレエやオペラが頻繁に観れる東京が羨ましいです。
      お芝居やオーケストラも、歌舞伎などの伝統芸能もあるし、画像で見るのとは迫力が違います。
      ううぅ、里帰りしたいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published.