特別な2日

昨日、11月10日は大翔の「我が家に到着記念日」でした。
ブリーダーのコロスケさん宅から車で駅まで送ってもらい、それから地下鉄、新幹線、電車で実家まで。
数日間の滞在後、電車、スカイライナーで成田へ。
検疫を経て、今度は長時間のフライトを耐えてバンクーバーへ。
飛行場から車で義姉宅に到着。
次の日は5時間の車移動で、やっと我が家に着きました。
その間ずっと、とても良い子にしていてくれました。
うちの子になってくれて、ありがとう!!
ブリーダーのコロスケさんとお母さんのいちょこちゃん、お父さんのAくんにも感謝です。
そして、大翔の引き取りは実家の母の協力なしではできませんでした。お世話になりました!

色々な人々の協力によって家族になった大翔くん、かなり甘やかされながら、元気に過ごしています。
毎晩、歯を磨いています。あ、大翔が自分でやっているのではなくて、私がです。
上の写真はただ遊んでいるところ。

私道の飾りとして置いてあったおもちゃのりんごが風に飛ばされて道端に転がっていたのをすかさずゲット。
庭の芝生で齧り始めてしまいました。
発泡スチロールでできているので、噛んで細かくなったのを食べてしまったら大変です。
取ろうとしている私との攻防。唸り声がでます。

唸り声が怖そうですが、遊んでいるだけです。
この後、おやつと交換で渡してくれました。

翌日の今日、11月11日は大輔の21歳の誕生日です。
大ちゃん、生まれてきてありがとう。
うちの子になってくれてありがとう。
たくさんの素敵な思い出をありがとう。
逝ってしまってから7年になりますが、今でも思い出さない日はありません。

最近夫が新しいパソを買い、データを古いパソから移すついでに写真を整理した時に見つけた可愛い画像です。
大ちゃん、姫ちゃん、会いたいよ。

6 comments

  1. says:

    月日の経つのは早いですね、大ちゃんが居なくなって7年になりますのね。
    本当に利巧な大ちゃんでしたね、姫ちゃんの面倒も見てくれましたものね。
    我が家にも大姫ちゃんの幼い時の写真が飾ってありますが、何時も話しかけていますよ。
    大翔君が替わりにお相手をして呉れて良いですね。

    • シオン says:

      大輔と姫の分まで大翔を甘やかしています(汗)
      でも、それにもかかわらず、とても良い子に育ってくれています。
      うちの子になってからあっという間に3年間。
      我が家の癒しとして、毎日頑張って(?)ます。

  2. 小米花 says:

    久し振りに大ちゃん&姫ちゃんの登場で、ちょっとウルウルしてしまいました。
    今頃、凜と遊んでくれているかな~なんて思いながら・・・

    ↓ご主人さまの足は順調に回復されてるとの事、良かったです。
    でももう次のプロジェクトですか~?

    今日は大翔くんの声も聞けてちょっとラッキーです。

    • シオン says:

      大輔と姫、今頃凜くんと仲良くなっているかも。
      天国に国境はありませんよね。

      うちの夫はじっとしているということが出来ないのです。
      パリのカフェで座ってのんびりとか、ビーチで寝転んでゆったりとか、無理なタイプです。
      便利なのですが、やりかけのプロジェクトがたくさんあるのが難点です。

      大翔の唸り声、聞いていただいてありがとうございます!
      可愛いでしょ~♪

  3. 愛ちゃんママ says:

    大翔君はちゃんと大輔くんと姫ちゃんの分もシオン山を癒してくれていますね!
    私も大ちゃんと姫ちゃんのことは忘れませんよ!
    シオンさんとお友達になれたのも大ちゃんと姫ちゃんのお陰だと思っています。
    思えば、カナダの雪の中で大ちゃんと姫ちゃんが遊びまわっているのを
    ブログで見た時が始まりでした。
    それから何年か経ち、今度はパリで暮らす大ちゃんと姫ちゃんを見つけました!
    あれから・・・もう20年以上たちますね!
    今は大翔君の姿に私も癒されていますよ!
    これからもよろしくね!

    • シオン says:

      大輔と姫の事、忘れずにいて下さって、ありがとうございます。
      私も愛ちゃんのこと、ずっと忘れません!
      愛犬達は永遠です!

      大翔のことも、これからも宜しくお願いします。
      まだ3歳なので、まだまだずっと長くのお付き合いいただくことになります。
      その間、元気で、健康で、楽しく犬生を送ってもらいたいと思っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published.