標識

大工さん達、若くて怖いもの知らず。
屋根の上も命綱をつけずに走るし、道ではない急な斜面を駆け下りるし、、、

公道から私道に入る部分が急な坂で、雪が溶けてまた凍ると滑りやすくなります。
そこをそれほど車のスピードを落とさず走っているようです。

この間は、坂を降り切った途端にスピードを出したら、滑ってしまい、雪の土手がもっと低かったら、土手の向こうへ転落するところだったとか。

ダンナが道に標識をつけました。「徐行!」

sign

効き目があればよいのですが。

気を付けろ~のクリックお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

2 comments

  1. Slowの後に崖ありも大きく書いておいたほうがよさそうな!
    若いと向こう見ずで恐いもの知らずですものね!
    犬もそうです!
    愛ちゃんも若い時は軽井沢の山の中で
    リードをはずして散歩してたら、急にうり坊を
    見つけて林の中に消えてしまいました。
    まもなく戻ってきましたが、親猪がいたら
    大変なことになっていました。
    人間も人の若い時は向こう見ずですね!
    でもそれが懐かしい!(泣)

    • シオン says:

      愛ちゃん、ハンターだったのですね~。
      ちゃんと戻ってきてくれて、良かったです。
      そう言えば、こころちゃんも最近は大人しいですものね。
      大人になるのは良いことですが、無茶が出来た頃が懐かしいというのもアリますね。
      それぞれの年代で、それぞれ良いところがあるということですよね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.