日系カナダ人の戦中

ネルソン滞在中にカスロという町に行きました。
ここには戦時中の日系カナダ人のメモリアルがあります。

第二次世界大戦中、日系カナダ人はカナダ国籍を剥奪され、財産を没収され、内陸部の廃坑の町やゴーストタウンに強制移住させられました。日本が敵国だったという理由もありますが、人種差別も理由にあったことは間違いありません。

家族の男性と女性が引き離され、男性は強制労働につかされました。
こちらは男性の収容所の写真です。
メモリアルにはたくさんの写真が展示されていました。

ネルソンからの帰り道、ニューデンバーという町にもメモリアルがありました。

こちらが「被収容者」が住まわされていた小屋のひとつです。
厳寒の地で、断熱もなく、隙間風が入るような掘立小屋です。

戦争が終わっても、日系カナダ人には内陸部への移住か、日本に帰るかへの選択しかなかったそうです。内陸部での生活は過酷なものでしたが、日本に帰った人々も日本人から差別を受け、生活は楽ではなかったそうです。

1988年にカナダ政府が正式に日系カナダ人に対する不当行為を認め、謝罪しました。

このメモリアルセンター、今ではきれいに手入れされた日本庭園になっています。過去の歴史は消せません。ですが、それを隠匿することなく、きちんと記憶にとどめる努力をしている態度はさすがだと思います。

10 comments

  1. says:

    カナダにも日系の方が居らしたのですね
    、戦時中はみんな大変な苦労が有ったのですね。
    平和な今では考えられない事です。
    その後の住居が残されて居て、苦労の程が解ります。

    • シオン says:

      日系人は戦時中はとっても大変だったのです。
      その時のことを忘れないようにするのはとても大切だと思います。
      戦争と人種差別を無くすために、記憶を風化させてはいけないですね。

  2. Saoeko says:

    つい数年前まで、第二次世界大戦中に苦労した日系人の話は、
    アメリカでのことしか知りませんでした。
    カナダでの日系人の扱いについて知ったときには、
    今のカナダからは想像できないような残酷さ、残忍さで、ショックを受けました。
    たくさんの方の辛い思いの上に、今の平和があるのだと思います。
    その平和を守ることが何より大切なのに…
    今朝もミサイル通過のJアラートが鳴り響き…悲しくなります。

    • シオン says:

      カナダ人はもっと度量が広いと思っていましたが、昔はかなり人種差別があったようです。戦前も参政権がなかったりと、差別はあったようです。
      今のカナダからは考えられないですよね。
      昔の事実は変えられませんから、より良い国になったことに感謝です。

  3. 小米花 says:

    アメリカでの日系人でのお話はハリウッド映画などでも取り上げられてますので、知っていました。
    そうか、、、カナダでもそういうことがあったのですね。。。
    教えて下さってありがとうございます。

    日系の方が受けた悲劇、日本人が他の国の人に与えた悲劇。
    戦争は哀しいです。
    何だかきな臭い昨今、嫌~な感じです。

    • シオン says:

      アメリカでは日系人は終戦と共に解放されましたが、カナダでは3年後でした。日本が敵国で会ったのは事実ですが、戦争を口実にした人種差別だったことも事実だと思います。
      本当に最近は物騒で、旅行にもおちおち行っていられませんよね。
      母から旅行は国内だけにしてくれと言われています(笑)

  4. Mosshaven says:

    シオンさんンの写真がみな クリアーなので 一瞬で 旅行のことが思い出されました。
    私達の たどったところを同じ場所です。 ロッキーと 此の日系収容処のあったニューデンバーが
    いちばんみたいところでした。 以前メンバーだった日系の教会で よく話を聞いていたからです。
    ロッキーの偉大な自然の美しさと 此のニューデンバーでの 日系人のおかれた有様を目の前にして
    旅の大きな収穫を得た気がしました。  戦争の悲惨さは こんなところにも 多くの人々を傷つけ苦しめ 貶めていたことを感じましたが 現実には 私などには とても 想像できない世界であったことと思います。
    あれから70年、今も 同様、あるいはそれ以上の殺戮が起きていることが信じられませんね。  以前は 世界中のニュースが まだまだ部分的にしかニュースになっていなかったということなのかもしれませんが この数年は ほんとうに 恐ろしいニュースばかり、相手の立場になって考える、とか理解し合う、なんて不可能に思えるときがありますよね。  でも 私も お母様と同じ、娘には同じことを言いたい、ですね。

    • シオン says:

      Mosshavenさんもニューデンバーにいらしたのですね。
      オタワに居た頃に日系カナダ人の戦時中の話は聞いてはいたのですが、まるで他人事でした。
      でも、実際に写真や収容所跡を見て、かなりショックを受けました。
      何も知らない収容所の子供達が、友達がたくさんいて、収容所の暮らしは楽しかったと言っていることだけが救いでした。
      子供達を守るために、大人たちは大変な努力をされたのでしょうね。
      世界中が人種や性別を越えて、理解し合える日が早く来ることを祈るばかりです。

  5. お嬢 says:

    戦時はどこの国でも、同じような差別や区別がなされていたのですね・・・。
    ただ、それを隠すことなく、それを教訓とし、そして悲しくも『正しい歴史』を伝えることで今の私たちに考える機会を与えていること、素晴らしい国だと思います。

    日本では近代史を学ばない、教えない。だから知ろうとしない。
    なんとな~く、こんなことあったんだっけ?てな程度。
    だから他国に歴史をねつ造されたりしても、ほぼ既読スル~。
    ロケット撃たれても、世の中ワイドショーとかの芸能情報の方が反応大きかったり。
    ・・・恐ろしいことですよね。

    唯一の被爆国である日本が核禁止条約に参加しない。
    国連演説では対話より圧力。

    戦争や敗戦を教訓とし、戦争を放棄し軍隊を持たない日本としてすべきことって、こうじゃないよね?と思うようなことばかり。
    こんなに世界情勢が不安定な時期に、大河が安全なところにいてよかった(笑)

    • シオン says:

      日本が近代史を教えない、学ばないのは本当にどうかしていますよね。
      その教育の歪みのせいか、のほほんとしている日本、色々な面で本当に大丈夫なのかと危惧してしまいます。
      カナダはほぼ近代史だけの国ですから、戦争に対する認識もかなり深いのではないかと思います。
      大河くん、大輔、姫、み~んなお空で心配しているかもです。

Leave a Reply

Your email address will not be published.