姫とクリスマスツリー

12月7日は姫の誕生日でした。16歳になるはずでした。
姫の毛布を作ってもらいました。可愛い姫がたくさん~♪
去年作った大輔の毛布と一緒に置いてあります。
姫ちゃん、生まれてきてくれてありがとう。ずっと大好きだよ!

去年のクリスマスツリーは姫と一緒にウチの土地を歩き回って選んだものでした。

今年はその相棒がいなくなり、なんと、ダンナも片手が使えないので、近くに住む友達が切ってくれました。クリスマスツリー用に植えられた木ではないので、見栄えはイマイチですが、“ウチの木”なので愛着もひとしおです。

ダンナの片手が使えないのは、11月28日にデュピュイトラン拘縮の手術をしたからです。 病名すら知りませんでしたが、これって「手のひらから指にかけてしこりができ、病気の進行に伴って皮膚がひきつれて、徐々に指が伸ばしにくくなる病気」なのだそうです。 特に北ヨーロッパ系の40歳以上の男性がかかりやすいのだそうです。

左手を手術したダンナ、右手で暖炉の薪を小さく割っていて、今度は右手の人差し指に切り傷を作りました。怪我をしていても大人しくじっとしていられないのはわんこと一緒です!

日本滞在記の続きも少し。

コロスケさんにトヨタ博物館まで送ってもらいました。
本格的な車の博物館で、楽しめました。

クラッシックカーを実際に運転してみるビデオなどもあり、乗って写真を撮れる車などもあったり。
自動車好きの人なら必見です。

8 comments

  1. says:

    大姫ちゃんの毛布良いですね7日は姫ちゃんのお誕生日でしたのね。
    旦那の右手も怪我をして不自由ですね、益々手が掛かりますね。
    クリスマスツリーも無事出来まして、良かったです。

    • シオン says:

      右手の切り傷は治りましたが、左手は当分不自由なようです。
      10日間ギブスをしていただけなのに、手首や指が曲がらなくなってしまっていました。今、せっせとリハビリ中です。
      人間の身体って、使わないと本当にあっという間に衰えますねー。
      気を付けなければ。

  2. 姫ちゃんの毛布可愛いです!
    この毛布で寝たら姫ちゃんと一緒にいるようです!
    ご主人の右手、大変でしたね!
    早く回復しますように!
    可愛くて温かみのあるクリスマスツリーですね!

    • シオン says:

      大輔と姫の毛布、貴重過ぎて使えません。
      客用寝室に飾って、眺めてます
      ダンナへのお見舞いをありがとうございます。
      回復するまでに1ヶ月以上かかるそうです。
      じっとしていられない性格なので、大変です(笑)

  3. 小米花 says:

    姫ちゃんの毛布、素敵ですね。

    日本滞在記も読ませて頂いてます。
    コメント入れずに読み逃げてます。
    原鶴温泉は、凜のパパが北九州に赴任中訪れたことがあるらしいです。
    その他、たくさん興味深く読ませて頂いてます。
    ご主人さま、お手お大事にされてくださいませ。

    私自信、今ちょっとバタバタのさ中なんですよ。

    • シオン says:

      凜パパさん、原鶴温泉に行かれたことがあるのですねー。
      北九州にも赴任されていたのですか!?
      九州は食べ物が美味しくて、良い土地ですよね。
      ふんわりとした九州弁が好きです♪
      小米花さん、バタバタの最中?
      どうされたのでしょう?
      楽しいバタバタでありますように。
      ダンナへのお見舞い、ありがとうございますー。

  4. Mosshaven says:

    大変でしたね 片手だけでもご不自由なのに、、こういう時って 不思議と連鎖反応みたいに より不自由になってしまうことがありますよね。 知り合いの方も手術なさった後 とてもらくになったとおっしゃっていたので 速く治るとよろしいですね。  こんな時は思いっきり怠けられたらいいのに、、、ということはシオンさんがおいそがしくなる、ということでしょうか。   お2人で仲良く怠けてください(我が家のように)

    • シオン says:

      お陰様で右手の切り傷は完治しました。
      じっとしていられない性格なのです。大変です。
      本当に、おっしゃる通り、怠けてのんびりしていれば良いのにーと思うのですが、本人はそれが出来ないようです。
      徐々に良くなってきていますが、完治にはまだまだ時間がかかるようです。お見舞いありがとうございました!

Leave a Reply

Your email address will not be published.