大輔との散歩

大輔の月命日でした。
相変わらず大輔が恋しくてたまりません。
特に辛いのは、姫との散歩の時。
大輔と13年間と8ヶ月、ほとんど毎日欠かさず2回の散歩が習慣になっていました。
歩きながら、そこにいるはずの大輔がいないことをひしひしと感じてしまいます。

大輔と一緒に色々なところを歩きました。

オタワでは近所を隅々まで。
家と家との間の小道が大きな公園に続いていたり、ちょっとした自然の広場に出くわしたりと嬉しい発見がたくさんありました。

dai

パリの最初の2年は散歩の場所に苦労しました。
大輔は平気なのですが、姫が緑のあるところでないと用事をしてくれない為。
そのせいで、大輔も少し離れた公園までつき合わされる羽目に。

その後の2年は、すぐ近くがアベニュー・フォッシュという土や芝生の広がる大通り。
散歩にはとても便利でした。しかも、ブローニュの森までも歩いて10分ぐらい。それもそのはずで、ダンナの職場に大輔&姫の散歩がしやすいところを第一条件にアパートを見つけてもらったのでした。
わんこにとって好条件の場所なので、近所にはわんこがたくさん。発情期の女の子の匂いを嗅いで、アベニュー・フォッシュをうろつきたい大輔に、私も姫も良く付き合わされました。
ブローニュの森の中もかなり広範囲に歩きました。

リヤドではDiplomatic Quarterと呼ばれる各国の大使館や大使官邸、外交官の住居などが固まっている広い地域に住んでいました。
散歩も当然、その敷地内です。敷地内といっても、広大で、散歩のルートには事欠きませんでした。
夏には50℃になる所で、よく頑張ってくれました。

ソウルでは山の上に住んでいたので、散歩環境には恵まれていました。
急な坂を上り下りして、近所中歩き回りました。

びっくりしたのは、6年ぶりにオタワに帰った時、大輔がちゃんと散歩のルートを覚えていたこと。

dai & hime

私は方向感覚がほとんどありません。
ですが、大輔と一緒にいれば、知らないところでも安心でした。
大輔が必ず帰る道を教えてくれたから。
知らない場所に行くのは好きでしたが、それほど無理をしない子だったので、疲れ切ってしまうまで歩き回ることもありませんでした。これ以上は望めないくらい理想の相棒でした。

大ちゃん、一緒に歩いてくれて、ありがとう。楽しかったね。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

4 comments

  1. says:

    良き相棒の大ちゃんでしたね。この写真を見ていると今も元気な大ちゃんがケローナに存在しているように思われます。姫ちゃんも何時も傍にいた大ちゃんを恋しく思っていることでしょう。

    • シオン says:

      私も大輔の写真をブログにアップすると、まだ大輔が傍にいてくれるような気がして、慰められます。
      姫はお兄ちゃん子だと思っていたのですが、結構独立していて、ひとりでも大丈夫のようです。私のほうがずっとダメです(泣)

  2. Nee says:

    なんて理想的なコ!
    うちのなんて、私と一緒に迷ってますよ、いつも。

    よく時間薬って言うけど
    忘れる事なんて無理ですよね。
    ほぼ14年って長いもの。
    うちもいつか、、、と思うけど
    全ての思い出にいつもあの小さいのがいるからなぁ。
    姫ちゃんは姫ちゃんで可愛いから
    大ちゃんの代わりにはならないしね。

    • シオン says:

      あ~、姫も一緒に迷うタイプです。
      と言うか、方向とか、帰る時のこととか、考えないで歩きます。
      一緒に迷うのも楽しいですよね~。
      どっち行こうか~なんて相談したりして。
      私はいつも大輔に「大ちゃん、どっちに行ったらいいの?」って聞いていました。

      わんこは先に逝ってしまうものと覚悟はしていたつもりですが、現実になると辛いです。
      Neeさん、方向感覚何てなくてもいい!(笑)一緒にいられるだけで幸せですよ~。

Leave a Reply

Your email address will not be published.