土台作り2

土台って土に杭を打ち込んで、枠を作って、セメントを流し込んでおしまい~と思っていました。
大変な間違いでした。
前回に引き続き土台作りです。
建物を建てる場所の周りをぐるっとセメントで囲みます。
そこを石などで、ある程度埋めます。下の写真がそれです。

2014-10-26

石や土には微量のラジウムやウラニウムが必ず含まれているそうで、そこから自然に出た放射能が基準値よりも濃くなる可能性があるのだそうです。
それを防ぐために、この上に穴の開いたパイプを設置し、さらに平たい小石を敷き詰めます。
パイプは床の上に出るようになっていて、そこを蓋で塞ぎます。
検査する必要ができた場合は、蓋を開いて検査し、放射能が濃すぎる場合はパイプを屋根まで通して、周りに拡散させるのだそうです。

こちらは上の階の部分。
土地が斜めになっている為、半分は2階、半分は1階になります。
なので、こちらにも土台が必要です。
これができたのが10月の終り頃。
土台作りはまだまだ続きます。
2014-10-26.2

2 comments

  1. miiba-ba says:

    いよいよですね。
    何だかこちらまでドキドキします。
    それにしても寒いんですね!
    私は寒いと肩が凝るんですが(泣く)シオンさんは大丈夫ですか?
    岡山県津山市と同じ人口?
    津山市は久しく行ってませんが、好きなB’zの稲葉さんのご実家がある市です(#^.^#)

    • シオン says:

      コメントありがとうございます!
      こちらでもよろしくお願いします。
      今日はもっと寒くなりました。
      姫も朝の散歩を短く切り上げました。
      自分でちゃんと調整してくれます。
      津山市ってどんなところなのでしょう?
      ここと同じようにのどかで自然がいっぱいですか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.