古い建物なのですが、、、

早朝のデルフィ遺跡見学からホテルに戻り、シャワーを浴びてホッと一息。
ギリシャではホテルのチェックアウトが12:00なので、余裕があって助かりました。
次の日の早いフライトでサントリーニ島に向かう予定の為、この日はアテネ空港の近くに1泊です。
デルフィからアテネまでは車で2時間ほどです。

ホテルを出てから海を見に行ってみました。

海辺の小さな町、Lindosのシーフードレストラン、Dolphins(いるか)にて。お昼。
例によって小魚のフライ、そしてエビのサガナキです。エビをトマトソースで煮こんで、フェタチーズを加えたもの。
この二皿と、山盛りのサラダ(ギリシャのサラダは大量です)、そして、レストランでは注文しなくても必ずと言っていいほど出てくるパンとでお腹がいっぱいです。パンはもちろん料金を取られます。いらないならば断っても大丈夫です。

ギリシャ料理は見た目に凝っていないので、写真を撮る意欲があまりおきません。
よって、サラダの写真はありません。

時間があるので途中にあった世界遺産、オシオス・ルカス(Hosios Loukas)修道院へ行ってみました。
ビザンチン中期の建物だそうです。敷地はかなり大きいです。今でも現役の修道院だそうです。

作られたのは10世紀。

聖堂に金地のモザイクが残っていました。

実は「あら~、紀元10世紀のだなんて、新しい~」などとうそぶいて、真面目に見学しなかったのは私です。デルフィ遺跡の直後だったので、時代感覚がずれていました(笑)

2 comments

  1. says:

    修道院が多いのですね、日本のお寺感覚かしら?立派な重厚な修道院で今も使って居て重みを感じます。食事も余り変化のない食材で海老も飽きてきますね。
    島での食事に期待してください。

    • シオン says:

      修道院よりは教会が日本のお寺感覚です。修道院は、私達がたまたまそういうところに立ち寄っているだけで、数は多くはないと思います。
      食事は観光客が多いところはやはり、それなりの味でした。
      お家ご飯が恋しくなりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.