メッセネの市壁

古代都市メッセネは市壁に囲まれていました。その跡が今でも残っています。

赤い車は今回、ペロポネソス半島周遊の為に借りたスコダ・ファビアです。エンジンがダンナのバイクよりも小さいという驚きの車。馬力はないですが、小回りが利いて、ヨーロッパの狭い道に最適でした。久しぶりのマニュアル車に私の専属運転手(!)はかなりご機嫌でした。

という車の話はさておき、市壁です。

建設は紀元前4世紀、壁は高さが約4.5m、幅が約2.5m、全長が約9㎞だそうです。
スパルタの支配から解放された後、85日で完成してしまったそうです。

今は機械の力がありますが、当時は人力。相当数の奴隷が存在したのかもしれません。
現代人で、しかも先進国に生まれてよかった!

驚きの無料宿泊の後だったので、この日はまともなホテルに泊まりたいと、探したのがこちら。

スパルタの近くの山の中の隠れ家風ホテルです。
「スパルタ」という名前は有名ですが、紀元前5世紀に栄え、紀元前4世紀には既に落ち目になっていたようです。今では観光名所も特になく、普通の町という印象でした。

ホテルには山の中を車で、走って、走って、着きました。
1泊だけではなく1週間ぐらいのんびりと過ごしたい感じの所でした。

山の中の一軒家なので、食事もホテルで。

部屋にキッチンもついているので、長期滞在して、自炊する泊り客が多いようでした。

2 comments

  1. says:

    余り人が来ない山の中に行ったのですね
    曲がりくねった、いろは坂の様な山道を大変だったのでは(運転手さんが?)
    ギリシャと言うと観光客が多いと思いますが静かな処も(余り人が来ない)有るのですね
    計画を立てるのが大変だったのでは?

    昔の人は人力で大変な工事を成し遂げたのですね。

    • シオン says:

      運転手はものすごく楽しんでいました。
      ギリシャは人口の70%がアテネに住んでいるそうです。
      なので、観光客の来ない田舎は人も少なくのんびりしています。
      事前の計画は半分ぐらい、行ってみてからの計画が半分ぐらいでした。
      ネットがあるのですぐにホテルの予約が出来ました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.