フレンチー

大輔を偲ぶブローニュの森散策の日の夕食に選んだのは、フレンチー(Frenchie)でした。
オーナーシェフのGregory Marchandさんが、イギリスの人気シェフ、ジェイミー・オリバーの元で修業した時についたあだ名がフレンチー。それをそのまま店の名前にしたそうです。
フランス人がイギリス人の元で修業だなんて、時代も変わったものですね~。

季節の素材を使ったモダンフレンチです。
シェフのお任せメニューにしました。
ダンナだけそれぞれのお料理に合うワイン付きのコース。私はマドリッドのレストランでそれにして、最後の2種類のワインは一口だけ飲んで、義姉にあげてしまったのに懲りて、グラスワインを注文です。

最初はグリーンピースのスープ、ベーコン入り。
緑のスープと浮かせた花との彩りが楽しいです。

soup

次にキノアとチーズのカナッペ。

amuse

さて、すっかり記憶が曖昧になってます。
この羊羹のようなものは何だったのか、、、ビーツ?
何にせよ、この凝ったお料理を見よ~。

main

たぶんフォアグラとトリュフのソース。
面白かったのはソムリエの女性がフォアグラ料理にきりっとした辛口の白を合わせてきたこと。
普通はフォアグラには甘いソーテルヌなどを合わせるのが定石ですが、私達、前からそれは違うのではないかと思っていたのです。甘いワインを飲んでしまうと、後のワインの味が分からなくなるし、フォアグラと甘いワインの取り合わせは、重すぎ~と思っていました。
このレストランだけなのか、フランス人のワインの好みが変わってきたのか、どちらにしても良い傾向です♪

main

rouget (ヒメジ)だったか、daurade(タイ)だったか、すっかりもう定かではない魚料理(汗)
最初に魚が出てきて、テーブルで熱々のスープを注いでくれました。
焼き加減がちょうどよくて、美味しかったです。

main

マドリッドのLa Cabraと同様、最後でやっとお肉。ラム肉です。ここまでワインもずっと白でした。
これも最近のトレンドなのでしょうか?
画像を見ただけで、もう一度食べたくなるような美しいロゼではないですか~♪

main

デザートは色とりどりのアイスクリーム。確か、ゆずも使われていたような気がします。

2016_6_9dessert

小さなレストランなので、予約が取りにくいのもうなずけました。
食べている間にも頻繁に人が入ってくるのですが、「予約がいっぱい」と断られていました。
お客は英語圏の人がほとんどで、私を含めてずいぶん前に予約を取った人ばかりだと思われました。
予約もなしに来るなんて、厚かましすぎ~!とは私の弁。
レストランの向かいは同じフレンチーのバーで、予約を取らないらしく、開店前から長蛇の列でした。

frenchie

Frenchie
29 rue de Nil 75002

8 comments

  1. miiba-ba says:

    素敵過ぎ~~♪
    見てるだけで満腹になります(◎_◎;)
    お腹へ入りそうな物は3品ほどですが食べるのがもったいなくて
    これでもかっ!という盛り付け方はもはや芸術品ですね。
    絵になります~(^^♪

    • シオン says:

      ひとつひとつのお料理が小さいので、お腹にもたれず、最後まで美味しく食べられました。
      盛り付けに凝っているので、熱々は魚のお料理だけでした。
      やっぱりどちらかになってしまうのでしょうねー。
      これだけ凝っていると許せちゃいます♪

  2. says:

    美味しそうなお料理ばかり、早くから予定を立てて予約指定なのでしょうね。
    食いしん坊な人たちにも満足出来て良かったですね。
    折角行ってもそれ程でなくガッカリと言う事も有りますからね。

    • シオン says:

      目も舌も楽しめました。
      実は次の日行ったところはがっかりの結果だったのです。
      以前住んでいた時は、気に入りのレストランだったのですが、、、

  3. シオンさん、こんにちわ!
    スペインとパリ!楽しかったようですね!
    このフランス料理は盛り付け方やお料理方法が
    斬新ですね!
    創作料理のように見えますが・・・
    普通のフランス料理のお味だったのかしら?

    私も5月に旅行と考えていたのですが
    スペインのアンダルシア地方もクロアチアも
    ツァが催行ならず諦めました。
    それで秋に北スペイン(サンチャゴ・デ・コンポステラ)か
    クロアチアか南アフリカを考えていますが
    シオンさんだったらどこを選びますか?
    参考までに教えてくださいね。

    • シオン says:

      味も凝ってましたー。
      現代風フレンチということで、昔ながらのフレンチとは盛り付けも、味もずいぶん違うと思います。

      秋の旅行、悩みますねー。
      スペインも、クロアチアも南アフリカも、どれも楽しそう!
      スペインへ行ってきたばかりで、すごく印象が良かったので、スペインは一押しなのですが、クロアチアも行ってみたいな~と。
      南アフリカはサファリですか?
      ケニアのサファリはものすごく楽しかったです。
      、、、ちっとも参考にならない意見ですみません!

  4. Saoeko says:

    素敵なお料理!
    もう長いこと、そんな素敵なお料理を口にしていないわ〜(笑)
    私はお酒は1滴も飲めませんけど…

    我が家の旦那さま。
    スペインは、パンプローナ、ログローニョ、ブルゴス、セゴビア、バジャドリードへ行ったみたいです。
    今頃、マドリードに移動しているかな?
    日曜日には帰って来るので♪

    やっぱり夕飯が遅くて大変って言ってましたよ。
    夕食を食べ終わるのが深夜0時頃なのに、
    朝食は日本と同じ時間に食べるので、一緒に行っている人たち全員胃もたれしているんですって。
    そして、コース料理ばかり食べているんですが、前菜に野菜がちっとも出て来ないって。
    メイン料理と一緒に出て来ちゃうので、まず野菜からっていう食習慣が守れないって困っていました。
    病気して入院してたので、食事の指導をバッチリされたので(笑)
    念のためって思って持って行ってもらった、青汁の錠剤が役に立っているようです(^m^;)

    • シオン says:

      旦那様、とてもたくさんの場所を回られているのですね。
      観光だったら楽しいけれどお仕事ですものね。
      身体もお腹もお疲れさまのことと思います。
      私達はキッチン付のアパートに泊まっていたので、朝食とかお昼にサラダなど食べて、野菜補給をしていました。
      いくら美味しくても、続けてコース料理は厳しいですよね。
      Saoekoさんの手料理が恋しいに違いありません!

Leave a Reply

Your email address will not be published.