ウィーンの食べ物

ウィーンでの食事は最初から失敗。。。
夜の到着だったので、泊っている場所の近くの「伝統的なオーストリア料理」のお店へ。この彩りの無さ、野菜の少なさは何でしょ?しかも塩辛い。

大人気で、行列ができるホットドッグスタンド、 Bitzingerで、ウィーンに住んだことのある知人のお勧めのチーズ入りソーセージ、ケーゼクライナーを食べてみたのですが、不味い!日本のガイドブックにも載っているので、日本人が食べても美味しいはずなのに、何故に。。。(涙)

この後、行ったレストランのお料理も塩辛いことが多かったのです。味覚が違う?もっとレストランも下調べをすれば良かったーと悔やみました。キッチンが付いているアパートに泊まったので、スーパーで材料を買って、料理できたのが救いでした。

唯一美味しかったのは、名物ウィーナーシュニッツェルでした。有名な Figlmuller へ行ったのですが、本店も支店も長蛇の列。お腹が空いていたので、本店の向かいの店へ。有名なお店でなくても美味しかったです~♪ 

デザート類は美味しかったです。ザッハトルテを賞味しに、元祖のホテル・ザッハーやデメル、カフェ・モーツアルトに行ってみたのですが、どこも長蛇の列でした。そこで、普通のカフェへ。これがまた美味でした。

ウィーンはコーヒーが最高~!コーヒーを注文すると必ず小さなグラスでお水が付いてきます。

食事は合わなかったけれど、コーヒーとペーストリーを堪能した滞在でした。

可愛いハロウィーンのケーキ。買って帰りたかった~♪

6 comments

  1. says:

    塩辛い料理は困りますね、
    デザートが美味しそう、旅をして料理がまずいと悲しくなります。
    キッチンがついていると好きな料理が出来助かりますが、家にいるのと変わらない気がしませんか?

    • シオン says:

      スーパーで色々な食材を買うのが楽しかったです。
      ドイツ語が読めないので、ちょっと大変でしたけれど。
      英語が話せる人が多かったので助かりました。

  2. 愛ちゃんママ says:

    ワインに合うように塩辛いのでしょうか・・・?
    私のウィーン滞在時はツァーでしたけど
    どれも美味しかったような!
    でもザッハトルテは美味しかったのですね!
    生クリームの量がすごいですね!
    またウィーンには美味しいお食事のリベンジを
    しに行かなければなりませんね!(笑)

    • シオン says:

      ツアーのレストランはちゃんと吟味されているのでしょうねー。
      食事がまずいとクレームがたくさんきちゃいますよね。
      ザッハトルテは生クリーム必須です。
      ペロッと食べてしまいました。
      次回行くことがあれば、きっちりとレストランの下調べします!

  3. お嬢 says:

    ホテルザッハの本物❓️のザッハトルテ食べてみたーい。
    ザッハトルテのチョココーティングって、実は違うんですよね?
    あのコーティングはチョコじゃなくて、なんか…ジャリジャリしてるのが正解なの❓️
    以前頼んだザッハトルテがそれで『なんやねん⁉️』と思ったんですが、そっちが正統派なのかなー。

    • シオン says:

      本物のザッハトルテのコーティングは、ちゃんとしたチョコレートだと思います。お砂糖を結晶化させて、ざらっとした食感をわざと出しているようです。
      美味しいチョコレートとアプリコットジャムが味の決め手~♪
      神戸の元町にデメルのお店がありますよね?
      ウィーンに行かなくても、本格的な味が楽しめる日本って羨ましいです!

Leave a Reply

Your email address will not be published.