ウィニペグに行ってきました

ウィニペグってマニトバ州の州都です。
日本ではあまり有名ではないような気がするのですが、どうなのでしょう?
こちらでもそれほど観光地という認識はされていないようで、「ウィニペグに遊びに行ってくる〜」と友人達に言うと、「え?なんで?」とか、「蚊が多くて、大変だよぉ〜」とかいう返事が返ってくるのでした。夏は蚊が多くて、冬は平均最高気温が−10℃前後、寒い時には−35℃ぐらいにもなると言うなかなか厳しい環境の場所のようです。

夫は高校の後半から大学を卒業して、6ヶ月後にバンクーバーに引っ越すまでここに住んでいました。
色々な昔話に出てくる場所なので、1回は行ってみようと言うことになりました。
幸いにも、義姉夫婦が私達のいない間、住み込みで大翔の面倒を見てくれることに。
これは行くしかないでしょー!

蚊の大群に襲われたらどうしよーと、恐る恐る行ったウィニペグですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。見どころ満載で、食べ物も美味しい、公園が至る所にあって、広々〜とした町でした。

まずは、建物編です。
下のはネオ・ゴシック様式の州議事堂。1920年に完成しました。内部を案内してくれるツアーに参加しました。
贅を凝らした建物にびっくり。ウィニペグはその昔は穀物取引の中心地で、裕福だったのです。

次の日にはまず美術館へ。
先住民のアートがたくさん展示されていました。
その他の絵画の展示の中に、何気にユトリロとかピカソなどが紛れていました。
その昔の4年間でルーブル美術館全制覇計画のせいで、美術館の個人的基準がルーブルなってしまっていて、どこの美術館に行ってもそれほど満足できないので、感想は控えますです。

この日は次にエクスチェンジ・ディストリクトと呼ばれている地域へ。
以前は穀物取引場があった地域だそうで、当時の面影を残す建物があちらこちらにあります。
映画のロケにも度々使われているそうです。

この日は盛りだくさんで、エクスチェンジ・ディストリクトの後にゴッホのデジタルアート展に行きました。
ウィニペグは元々芸術や音楽が盛んな土地で、何か催し物があるかと期待していたのですが、夏の間は無いようで、がっかりしていたところ、この催しを見つけました。
著作権に抵触するかなーと不安ながらも、短いビデオなので、お許しをーと言うことで、少しだけ載せてしまいます。

長くなりそうなので、後日に続きます。

4 comments

  1. says:

    お姉さんに留守を任せての旅、大翔君の事を気にせず
    ゆっくり出来て良かったですね。
    続きの旅を楽しみにしています。
    地図を出してマニトバ州がどのへんか調べてみます。

    • シオン says:

      おかげさまで楽しい旅でした。
      マニトバ州って知られてませんよね。
      カナダの真ん中ぐらいにある州で穀倉地帯。
      山がなくて真っ平らです。
      歩きやすくてよかったです。

  2. 愛ちゃんママ says:

    ウィニペグって、初めて聞きました。
    カナダは広いのでシオンさんでも行ってないところもたくさんあるのでしょうね!
    美味しいグルメの記事を楽しみにしています。

    久しぶりに帰った時の大翔君のお喜び顔はすごかったでしょうね!
    愛ちゃんのお喜び顔の写真も1枚ありますが、大抵撮るのを
    忘れてしまうのですよね!
    そして一瞬なんですよね!(笑)

    • シオン says:

      やはりウィニペグは日本では知られていない町なのですね。
      カナダでは7番目に大きい町だそうです。
      比較的外国から移住しやすい土地なので、色々な国からの人々が住んでいます。
      冬が寒すぎなくて、夏に蚊がいなければ、もっと人気が出ると思うのですが、こればかりは変えられません。

      大翔、大喜びで迎えてくれました。
      その後も2日ぐらい、私の後をついて回ってくれたりして、嬉しかったのでした〜♪

Leave a Reply

Your email address will not be published.