慣れてー!

わんこの場合、男の子のほうが甘えん坊だと思います。
大輔と姫の場合も、大輔のほうがずっと甘えん坊でした。
普段はクールな子が飼い主にだけは甘えるのが極上の喜びでした。
新しい子を迎えようと思った時、男の子にしようと思った理由のひとつでした。

さて、大翔は甘えん坊でしょうか?

予想通りと言うか、期待通りと言うか、甘々々~えん坊です。
その為か、クレートトレーニング、難航しています。
慣れてもらう為に毎日30分から1時間ぐらいの間クレートに入れているのですが、出掛ける用事がある時はそれ以上になります。

2時間ほど買い物に出かけ、帰ってきたら。。。

クッションに八つ当たりして、中身を出してしまっていました。
このクッション、大輔と姫が子犬の時から使っていたものなのですが、傷ひとつついていませんでした。
それが見事に4分の1ほどビリビリ、バラバラに。
こらぁ!責任者出てこい!

出てきました。
反省は、、、していないようです。

食いちぎったスポンジのかけらでまた遊ぼうとしている悪い奴。
そのうち慣れてくれることと思い、気長に練習するしかありませんかね。
下のはクレートの中で抗議の声を上げている悪い奴です。音量注意です。

2 comments

  1. says:

    悲壮な声で鳴いていますね慣れるまでには時間が掛かりそう、、、
    クッションも無残に、、諦めないで頑張ってしつけて下さい

  2. 愛ちゃんママ says:

    大翔君に鳴き声が・・・「あけて・・あけて・・あけて!」
    と、聞こえました!
    確かに男の子のほうが甘えん坊ですね!
    愛ちゃんはクールでしたが・・・47日間だけ保護した
    遼君はものすごく私に甘えていました!
    またそれがすごく可愛かったです。
    朝と夜にはいつも私の手をぺろぺろ何回もなめて
    顔までなめようとしたのですが、それは私が拒否しました
    一度、主人がいないとき、愛ちゃんを先に散歩に連れて行ったら
    後から家にきた遼君なのにわがままがでて、玄関に置いてあった
    私のカシミアのマフラーをめちゃくちゃにしていました!
    でも今でもあの甘えん坊の遼君が懐かしく思い出されます。

Leave a Reply

Your email address will not be published.